10個の質問でわかる恋人・夫婦のすれ違い度診断テスト

皆さんは、恋人・夫婦間との関係はどうですか?

良好な関係性を築けていますか?

育んだ環境が異なる二人が共に屋根の下やお付き合いをしていれば、自分と合わない事もたくさん出てくるのも当たり前です。

そんな合わない事などの壁を乗り越えてこそ、二人の“絆”が深まったり、向上していくモノではありますが、互いの気持ちに“すれ違い”を招いてしまう事もあります。

すれ違いを放置していれば、ゆくゆくは『別れ』や『離婚』の危機へ至ってしまう事も無いと言えば嘘になりますので、今回は「10個の質問でわかる恋人・夫婦のすれ違い度診断テスト」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

すれ違い度診断テスト

最近何か違うな・・・。

すれ違いかな?

なんて感じる事も、日常生活を送っていれば、そんな事を思うかもしれません。

自分たちが気付かないうちに、すれ違いを招いてしまっている可能性もありますので、以下の項目から当てはまる内容にチェックをしてみてください。

夫婦編

必要最低限しか口をきかない。

□寝室を別にしている

□家は安らぎの場ではない。

□パートナーよりも子供が優先

□家にいる方が外にいるよりも疲れる

□旦那・嫁以外の異性にが動きそう。

□他人の家庭を羨ましく思う事がある。

一人になりたい気持ちが強い。

□仕事と家庭のバランスが不安定

□相手の癖、思考、生活習慣が我慢できない事がある。

恋人編

イライラする事が増えた。

□LINEやメールのが減った。

□恋人に対して優しい気持ちになれない。

□相手との時間よりも一人の時間の方が充実している。

無駄な喧嘩・口論が増えた気がする。

□自然と恋人との予定が合わなくなっている。

□会いたくないわけではないが会う回数が減っている。

□恋人の事柄を後回しにしている気がする。

□正直別れも考えるようになった。

 

いかがでしたでしょうか?

いくつ当てはまりましたか?

1つや2つくらいならば、誰しもが当てはまってしまう可能性もあるので、すれ違い度は低いかもしれませんが、半分以上の項目が当てはまってしまった人は、一歩間違えは最悪の状況もありますので、今一度パートナーとの関係性を、これを機に見直してみてはいかがでしょうか?

まとめ

恋人・夫婦間のどちらも、所詮は赤の他人には代わりありません。

ですが、実際にそれで良いのでしょうか?

どんな事柄に対しても、諦めたり、終わらせるのは簡単です。

冒頭にも記載しましたが、その壁を乗り越えてこそ、関係性が高まってくるので、しっかりと現実を見詰めて、二人の絆を深めてみてはいかがでしょうか?

他にも、以下の内容も参考にしてみてください。

恋人と上手くいかないと感じた時に気を付けて方が良い5つのポイント

夫婦の絆は高い?それとも低い?簡単に出来る夫婦力診断テスト

喧嘩も重要?夫婦・恋人との喧嘩に大切な3つの内容