男性が「絶対に手放したくない」と思える女性の3つの特徴と+α

絶対に話したくない!
なんて、思える人に出会ったことはありますか?

結婚をなされている方は、そのお相手がまさに「絶対に手放したくない」と思える人なのではないでしょうか?

恋といっても十人十色で、各恋人同士で、愛のあり方も異なることだとは思いますが、男性のなかでは、結婚したい人と恋人にしたい人では異なることのほうが多く、見栄を張りたい人などは、その行動が顕著にでる可能性があります。

恋人にしたい女性のタイプは、性格よりも外見を重視していることが多く、反対に結婚したい女性のタイプとしてみれば、外見よりも心の綺麗な女性を選ぶ傾向があります。

では、男性の自身が「絶対に手放したくない」と言う女性とは、いったいどのような人なのでしょうか?

そこで今回は「男性が「絶対に手放したくない」と思える女性の3つの特徴と+α」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ポジティブな女性

明るい性格の人が嫌いという方はなかなかいませんよね?

常日頃から明るく、一緒にいて楽しい、安心感や包容力も兼ね備えている女性は、男性が「絶対に手放したくない」と感じることだと思います。

男性側からすれば、自分が困ったときに、支えになってくれて力になれる女性なんて素敵ですよね?

しかし、女性側の意見からしてみれば、「そんなの疲れてしまう」などもありますが、それが自然にできるためには、日頃から鍛練が必要なのです。

初めから何事もできる人はなかなかいません。

なので、ゆっくりと自分のペースで向上できるように心掛けてください。

自分自身がポジティブになるだけで、友人関係や恋人関係、今ある環境も一段と変化してくる可能性もあるので、この機会に一度挑戦してみてください。

守りたくなる女性

男性が生まれ持った、本能的に女性を守りたいと思う気持ちが芽生える女性は絶対に手放したくないと感じます。

どこか“何かが足りない”“天然なところがある”、そんな女性は可愛げもあり、男性自身の「守りたい」という気持ちに火が付き、始めは男性自身が守りたい気持ちが強くなっているのにも関わらず、いつの間にか、その女性を「手放したくない」という気持ちに変わっていきます。

反対に、物事を上から目線でどんなことでも完璧に熟すことができる女性に対しては、「自分は本当に必要なのか?」と、疑心暗鬼になってしまう可能性もありますので、注意が必要かもしれません。

やはり、男性は

「俺についてこい!」

「俺がなんとかする!」

のように、自分の大切な女性を守りたいと思う人は多いのかもしれませんね。

ですが、少し男性側の“勝手な意見”の気もしますが、あまり頼りがいのない女性に対しては、将来のことが想像できなくなってしまうので、頼りにならない女性にはあまり魅力を感じない傾向もあります。

家庭的な女性

男性は家庭的な環境に非常に強い意識と憧れを持っている傾向の方が多いです。

例えば

・料理上手

・子供好き

・やりくり上手

などの、良妻賢母になれそうな女性には、魅力を感じ、引かれる可能性が上がります。

しかし、ここで問題なのは、あまり度が過ぎてしまいますと、女性としての魅力ではなく、母親としての魅力に変わっていってしまう可能性もありますので、気を付けてみてください。

※都合の良い女性

男性は自分の都合に合わせてくれる女性はとても大好きです。

しかし、※印を付けたように、このような男性は悪い意味で「絶対に手放したくない」と思っています。

自分の都合に対して動いてくれる人は誰でもいいのかもしれませんが、異性の気持ちを利用して、自分の思い通りに心を揺さぶる人は、本当に最低な人間に違いありません。

・「急に呼び出される。」

・「連絡は一方的」

・「お金を催促される。」

などの、行動があまりにも顕著にでている男性とは、恋人関係ではなく、利用している可能性もありますので、注意が必要です。

また、そのような男性は、あなた以外の女性の存在があるかもしれませんので、こちら⇒「浮気をしている可能性があるかもしれない5つの男性の行動」や「ダメな男性の特徴の見分ける4つの方法」などから確認してみてください。

まとめ

上記の3つがすべてできることにこしたことはありませんが、全部頑張ろうとするのではなく、まずは自分のできることから努力していくことが大切です。

上記の他にも、相手を「どんなことがあっても“絶対に”信用・信頼する。」

このようなことから始めてみるのもありです。

男性が絶対に「手放したくない」と思える女性になれるために頑張ってみてください。

他にも「彼氏、彼女と上手に付き合える可能性が上がる5つのポイント」や「彼氏や彼女に心身共に支配される可能性が上がる5つの恋愛の特徴」などを参考にしていただいて、より良い関係を築くために努めていってください。