男性に嫌われてしまう可能性がある女性のタイプ4選(パート1)

女性からしてみれば、自分の好きな男性とお付き合いしたいと思うことは当たり前のことです。

好きな人と一緒にいたいと思う気持ちは男女ともに同じだと思うのですが、そんな中わざわざ自分の行動が嫌われる要因だとすれば、それを改善しない手はないですよね?
そこで今回は「男性に嫌われる可能性がある女性のタイプ4選(パート1)」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

あまりにも露出が多い

女性の洋服の中には可愛い服やかっこいい服など種類はさまざまで、数も豊富で似たような服でもどこか違いがたくさんあります。

ですが、そんな中でも男性に好かれない洋服もあるようなのです。
それが露出が多い服装です。
男性側は露出が多い服装は、見ているぶんには刺激があって目の保養になるかもしれませんが、実際に「彼女」になる人にはあまりそのような服装はしてほしくないと思うのが現状です。

いろいろな男性の注目を浴びてしまうので、露出の多い服装は男性の嫉妬心を仰ぐことになることから、あまり好かれない傾向にあります。

洋服のコーディネートはこちらをairCloset 参照ください

何かと天秤にかけてしまう

付き合い初めの頃などは、初々しさがあるので男性側も受け入れることができるのですが、次第には嫌気がさしてしまいます。

よくテレビなどで「私と仕事どっちが大事なの?」や「私とお母さんどっちが大事なの?」というシーンを見たことある人もいるとは思うのですが、それは男性側からしてみれば、天秤にかけられるものではないので困ってしまいます。

確かに「自分より大事なものがあるのか?」と確認したい気持ちは分からなくもないですが、そこは男性の立場を弁えてあげることも大事かもしれませんね。

当たり前と思っている

例えば、男性が「奢るのは当たり前」、「運転するのは当たり前」などと、してもらうのが当たり前だと思っている女性は嫌われてしまう可能性がアップしてしまいます。

当然、男性側からしてみれば女性に奢ることや、男性が運転することは必然的と考えている人もいることはいるのですが、それを“当たり前”と思われてしまうとなぜか萎えてしまいます。

なので、一緒にご飯食べてお会計をするときには「いくらですか?」と聞いてみたり、財布を明ける行動だけでも見せることが大事ですね。

何かとネガティブ思考

ポジティブになる必要性はありませんが、ネガティブすぎるのは危険です。
男性は強がって見せている人も多い傾向にあるので、そんな中で何かとネガティブになりがちな女性と合いません。

男性側はそんな弱い心をもった自分を女性の包容力などで埋めて欲しいと思っている人も少なくはないからです。

何か嫌な事があった時や、失敗して落ち込んだ時などは仕方ないことかもしれませんが、日頃からこのような感じの女性は、男性に好かれるためには考え方を変えていく必要があるかもしれません。

まとめ

一概にも上記の4つに当てはまっていたとしても、必ずしも男性に嫌われるわけではありません。
「美女と野獣」のように考え方は人それぞれだからです。

反対に「男性に好かれる可能性がアップする女性の行動4選」というのあるので参考にしてみてください。

ですが、これらの行動は「嫌われやすい」ということなので、なるべく自分の好きな男性に早く近づきたい人やお付き合いしたい人は、これらの行動を控えることにより良い方向に前進することだと思います。

続きはこちら⇒「男性に嫌われる可能性がある女性のタイプ4選(パート2)」をご覧ください。