喧嘩も重要?夫婦・恋人との喧嘩に大切な3つの内容

パートナー(夫婦・恋人)との“仲”は良い方ですか?それとも悪い方ですか?

仲が悪すぎるのはかもしれませんが、仲が良すぎるのも問題とまでは言いませんが、少々問題があるかもしれません。

純粋に仲が良い人たちは、無理矢理に関係を悪くする必要性はありませんが、腑に落ちない事がある人は、改善したほうがいいかもしれません。

改善策としてみれば、夫婦・恋人間での“喧嘩”をする事も一つの手です。

そこで今回は「喧嘩も重要?夫婦・恋人との喧嘩に大切な3つの内容」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

気持ちのリセット

喧嘩をする事で、普段から自分自身が思っている事を吐き出せるきっかけにつながります。

過去の事を蒸し返しているように感じる人もいるかもしれませんが、普段から自分の気持ちなどを上手に言えない人からすればどうですか?

確かに
上手く自分を表現出来ない人が悪い。

という考え方もありますが、それは自分を表現する事が上手に出来る人の意見です。

世の中には、当たり前のように、自分の感情を上手に表現出来る人もいれば、上手に出来ない人もいるのです。

上手に表現出来ない人は、伝えられずにやきもきして、ストレスを感じてしまう事もあるので、喧嘩をきっかけとして、自分の気持ちを相手に伝えてリセットする事も必要になります。

ですが、その喧嘩で度が過ぎた発言は控えましょう。

あれもこれもで全てぶちまけてしまうと、今度は関係そのものを壊すきっかけになりかねません。

また、自分が上手く表現出来ない事に甘えていてはいけませんので、上手く伝えられるような努力をしてみてください。

見つめ直すきっかけ

自分の事を全て理解出来ている人はなかなか難しいかもしれません。

何気ない自分の行動や発言が相手を傷付けている事も無いとは言い切れませんよね?

人間は気付かないうちに、自分の育んだ環境が“ベース”となっている事が多く、パートナーの行動や発言にストレスを感じている人もいます。

それが喧嘩の時に伝える事で、改めて自分を見つめ直す事も出来るのです。

喧嘩をした時に伝えなくても・・・。

と思う人もいるかもしれませんが、誰しもが始めのうちは、優しく語りかけるかのように伝えているのです。

ですが、優しく言われているうちは、安易に考えて左から右に流している人も少なくはありません。

なので、喧嘩をきっかけに自分を見つめ直すきっかけにもしてみる事も重要です。

最悪の事態(離婚・別れ)の回避

我慢をする事も大切ではありますが、常に我慢してしまう人は、いつかは自分の心の容量を越えてしまい、爆発してしまう人もたくさんいます。

常に我慢をする人が爆発してしまった時には、最悪の事態(離婚・別れ)を招いてしまう可能性が格段に上がってしまうのです。

確かに、嫌な人と過ごす必要はないかもしれませんし、離れるのも一つの手かもしれませんが、改善する事も一つの手ですよね?

なので、喧嘩をして、日頃から溜め込まない事も惨劇を引き起こさない要因にもなります。

ですが、喧嘩の仕方も考えようです。

相手の事を考えるのであれば、自分が溜め込まないために全力で吐き出してしまうと、それが離婚別れの一歩を踏み出してしまう可能性もあるので注意が必要です。

まとめ

喧嘩をした方が良い。

と断言しているのではなく、喧嘩をする事で、上記の3つのような要因もあるので、一概にも悪いとは言えない事から、喧嘩も良好な関係を続けるためには大切な要因になってきます。

なので、どんな事柄も“ほどほど”にしてみてください。

他にも、以下の内容も参考にしてみてください。

恋人・夫婦間の「すれ違い」を招かない為に出来る3つの行動

恋人・夫婦間の喧嘩が絶えない人が無意識にやってしまう5つの行動

恋人・夫婦間での喧嘩を長引かせない可能性を上げる3つの方法