男女ともに結婚に向いていない可能性がある考えや行動4選

世の中、好きなことや嫌いなこと、向き不向きがあるように「結婚」に適している人や適していない人もいます。

しかし、それを自ら起こしてしまっていることしたらどうでしょうか?
男女ともに、さまざまな事はありますが「結婚」という概念から考えてみれば、自ら起こしてしまうのは致しかねませんね。
なので、今回は「結婚に向いていない可能性があるタイプ4選」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

相手のする事を当たり前だと思っている

例えば、男性は「仕事をするのは当たり前」、女性は「家事をやるのは当たり前」のように固定概念をもっている人はいませんか?

確かに、どちらかが“外で”、どちらかが“内で”働かないと、家庭の生計は立てられないことは事実ではありますが、それを「当たり前」と思うことが問題なのです。

結婚は二人でひとつのものを作り上げていくものなので、相手のする事に「当たり前」ではなく、「感謝」の気持ちをもってあげてください。

「あなたが外で安心して働けるのは家の中でしっかり家庭を守ってくれているおかげ」
「あなたが家の事に力を入れられるのは外でしっかり働いてくれているおかげ」

この2点のように考えられる事が重要なのです。

将来のことを見据える事ができない

「欲しい物を絶対に手に入れたい人」や「食べたいものは食べたい時」などと好きな事を好きなようにやっている人とは結婚なんてできません。

付き合い始めた当初は、まずは相手の中身を知っていくほうが大事なので目に入ってこなかったことだとしても結婚を考えるとそうもいきません。

金銭面にいくら余裕があったとしても、何をやるにも無計画の人とは将来のことを見据える事ができないのは必然になってきますので、人生と同じように将来のことにも計画的に行動することを心掛けるいいかもしれませんね。

趣味やプライベートを優先

お仕事をしていれば、休日には羽を伸ばして発散したいと思うことは一般的かもしれませんが、結婚をすればそういうわけにはいかなくなります。

休日は家族サービスをしたり、子供の遊びや行事に付き合わなければなりません。
そんな中、趣味やプライベートを優先してしまうと、これらがまったく手につかなくなります。
適度な趣味やプライベートは大切かもしれませんが、月に何回も優先してしまうと家族なんてものはまったく成り立たないので、自分より家族を優先できるように努力が必要です。

とは言っても、過度に頑張りすぎてしまうのは身を滅ぼしかねません。

ストレス発散する方法は人それぞれありますが、こちらも「誰でも手軽に簡単に出来るストレス解消法!」参考にしてください。

親になるための自覚がもてない

近年では、子供がいない家庭もありますが、1世帯あたりの平均児童数は約1.8人と2人はいないにしろ、最低でも1人はいる計算ですね。
このような中で親になるための自覚がもてない人とは結婚も考えることができなくなってしまいます。

親になる前から自覚するのは中々厳しい気もしますが、ここで言いたいのは心構えの問題です。
これも上記の「将来のことを見据える事ができない」と類似していますよね。
将来の事を考えるということは親になるための自覚も前もって意識しておくことも大事になってくるかもしれません。

まとめ

結婚は人生にとっても、非常に大きな分岐点になってくること間違いないと思います。

上記の事柄はほんの一部かもしれませんが、これらだけでも改善するだけで二人の結婚への意識と関係性が変化していくことだと思いますので、二人の将来の為にも真剣に向き合っていくことをおすすめいたします。

他にも興味がある人は下記を参考にしてみてください。
幸せな結婚がしたい!そんなあなたの彼氏は結婚生活にむいているか?

結婚できない男性はどんなところに原因があるのか?

結婚(夫婦)生活が上手くいく4つのポイント

最近どうして結婚をしない人が増え続けている3つの理由?