【難読漢字1】何て読むと思いますか?

日本人には欠かせない漢字ですが、皆さんはどれくらいの漢字を知っていますか?

耳では聞いた事がある言葉でも、いざ漢字で書いてあると、なかなか読めないモノも世の中にはたくさんありますよね?

確かに、日常生活に必要な漢字さえ覚えておけば、生活に支障は無いかもしれませんが、脳は常に使っていないと段々衰えてしまうのも事実です。

ですが、難しい漢字を考える事で、脳は活性化されて、『認知症』や『アルハイマー病』などを抑制できる可能性もアップします。

なので、“頭の体操”を兼ねてやってみてください。

スポンサーリンク

問題

では、早速今回の難読漢字はこちらです。

 

『春告鳥』

 

さて、何て読むと思いますか?

 

 

 

 

わかりましたか?

 

 

 

 

まだ答えがわからない人のために、それではヒントです。

ヒント1

漢字の雰囲気だけで、答えを導きだせる人もいるのではないでしょうか?

頭を柔軟にして考えてみてください。

 

 

 

 

 

ヒント2

一つ一つの漢字をバラしてみるとわかるかもしれません。

“春”“告げる” “鳥”

この鳥を見ると、確かに春を感じる事が出来ますね。

 

 

 

 

 

ヒント3

最後のヒントはこれです。

 

もうわかりましたよね?

 

答え

『春告鳥』の答えは、“ウグイス”です。

一般的に知られている漢字として、『鶯』が使われていますが、ウグイスは、日本では、春を表す象徴の鳥です。

「ホーホケキョ」このさえずりがどこかで聞こえてくるだけでも、春の訪れを感じますね。

ちなみに、「ホーホケキョ」と鳴いているのは、繁殖期のオスだけみたいですよ。

 

いかかでしたでしょうか?

ヒントを見ずに早くわかるにこした事はありませんが、わかった人もわからなかった人も、日々の鍛練で脳は活性化されますので、努力してみましょう。

他にも、以下の内容も行ってみてください。

続きはこちら⇒【難読漢字2】何て読むと思いますか?