自分たち夫婦は大丈夫?離婚の予兆かもしれない要注意な5つの前兆

みなさんは夫婦間の状態は良い関係を保てていますか?

夫婦と言っても、「恋愛」や「お見合い」などで出会った、元は“赤の他人”です。

恋人の延長線上に「結婚」という二文字があると感じている人もいると思います。
初めは、お互いに幸せになるために誓い合った関係も、きっかけは各夫婦それぞれではありますが、終わりを迎えてしまう夫婦もあります。

同じ屋根の下で、一緒に暮らしていると、恋愛のときなどとは異なり、なかなかうまくいかないことも多々ありますよね?

ですが、相手が嫌になることはいきなりなってしまうわけではありません。
なぜなら、どんなことにも原因になる可能性があるからです。

そこで今回は「自分たち夫婦は大丈夫?離婚の予兆かもしれない要注意な5つの前兆」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

性格の不一致

恋人時代では性格が少しくらい合わなくても、同性をしていなければ、毎日顔を合わせることがあったとしても、そこまで嫌に感じることはないことだと思います。

しかし、いざ結婚をしたとすれば、その少しくらいと思っていたことも我慢できないことも多いです。

結婚という現実に直面したとき、相手の魅力だと思っていたことも急に色あせてしまうというわけです。

例えば価値観の違いです。

物事に対しての価値観は人それぞれ異なることのほうが多く、「この人と価値観が合う」と、感じて結婚を踏み切った人も、実際に生活をしてみると、細かいことを挙げればたくさんありますが、ちょっとした考えかたの異なることが他人から見れば細かいことでも本人にとっては、お互いに気も遣ってしまいますし、毎日のことなので疲れてしまいます。

しかし、いくら気を遣ってしまっていても離婚を切り出す前には、何度も踏みとどまっているものです。

初めのうちは、「自分が我慢をすればいい」と、思い詰めてしまう傾向がありますが、最終的には、自分の心のメーターの我慢の限界がきてしまい離婚に至ってしまいます。

こういった性格や価値観の違いによる離婚を防ぐには、相手の嫌なところよりもいいところに目を向けることが大切です。

参考までにこちらをどうぞ⇒「別れる原因が「価値観」の違いになる前に自分ができる3つのこと

浪費癖

浪費癖に陥ってしまう原因の一つとしてみれば、一番の原因は“ストレス”の可能性があります。
お金を使うことでストレスを発散させているので、その原因を解明することが大切なのです。

また、ストレスさえ発散できることができれば、この浪費癖が治まり、なくなる傾向もありますので、ストレスを発散させることが、一番重要と言えます。

ですが、いくらストレスが原因とは言え、自分たちの力ではどうにもできないことも少なくはありませんので、悩むことも必要かもしれませんが、専門機関に相談してみるのも有効と言えます。

すれ違いの生活

夫婦ともに仕事をしているのであれば、なかなか一緒にいられないこともありますよね?

「朝も起きる時間も違う。」
「帰ってくる時間も寝る時間も違う。」

そんなすれ違い生活が続いてしまうと、お互いに夫婦でいることの自覚意味を失ってしまい、気持ちがどんどん離れていってしまいます。

それを防ぐために毎日無理に予定を合わせるのではなくて、この日だけは一緒に過ごそうと休みを合わせてみるというように、少しずつ改善することが大切です。

DV(ドメスティックバイオレンス)

DVと言っても、現代ではたくさんの行為があります。
相手から一度でもあった場合、それだけでも離婚を考える人は少なくありません。

もし、自分自身が被害にあってしまった場合は、ずっと耐えていては、命にかかわりますので、すぐさま逃げることが大切です。

また、肉体的に攻撃を受けるのではなくて、精神的に追いつめる暴力もあります。
精神的な暴力は他の人に理解してもらいにくく、わかってもらいにくのが特徴なので、自分のなかで塞ぎ、抱え込んでしまうこともあります。

相手は危害を加えていることも、あまり理解できていないケースも多く、DVは一種の病気みたいなものの可能性もありますので、早めに別居離婚といった結論を出すことが重要といえます。

DVに関しては、詳しくはこちら⇒「意外と気付かない、自分の彼氏(旦那)のDV事情」や「男性も気をつけよう!女性のDV(ドメスティックバイオレンス)事情」を参考にしてみてください。

浮気

他の原因は“まだ”やりかたによっては仲を戻せる環境下にあることかもしれませんが、DVと同様に「浮気」は、百年の恋も冷めてしまうかもしれません。

男性の浮気に関しては、女性が多くはすぐに気づく人もいます。
理由の一つとしてみれば、多くの男性は挙動不振になり、罪悪感がうまれることにより、変に相手に優しくなってしまうので、女性に不信感を抱かせてしまいます。

女性からしてみれば
「そんなことを思うなら、浮気しなければ?」
と、感じることでしょう。
ですが、男性は本能的に浮気をしている人もいるからです。

浮気に関しては、こちらを⇒「浮気をしている可能性があるかもしれない5つの男性の行動」や「あなたの彼女は大丈夫?浮気しやすい女性の4つの特徴」参考にしてみてください。

また、浮気に一番に必要になってくるのが、“証拠”です。
多少のお金はかかりますが、探偵に依頼することで、動かぬ証拠を集めて、しっかりとその浮気に対するけじめをつけるようにいたしましょう。
自分の相手の行動が気になる人は、まずは一度、無料相談(無料相談はこちら)から相談してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

離婚の原因や予兆は夫婦によって様々ですが、いきなり離婚になるわけではありません。

育った環境の違う二人が生活しているのだから、不満も少なくとも出てしまうのは必然的です。

なので、不満を溜めることで夫婦生活に支障がでるのであれば、早めに自分自身の気持ちを相手に伝えることを心掛けましょう。

長く一緒にいると、「伝えても、わかってもらえない・・・」と、感じることもあるとは思いますが、気持ちを伝えなければ何も変わらないということを覚えておいてください。

離婚をすることは、けして悪いことではありませんが、なるべく避けたいのが心情という物だと思いますので、できる限り夫婦間でコミュニケーションを取って、よりよい夫婦環境を築いていってください。

他にも「結婚(夫婦)生活が上手くいく4つのポイント」や「男女ともに結婚に向いていない可能性がある考えや行動4選」などを参考にして、夫婦間の向上に努めてみてください。