別れた相手がストーカーになる可能性が上がる自分の行動や特徴

みなさんは幸せな恋愛をしていますか?

いい出会いがあればあるほど、反対に別れもたくさんあることだと思います。

悲しいことではありますが、付き合って恋人関係はなったものの、“性格の不一致”“価値観の違い”などで、その恋にピリオドを打たなければならないことも多々ありますよね?

ですが、そのようなことは誰でも一度は経験することかもしれませんが、ここからが問題なのです。

「しっかり別れることはできていますか?」

別れたい当人の気持ちからしてみれば

「とにかく離れられれば、それでいい。」

という感情から、適当な振る舞いで、相手を突き放そうとしてしまう人もいることでしょう。

そうなってしまうことが、“ストーカー”になってしまうきっかけなのです。

そこで、自分の責任で自分自身が苦しまないためにも、今回は「別れた相手がストーカーになる可能性が上がってしまう自分の行動」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもどうして、ストーカーになってしまうのか?

ストーカーの定義は世の中にはたくさんあることだとは思います。しかし、一番の要因は相手の身勝手のまま別れを向かえてしまうことだと思われます。

それでは振られた相手はやりきれない想いを、次の人にぶつけることができれば問題ありませんが、それができなければ、あなたの残像追い求めてしまう人もいます。

なので、ストーカーになってしまうのは、これらの要因が強いと言えるのではないでしょうか。

では、どのような自分の行動が相手をストーカーにさせてしまうのか?

一方的な別れ話

もしかすると、この「一方的な別れ話」が、一番相手をストーカーにさせてしまう要因のひとつかもしれません。

ただでさえ、振られた身からすれば、別れることは
「相手の都合で」
と、思ってしまいがちなのにも関わらず、一方的な別れ話をされしまうと、納得いくものも納得できないことは必然的だと思います。

冒頭にも記載しましたが、別れを切り出した本人からすれば、それは離れることができれば「何でもいい」と感じることだと思いますが、いくら他人とは言っても、少なからず、その相手と恋人関係であったことは事実です。

相手が嫌な気持ちはわかりますが、後々の面倒なことを考えると、一方的に気持ちを伝えるのではなく、しっかりと想いを伝えて相手の意見も聞いてあげることが大切かもしれません。

連絡を無視する

これは上記の「一方的な別れ話」に似ている部分もありますが、無視をされてしまうことにより、まったく話も進みませんし、相手にさまざまな“妄想”を膨らませてしまうので、とても厄介です。

嫌いになってしまうと、どこかその人との連絡(メール・LINE・電話など)は、ついつい億劫に、つまりめんどくさくなりがちだとは思います。

仮に無視をすることによって、解決に向かうことができるのであれば、問題はありません。

しかし、無視をする行為は相手からすれば、「追いかけてくれ」と言っているのと同じことになってしまいます。

振った本人は
全員が「そんなことは思っていない」と口を揃えて言うかもしれませんが、それは振られた相手にはわかりません。

どんなことでも、自分の気持ちを正確に伝えることは、とても難しいことです。

ましてや、「別れ話」となれば、自分も相手も、必ず感情が全面的に出てきてしまうので、なかなか交わらないことだとは思いますが、相手に変な妄想を抱かせないように無視するのではなく、そこは自分のためにも根気よく頑張ってください。

折れる心を持たない

「別れる」というだけで、相手は自分の気持ちに嘘をついてまで、相手の気持ちを受け入れないとなりません。

そんななか、別れ話で必ずといってもいいほど出てくる。
もう一度、考え直して欲しい。

これは、振られた相手からすれば、ほとんど人が言ってしまうことだと思います。

しかし、このような内容も受け入れてもらうことは容易ではありませんが、いきなり「考えることなんてできない」
と、すぱっと切られてしまうと、相手はもうどうしていいかわからなくなってしまいます。

確かに、相手期待を持たせるのは問題かもしれませんが、いきなり切ることよりも、一度持ち帰ることで、振られた相手も気持ちが静まる可能性もありますので、少しくらいは「折れる心」も必要と言えます。

中途半端に連絡をとってしまう

別れたはいいが、少し冷静になってみると、寂しさのあまり連絡を取ってしまう人もいるのではないでしょうか?

しかし、いつまでもだらだらと長く連絡を取ってしまうと、どうしても相手に変な期待感をもたせてしまいます。

確かに、振った側からしても、本当に相手を憎んで別れてしまった人以外は、お互いに寂しい思いをしてしまうのは必然的です。

ですが、それは単なる振った側の“わがまま”です。
振られた側は、変に勘違いしてしまい、「もしかしたら、より戻せるかも」と期待してしまう人も多いので、いくら寂しくても、中途半端に連絡を取ることだけはやめましょう。

万が一、やり直す気があるのであればいいのかもしれませんが、自分の寂しさを紛らわせるために連絡をとるのであれば、他の何かで寂しさを紛らわせることをおすすめいたします。

まとめ

ストーカーになる気質はみなさんの心の奥底には眠って潜んでいます。

好きな人を思えば思うほど、そうなってしまうのは必然的かもしれませんが、相手に付きまとう行為は本当に相手に迷惑になってしまいよくありませんので、当たり前ではありますがやめましょう。

別れるには“何かしら”の原因があることなので、その原因を自分の胸に手をあってて考えることも大切です。

自分の行動が原因で、相手をストーカーにさせないためにも、突き放すことも大事ではありますが、一番は振られる相手もある程度納得できるような、別れ方ができることがお互いのためなのかもしれませんね。

他にも「一度終わった恋の復縁のチャンスはあるのか?」や「別れた元彼・元カノが忘れられない時の失恋から立ち直る5つの方法」などを参考にしてみてください。

しかし、どうしても相手を想う気持ちが強いばかりに「ストーカー行為は、法律にもふれてしまう」と、頭では理解していても、元恋人に付きまとってしまったり、待ち伏せしてしまう人も中にはいると思います。

警察に被害届を出すことも可能ではありますが、“接近禁止命令”が出ても、他の仕事もありますので警察官は24時間、あなたを守ることはできません。

そんなときには、無料相談ができる「原一探偵事務所」がおすすめです。

経験豊かな調査員が確かな技術と心であなたをサポートし、ストーカー行為で一番重要な“証拠”を押さえてくれることだと思いますので、被害が深刻になってしまう前に気になる人は是非一度、無料メール相談してみてください。

スポンサーリンク