感じのいいLINEと迷惑がられるLINE

現代では、LINEはコミュニケーションツールのひとつになっています。
「友達」、「恋人」、「会社の同僚・上司」と、いつ何時も必要なものです。


しかし、実際にはうまく使えている人はあまりいません。

そんな悩みを抱えている人も少なくはないのでしょうか?

なので、今回はLINEやメールなどの文章における、心理テクニックについて紹介いたします。

良い内容では、3つ法則があります。
長文はNG

質問は1回

強制しない

この3つを気を付けているだけで、あなたの印象は変わります。
それでは、次に3つの法則を説明します。

スポンサーリンク

長文はNG

長すぎる文章は、けして「ダメ」というものではありませんが、見る側の気持ちを考えてみたらどうでしょうか?

読んでいて疲れてしまいますよね?

しかも、読むことに負担をかけてしまった上に、この後が問題で、返事を返す場合がもっとも大変なのです。

長すぎる文章に対して、一応は1つ1つの文に触れていかなければなりませんので、必然的に返信の内容も長くなってしまい、つい返すことが面倒になってしまうのです。

特に好意を寄せている人には、やたらと長い文章を送ってしまうことも、しばしばありますが、それは単なる自己満足にすぎないのです。

逆に相手が、もしあなたに好意があったとしても冷めてしまうかもしれません。

冷静に相手の気持ちになって考えてみるだけで、このことは解決できますので、少し相手の気持ちを考えながら気を付けてみてください。

質問は1回

ひとつの文章に何個も質問があると、余計に返信しづらくなってしまうのが、人間の心情です。

例えば

「○○さん週末遊びに行かない? 予定が空いていているからさ! 映画とボーリングならどっちがいい? あとご飯は何食べたい?」

これはあくまでも極端ですが、このような文章だと、どれが一番重要なのかはまったくわかりません。

質問というのは、結局のところ「返事を返せ」ということに過ぎません。

あまりにもその数が多いと、相手は自然に返事が面倒になってしまうので、できるだけ相手への負担をひとつでも減らすように、「質問は1つ」を心掛けましょう。

また「質問が0」も、あまりいいことではありません。

ただの独り言に見えてしまい、相手は返信の意欲がなくなってしまいますので、しっかり相手のことを考えることが大切です。

強制しない

強制は誰しもが嫌なことなのですが、つい知らず知らずに誰もがやってしまっていることが多いのです。

「遊びに行かない?」

「ご飯行こうよ?」

などと、「会う」ということを強制されているのです。

人間は、相手の顔が見えない状態で何かの誘いを受けることをとても嫌います。

なぜなら、相手の気持ちが本気なのかわかりにくく、離れた場所にいればいるほど、重大な告白をされると、相手への気持ちや好感度が下がってしまいます。

さらに相手への断りを言うのも、相手の顔が見えなければ、とても言いやすいですよね?

なので、LINEやメールで「お願い」をするということは、自動的に断ってくださいと言っているのと同じになってしまいますので、なるべく直接言えるように心掛けましょう。

まとめ

自分自身も好意を寄せていた人に対して、グイグイいってたくさん失敗してしまった過去を思い出してしまいました。

できるだけ相手の気持ちを考えて、LINEやメールをより良いコミュニケーションツールにしてくださいね。

また自分のスマホもしくは、LINEモバイルで購入した端末で利用できて、SNSをよく利用する人は必見です! 月々のスマホ料金が気になる人や安くしたい人は

こちら「LINEモバイル」や「楽天モバイル 」をご利用してみてください。

他にも「人間関係に疲れないための5つのポイント」などもあるので参考にしてください。