好きな人と長く付き合う恋愛の3つの特徴

みなさん、恋愛はしていますか?

恋愛をすることにより、脳にも良い影響があって、「恋」をするっていいものですね!
好きな人と共に時間を共有しながら生活すると、毎日楽しい時間を過ごせるので良いですよね。
そんな大事の人と長続きするにはどうしたら良いのか?
恋愛を長く続けられている人がごく自然と行っている方法を紹介いたします。

スポンサーリンク

記念日をしっかり祝う。


ここでの記念日とは「〇〇記念」のように、ただ記念日を無理に作るのではなく、例えば、誕生日にはちゃんと何かしらの、相手が喜びそうなことを付き合いが長くなってもしっかりやるということです。

「え?そんなの当たり前だよ」と思っている人も多いかもしれませんが、付き合い自体が長くなってくると、年々やることもなくなると言う人もいます。
ですが、けして長く付き合っているからやることがなくなっているのではありません。
気持ちが付き合い当初に比べ、少なからず減ってきているのが要因です。

簡単に言うとマンネリしてきているのが原因ですね。
なので、長く続く人はしっかり前もって考えて、当日に臨んでいるので、二人で決めた重要な日は前もって準備しておきましょう!

極度な束縛しない


束縛はお付き合いしていれば、それは男女ともに必要不可欠なもの。
相手に興味がなければ、束縛なんて面倒なことはしませんもんね?
ただ、ここで言いたいのは、「極度」ということです。

付き合い始めの頃は、束縛されたりすると、相手が自分対して愛情がある証拠だなと感じることもありますが、付き合いが長くなってくると束縛が強い場合、とても億劫で窮屈に感じてしまいます。
長く付き合っている人も束縛はしますが、お互いのことを尊重し合っているので、そこまでしなくてもいいわけです。
なので、まずは大事な人を鉄の鎖で締め付ける前に、お互いを思いやり尊重し合うことが大事ですね!

信用と信頼


みなさんはLINEがすぐに返信がなかったり、既読がついても連絡がなかったら不安になりますか?
「不安になる」と「不安にならない」のふたつの答えがありますが、この答えの違いが信用と信頼に繋がります。
「不安になる」と思った人は、根本的に信用していないということです。

信用している人は返信がなくても、「嫌われてしまったのではないか?」、「浮気しているのではないか?」など発想にならないからです。
確かに付き合っていれば、不安になることも多々ありますよね。

でも本当にこの人と長く一緒にいたいと思える人ならこそ、疑って不安になる前に、少しでも相手のこと信用、信頼してみませんか?
それだけでも、心に余裕が生まれて不安もなくなると思いますので、信じることから一歩ずつ進むのもいいですよ。

最後にやはり「長く付き合う」ということは、はっきり言ってなかなか難しいことだと思います。
育った環境が違うので、付き合いを深めていけばいくほど価値観などの微妙なずれが生じることもあるかもしれます!

ですが、それを乗り切るのも恋愛のひとつの醍醐味だと、私は思います。
もうひとつアドバイスをするのであれば、いかに素の自分でいられる相手を見つける事ができるかが大事なことですよね。

付き合って何カ月もたっても素が出せないような相手では、いくら好きという気持ちがあっても、偽りの自分でいるのはお互いに疲れてしまいます。
長続きするには、本当の自分を見せれるかが重要だと思います。

反対に、「彼氏、彼女とすぐに別れてしまう人の4つの特徴」もあるので、こちらも見てみるとより気を付けることが出来ると思います。

スポンサーリンク