自分の思いを相手に上手に伝える3つの方法

みなさんは相手に自分の伝えたい気持ちは、しっかり伝わっていると思いますか?

コミュニケーションのなかで、相手に「伝える」ということは、非常に大事なことですよね。
好きな人に告白するときなどは、例え振られることになっても、伝えたいことをあまり上手く伝えられないで振られてしまうよりも、自分の思いをすべて出し切って振られるほうが、振られた悔いは残りますが、伝えられない悔しさはなくなると思いますので、今回は相手に上手く伝える方法を紹介します。

スポンサーリンク

わかりやすさを活用しよう。

例えば、電化製品を買いに行ったときに、説明の短い商品としっかり説明している商品のどちらがいいですか?

やっぱり目を引くのは、しっかりと説明している商品だと思います
自分に知識がある人は、どちらかというと説明よりもお値段のほうが気になるかもしれませんが、基本的にはあまり知らない人のほうが多いと思いますので、わかりやすく記載しているほうがいいですよね。

これは告白にも言えます。
たった一言「好き」と言うのも、ストレートではありますが、あまり相手にはうまく伝わりません。
具体的に、「あなたの〇〇が好き」と言われると、相手はこの人は自分のこういうところを見ていると思って印象がよくなります。

ですが、いくら具体的な内容がいいとは言っても、あまりにも長く要点がわからない内容は、相手を惑わすことになりかねないので、そこは調整して考えてみてください。

幼少期の体験

幼少期の頃の話は、ある程度の人に共通する体験だと思います。
中でも、その感情を思い出させることが重要で。
「初めて、○○をしたときみたいに楽しかった」など、誰しもが体験することに例えることにより、相手もその経験をしているので、「楽しかった」の部分がより相手に伝わります。

これを「原体験」と言います。
上手くこの感情を共有することができれば、相手は凄く親近感が強まるので効果的です。

素直な感情

周りくどい言い方は、確かに相手をけん制する意味としてみればいいかもしれませんが、やはり相手には本当の気持ちは伝わりません。

物事を上手に伝えることは確かに難しいことではありますが、より難しくしている可能性は自分にもあるかもしれませんね。

言いにくいことはオブラートに包む必要があるかもしれませんが、告白などのときは、言いにくいことではありますが、そこは包み隠さずさらけ出すことが大事ですね。

素直にわかりやすく、時には幼少期の体験談などを混ぜながら話すと、相手との距離も縮まる可能性もあるので、実践的に活用してみてください。