好きな男性の生態を知ろう!(理系編)

理系の男性と聞いて、みなさんどんなイメージがありますか?
良いイメージは「頭良さそう」、「良いところで働いていそう」など、理系特有のイメージがあるとは思いますが、反対に悪いイメージでは「堅苦しい」、「根が暗い」など、恋愛には合わないイメージをお持ちの人も少なくはないとはありますが・・・

そんなことはありません!
確かに悪いイメージの見本みたいな人もいますが、大半の人はそんな人ではありません。
心の綺麗な優しい人もたくさんいます。

では、どのようにしたら良いのか?

それはまずは理系男子の根本を知ることにしましょう!

スポンサーリンク

シャイで不器用

理系男子は勉強や、頭のキレは他人より優れていることが多いですが、人とコミュニケーションをとったり、物事には不器用だったりします。

例えば

無駄と思うことはしない
外見、身だしなみにはこだわらない
分析が大好き
コミュニケーションをとるのが苦手

など、みなさんもこのような理系男子に出会ったことも、たくさんあると思います。

そんな理系男子ですが、思い切って声をかけてみてください。
自分からは、上手に話しかけることはできなくても、こちらがリードして話してみると、とても利口で、しっかりとした考えをもっているので、打ち解けると面白いと思います。

すぐに結果と結論を求めたがる

頭のキレは人一倍もっていると自負している理系男子は、すぐに先のことの結果と結論を求めてしまいます。
なので、せっかちになり、前に進むことに億劫になってしまいます。
結果や結論がいい方向にならないと、その物事には積極的に行動するこができないのが特徴なのですが・・・

ですが、それって悪いことですか?

昔からのことわざで、「備えあれば憂いなし」ということわざがありますよね。
たしかに慎重すぎるのは、問題かもしれませんが、物事に慎重なことは悪いことではありませんよね?
大事なのは、結果がうまくいくことが重要なので、このような考え方ができるのは、逆を返せば、すばらしい考えですよね。

恋愛を知らない

これは恋愛ができないというわけではなく、好きな人がいてもどうしていいかわからないということです。
そんなのは誰でも同じ」と思う人もいるかもしれませんが、理系男子は女の子と話すことが苦手などとは違い、根本的に「女の子」が苦手なのです。

なぜかというと、今まで気にかけていなかったファッションなどに気を配らないといけないからです。
なので、理系男子とお付き合いしたい女性や、気になる女性は、自らが柔軟の頭をもち、優しく彼らに接してあげることが重要だと思います。

プライドが高い

頭のキレがある理系男子はとてもプライドが高い傾向があります。
何ごとも計算して、しっかり結果を求めて行動するので、これを完全否定されてしまうと、彼のハートはずたぼろ・・・
何も考えられなくなってしまいます。

もしも、あなたがそんな彼を否定したいのならば、やんわりと否定することをおすすめいたします。
理系男子は理屈っぽいところもあるので、話をひとつずつクリアして、プライドを傷つけずに、理解してもらうことに努めてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
理系男子は、けして「堅苦しく」、「暗い」人たちではありません。
少し他人より、不器用なだけです。

関わってみると、とても面白いと思いますので、変な偏見をもたずに、みなさんも理系男子と上手く付き合ってみてください。

合わせて、「好きな男性の困った部分も理解しよう(理系編)」も書いてあるので、良かったら見てください。

スポンサーリンク