冷えないカラダを作るために必要な冷え性の3つの対策方法

毎年のように心地の良い秋の季節を終えると、体には厳しい冬の季節が到来します。

寒い季節が好きな人もいるかもしれませんが、反対に寒さが嫌いな人もいますよね?

好き嫌いは、人それぞれあるのは当たり前な事かもしれませんが、寒い季節になると、特に“冷え”というものに、体が敏感に反応してしまう方もいるのではないでしょうか?

寒い時期は、厚着をしたり、カイロなどで、寒さ対策をするのもひとつの手段ではありますが、一番良い方法は“体の中”から対策する事がとても重要なのです。

そこで今回は「冷えないカラダを作るために必要な冷え性の3つの対策方法」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

食生活

体の中から冷え性を改善するためには、まずは食生活の改善をするのも重要な事です。

食べる事は、当たり前のように毎日行っていますよね?

それが冷え性の改善に近付けるのであれば、試さない手はありませんね。

ビタミンの摂取

ビタミンの中でも、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなどを積極的に取るように心掛けてみましょう。

ビタミンBは、ご飯やパンなどの主食に多く含まれる糖質やお肉類などに多く含まれるたんぱく質をエネルギーに変えるのに必要な栄養素のひとつです。

ビタミンCは、細い血管の働きを維持する効果があり、血液の主な成分となる鉄分の吸収を助ける作用があるので大切になります。

また、ビタミンCは、タバコを吸う事で多く消費されてしまいますので、タバコを吸う方は、より多く摂取するのがおすすめです。

ビタミンEは、末梢血管を広げる作用があり、血行を良くする効果があります。

また、赤血球をビタミンEの作用で血管内の流れを良くする効果もありますので、野菜類や魚介類、種子類などから摂取してください。

もちろん、血液の原料になる“鉄分”の摂取も忘れないようにしてみましょう。

ちなみに、いくら食べ物から摂取すると言っても、人それぞれ食べられる量が異なりますので、そんな時はサプリメントなどで補うのもひとつの手です。

そんな鉄分やビタミンを補給できる鉄分サプリの新定番!美めぐり習慣 がおすすめです。

1日に必要な鉄分10mgが摂れるだけでなく、葉酸・ビタミンB12・ビタミンB6・ビタミンC 1日分が摂取できる“ 栄養機能食品 ”です。

粒が小さく、無味無臭で飲みやすくしているので、錠剤が苦手な方でも安心してお飲みいただける商品になっています。

スポンサーリンク

温熱性食物

食物の中には、食べると体を冷やす食べ物や温める食べ物があります。

体を冷やしてしまうと、内臓の機能の働きが、著しく低下してしまう事も多々あります。

主な食材としてみれば、鯵、鰯、カボチャ、玉ねぎ、しょうがなどが、より効果的です。

また、普段の食事から習慣的に辛いものを食べるように心掛ける事も効果的と言えます。

唐辛子などに含まれているカプサイシンは、体を温めるホルモンを脳神経に分泌を促す働きがあり、それにより血液の循環を良くする効果をもたらします。

ですが、辛いものが苦手な方もいますよね?

そんな時は、たくさんの香辛料が入っている“カレー”がおすすめです。

カレーに関する内容は以下を参考にしてください。

カレーが身体に与えるあらゆる5つの効能

ですが、いくら辛いものが良いとはいっても、食べ方によっては効果を発揮しない事もありますので、摂取のしすぎには注意してください。

日常生活改善

やはり、人間は規則正しい生活と良質な睡眠を取る事が大切になってきます。

人間の体は睡眠を取る事で、一定のバランスを保っています。

仕事や学業が忙しい時に、寝不足や、あまり良質な睡眠を取る事が出来ないと、体調を崩してしまう事も多々ありますよね?

知っての通りで、睡眠は人間が生きていく上で、とても大切なものなので、なるべく良質な睡眠を心掛けてください。

睡眠に関する内容は以下を参考にしてください。

毎日毎晩、睡眠の質を上げて快適に眠る事が出来る為の5つのポイント

夢見が悪い!怖い夢を見る!そんなあなたの悪夢の原因と対策方法

朝起きれない!眠りが浅い!そんな人の考えられる5つの原因

また、入浴の改善からも冷え性の対策につながります。

シャワーではなく、湯船に浸かる事で、体は一気に温まる事でしょう。

ですが、これは体の表面は一時的に温度は上昇いたしますが、体の芯までは温まらず湯冷めしやすい事もあります。

なので、入浴時には、手足をお湯と水に交互につけ血管の収縮を繰り返し、血流がスムーズになるので、是非実践してみてください。

38度くらいのぬるめのお湯に半身浴でつかる事も体が温まり効果的となります。

適度な運動

冷え性の解消に簡単で最適な運動は、体全体を動かすウォーキングです。

人間の体を動かす事で、当たり前ではありますが、より代謝が上がります。

ウォーキングのやり方としてみれば、腕をしっかりとふり、大股で歩き、少し遅めの速さで行うと効果的です。

他にも、常日頃はエスカレーターやエレベーターなどを利用していても、階段を使うだけで、それだけでも運動になります。

なので、運動は自分自身が無理のなく出来、長く続けられるところから始める事を心掛けてみましょう。

また、マッサージやストレッチをする事も血流が良くなり、リラックス効果にもつながりますので、あまり家から出ないお仕事をされている方は、実践してみてはいかがでしょうか?

まとめ

毎年寒い季節は否が応でも来てしまいます。

ましてや、「冷え性」と簡単な言葉で済ませていても、症状によっては、日常生活に支障をきたしてしまう人も多くいるのです。

しかし、上記の事柄の自分が出来る事から行うだけでも、症状が軽くなる可能性もありますので、自分の出来る事から実践してみてください。

他にも、以下の内容を参考にしてみてください。

夏のエアコンに要注意!身体が冷え体質にならいための特徴と対策

気付いてる?その体の不調はストレスの原因の可能性とその診断

あなたは大丈夫?心の老化度を診断とその老化を改善する方法