あなたは大丈夫?心の老化度を診断とその老化を改善する方法

肉体的には良好。
健康診断はバッチリ。
そんな人も多くいることだと思います。

しかし、いくら肉体的な健康状態がよかったとしても・・・

心の健康状態はいかがでしょうか?

考えたことがない。

気にしたことがない。

なんて、思う人もいるかもしれませんが、肉体と同じように、心も老化してきてしまいます。

心が老化しすぎてしまうと、何を食べいても美味しくなかったり、何をしていてもつまらない、なんて現象も起きてしまいますので、そこで今回は「あなたは大丈夫?心の老化度を診断とその老化を改善する方法」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

心の老化度診断

特に思い当たる原因はないけれど、どこか「気が進まない」なんてことはありませんか?

もしかしたら、心の老化が始まっているサインかもしれません。

まずは現時点での、自分自身の心の老化度を調べてみましょう。
以下の項目に当てはまるものをチェックしてみてください。

心の老化度チェック

□外出するのが億劫

集中力がなくなった。

□新しい事を始めるのが面倒。

人に会うのが面倒くさい。

□最近喜怒哀楽がなくなった。

ボーっとしている時間が増えた。

□全て物事に対してやる気が出ない。

□食べることへの関心がなくなってきた

□いつもすることがマンネリ化している。

□外見に気を使うのが面倒、楽しくない。

 

いくつ当てはまりましたか?

 

当てはまった数が多ければ多いほど、心の老化度は進んでいるかもしれませんので、注意が必要です。

では、どうして、心が老化してしまうことに問題が生じるのか?

心の老化で起こる問題点

心は、日々の生活のなかで様々な事柄を失うことで老化が進んでいきます。

例えば
昔は、自分自身の未来に希望を持ち、今までに挑戦したことないこともたくさんあったことでしょう。

しかし、それが年齢を重ねるごとに、人間的な経験値もたくさん備えることで新鮮な気持ちも失ってしまうのです。

仕方のないことではあるのですが、これらが原因でストレスを抱えてしまいます。

そのストレスを抱えるごとに、次第に心の老化度は蓄積され、自暴自棄になってしまい、やることなすこと「つまらない」という考えに至ってしまいます。

ですが、この心の老化を改善する方法もあります。

先ほどの、心の老化度診断で当てはまった数が多かった人も多くなかった人も試してみてください。

心の老化を改善する5つの方法

何もしないで、今のままでいれば、どうしても心の老化は進行してしまいます。

一度老化しきってしまった心は、なかなか元の状態に戻すことは容易ではありませんので、すぐにでも簡単にできる5つのなかから、まずはひとつずつ自分に合ったものから試してみてください。

笑うことを意識

病は気から」なんて言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

笑うことで、病気になりにくい身体を作ることができ、心も身体も元気になれるので、日頃から笑うことを心掛けることにしましょう。

テレビを見て笑うのもいいかもしれませんが、一番は「人と談笑する」ことが有効的なので、笑いを求めて、一歩外に踏み出してみるのもありかもしれません。

怒らないことを意識

どうしても、怒ることは身体に負担をかけて、ストレスの源になってしまいます。

そんな、怒ることを意識しながら、心のコントロールをするだけでも、毎日の環境が変化して楽しくなってきます。

「本当に~?」

と、思われた方は、是非怒る気持ちを忘れて、おおらかな気持ちで日々過ごすことを心掛けてみてはいかがでしょうか?

体を動かす、運動をする

いきなり、激しい運動をするのは、体へのダメージがあるので、初めは軽いウォーキングなどがおすすめです。

体を動かし、適度な汗をかく、つまり有酸素運動をすることで、ストレスが発散されます。

また、運動をすることにより、日頃の運動不足の解消やダイエット効果、健康免での向上にも繋がりますので、まさに一石三鳥四鳥にもなります。

恋愛をする

10代、20代の頃のトキメキはないかもしれませんが、恋愛をすることにより、毎日が楽しくなります。

人が人を好きになることで、人を前向きにしてくれる作用があり、心の老化度も回復してくる可能性が上がりますので、恋をして若々しい自分を取り戻してください。

しかし、いくら恋愛をしたくても、“出会いがない”なんて言う人は、こちら「現代の若い人はネット(SNS)やアプリを利用して出会っている?」を参考にしてみてください。

予定を作る

1日の予定や買い物などの予定も大切ではありますが、もう少し大きな予定を立てることにしてみましょう。

例えば
旅行などの、すぐには行けないことのほうが、よりベストかもしれません。

理由としてみれば、旅行などは行くまでの計画を立てていることも楽しく、それのために“頑張ろう”と思えることも、極めて大切だからです。

旅行から帰ってきても、その思い出の写真などを見返すことができるので、話のネタにもなり、会話も弾むことになりますので、一石二鳥です。

まとめ

心の老化は何もしなければ、どうしても、進行してしまいます。

冒頭にも記載しましたが、一度老化しすぎてしまうと、何をしていても「つまらない」なんて状況になりかねませんので、そうなる前に上記の5つを参考にしてみるのもあるかもしれませんね。

目が前を向いて付いているように、なるべく下を向かないように、ストレスを溜めることなく、一歩ずつ前に進んでみてください。

他にも、以下の内容を参考にして頂いて、より良い生活を見付けてみてください。

やる気がないは危険? 現代人を襲う「無気力症候群」とその対策方法

あなたは大丈夫?様々なタイプ別のストレス診断

気持ち(メンタル)が落ち込まない自分を作るための3つの考え方