あなたの彼氏は大丈夫?ストーカーになる可能性が上がる男性の特徴

自分の彼氏がまさかストーカーになってしまうことなんて、お付き合いしているときには考えないことだと思います。

交際がスタートして、別れることがなければ、相手も“ストーカー”になることはないことだと思います。

では、みなさんにお聞きします。

みなさんは、初めて(最初に)お付き合いした人と最後まで、共に暮らせていますか?

確かに、そのような素晴らしい運命的な出会いができて幸せに過ごされている人もなかにはいることでしょう。

しかし、それはほとんど稀なことだと思います。

大抵の人は、さまざまな人といろいろな経験をしながら、未来への幸せを掴むための準備をしてることでしょう。

と、いうことは、お付き合いしている人のなかにはストーカーになりやすい可能性があったとしてもおかしくはありませんので、今回は「あなたの彼氏は大丈夫?ストーカーになる可能性が上がる男性の特徴」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ストーカー行為の深層心理

ストーカー行為に及んでしまう深層心理は主5つに分けることができます。
以下の5つの性格的特徴を持っているとストーカーの行為をしてしまう人になりやすいということです。

あくまでも分類できるだけなので、必ずしもストーカーになってしまうというわけではありません。

ナルシスト系

このタイプは言葉の通りで、自分は素晴らしく、相手が自分のことを好きなのは必然かつ当たり前と思い、相手の女性とも両思いであると変に勘違いしてしまい、それを正しいと信じて疑うことがありません。

パラノイド系

パラノイドとは、体系付けられた強い妄想を意味しています。
「相手も自分のことを好き」という根拠のない思い込みや妄想でストーカー行為に及びます。

境界性系

境界性系の特徴としてみれば、簡単に言えば、自己中心的なタイプです。
自己中心的で他人への思いやることができずに、相手を傷つけてしまうことが特徴です。

サイコパス系

サイコパス系は一般的な考えを持っている人には理解し難い“絶対的価値観”があり、これらの人たちに共通して言えることは、「恋愛妄想」が常にあるということです。

※精神病系

統合失調症などの精神障害が原因で、両思いという強い妄想をしてしまうことがあります。
※印をつけたのは、あくまでも病なので、感知する可能性もなくはありません。

ストーカーをしてしまう人の行動や特徴

上記ではストーカー行為に及んでしまう深層心理なので、こちらではその行動や特徴を紹介していきたいと思います。

しつこい連絡

「好きな人なんだから、しつこくしてしまうのは仕方がない」
と、言う意見もありますが。

相手の気持ちを第一に考えることができなく、自分の感情を優先してしまうような人もパラノイドの系気質が疑われてしまい、ストーカーの予備軍として注意が必要になってきます。

何事にも自信がない

何事にも自信がない男性は、特に相手に拒まれることを恐れてしまう傾向がありますが、自分自身のなかで“受け入れてくれる理想の女性”を妄想の中で作り上げていることが多いため、現実の相手が理想の女性像と一致しないとストーカー行為に及ぶ可能性があります。

アドリブがきかない

デートの約束を止むを得ない事情で断られたり、LINEやメールへの返信が遅れたりと、ほんの些細な事柄や理由にも関わらず、それらにすぐに激高するような男性にも注意が必要です。

自分の思い通りにならないと気がすまない自己中心的な傾向が強く、境界性系のストーカー行為に及んでしまう可能性が上がってしまいます。

見栄っ張り(負けず嫌い)

誰しもが他人には「良く見せたい」、「良く見られたい」などと、思うことはごくごく普通な考えかもしれませんが、ここでの見栄を張る行為は“負けず嫌い”という要素も含まれており、自分を実際よりも良く見せて、たくさんの人に注目を浴びていたいという心理から、自己中心的な感情のみ優先してしまいストーカー行為に及んでしまう可能性が上がってしまいます。

自意識過剰

自分が他人にどう見られるかを過剰に考えすぎてしまい、別れたことを世間に知られることなどを、特に嫌う傾向があります。

これは上記の見栄っ張り(負けず嫌い)に類似している部分もありますが、別れた現実を受け入れることができずに、相手には邪険にされてしまいますので、それを根に持ちストーカー行為に及んでしまう可能性もあります。

まとめ

ストーカーの被害は残念なことではありますが、年々上昇傾向にあります。
むしろ、相手に付きまとうストーカー行為だけでは、自分の欲求を抑えられずに、相手にまで危害を加えてしまう事件も起こっています。

せっかくの恋愛が悲惨なストーカー被害でピリオドを打たないためにも、自分を守るためにも「別れた相手がストーカーになる可能性が上がる自分の行動や特徴」や「危険は自分が招いてる?ストーカーされやすい女性の行動と特徴」などで予備知識を備えておいてください。

しかし、いくら予備知識があったとしても、ストーカー被害から自分自身を守ることは容易ではありません。

警察に被害届を出しても、他の事件もあることから、あなただけをストーカー被害から守り抜くこともできません。

なので、そこで頼りになるのが、“探偵”です。
プロの探偵さんに依頼することで、証拠を掴むために自分が危険に晒される心配も一切なくなることだとは思いますので、まずは無料の相談だけでもプロの人にしてみてはいかがでしょうか?

詳しくは下記からアクセスしてみてください。

スポンサーリンク