男性と女性のお付き合いした時の対応の仕方の3つの違い

恋人と過ごす時間が長くなれば長くなるほど、さまざまなことがありますよね?

初めの頃はお互いけん制をしながら、探り探りでお互い歩でいるので、わからなかったことも、お付き合いの年月が立つほど、その人の本質的な部分もちらほらと見えてくることだと思います。

そこで、今回は「男性と女性のお付き合いした時の対応の仕方の3つの違い」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

風邪や病の対応

風邪を引いてしまって、高熱がでてしまった場合は、みなさんはどんな風になりますか?
ここでも男性と女性では異なった反応をするので、対応の仕方も変化してきます。

【男性の場合】
男性は実の年齢よりも、精神年齢が低い人が多い傾向があります。
同棲したことがある人や看病をしに男性のところへ行ったことがある人はわかるとは思うのですが、いつも強がっていた男性も、少し熱が出ただけで、「辛いよ」、「もう俺ダメだ」なんて弱音ばかりを吐いてしまう人も少なくはありません。
そんなときは、少し面倒なことだとしても、優しくその回答に答えてあげてください。

【女性の場合】
一見、女性のほうが“病”には弱いのではないか?
と、いう意見もあるかもしれませんが、男性とは異なり、女性のほうが何一つ言うことなく、「けろっと」していることのほうが多いです。

女性は意外と現実主義で物事を理解することが多く、「熱が出てしまったら、寝てれば治る」と、解釈をしている人もいるのではないでしょうか?
なので、女性を看病する場合は、陰ながら支えてあげることが、一番の優しさと言えます。

LINE(メール)や会う頻度

お付き合いをし始めた当初などは、お互いに毎日会いたいと思う気持ちを持っている人も多々あることだと思います。
しかし、これも男性と女性で異なる部分もあります。

【男性の場合】
比較的に男性の場合はあまりLINE(メール)などが好まれない人も少なくはありません。
どちらかというと、LINE(メール)よりは電話のほうが好きな人もいるのではないでしょうか?

会う頻度も、けして彼女と会うことが嫌いなわけではないのですが、男性は恋人も大切なのですが、とても友情を大事に思う人も多くいるので、少し彼女との会う頻度は少なくなってしまう傾向があります。

【女性の場合】
女性の中で、一部の人を除くとLINE(メール)そのものを毛嫌いしている人はいないのではないでしょうか?

確かに、例外はあることだとは思うのですが、基本的にはLINE(メール)をすることに抵抗がある人はいないことだと思います。

ましてや、自分の彼氏となれば、“毎日でもしてたい”なんて人いると思います。
これは会う頻度にも比例して、女性にも男性と同様に友人関係はあることなのですが、女性の場合は、「友情 < 愛情」と思う人も少なくはないのでしょうか?
男性との違いは、一番を恋人とおいている人が男性よりも多いということですね。

浮気への変化

浮気は必ずしもしてはならないことだとは、みなさんは感じていることだとは思いますが、なぜか世の中には浮気をしている人も多く見受けられます。
浮気にも男女で異なる考えがあります。

【男性の場合】
基本的には、男性が浮気にはしってしまう一つの要因は、自分の欲求を満たすために浮気をしている人が大半を占めています。

特に男性の場合は、頭の中では浮気をしている最中でも「家庭」や「恋人」という文字がチラついている人もいます。
なぜなら、それは一時の感情で欲求を満たしているだけなので、その相手に対して関心がない人が多いからです。

【女性の場合】
ここが一番の問題があるかもしれません。
男女問わず、浮気そのものは悪いことと理解している人も多いとは思いますが、女性の浮気の場合は男性と異なり、心身ともに相手の男性に動いてしまっている人が多い傾向があります。

男性は自分の欲求を満たすためだけに対して、女性は“ひとつの恋”をしているので、一度その人に火が付いてしまうと、その泥沼から抜け出せないのも女性の特徴にあるからです。

なので、一度自分の相手が“あやしい”と感じたら、見て見ぬフリをするのではなく、まずはその道の専門的知識を持った人に相談してみることが大切だと言えます。
詳しくは⇒無料相談はこちらから気軽に相談してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

男女の感情は、当たり前ではありますが、異なることが多く、相手が何を考えているかはまったく分からないことも多いかもしれませんが、それは二人で歩み寄ることから始めてみると、上手くいく可能性もあります。

なので、まずはたくさん相手と“話す”ことが、二人の関係性を上げることにもなりますので、コミュニケーションの向上の為にも、たくさん会話をすることから前に進んで行ってください。

人間関係をより知るためにも「「心理術」と「心理テスト」のまとめ」などを参考にしてみてください。