すぐ冷める?男女共に相手に幻滅をする前に必要な3つの考え

いきなりですが、恋人・夫婦間の中で、“不満”はありますか?

内容は異なるかもしれませんが、多少なりともありますよね。

仲睦まじい関係だったとしても、何かしらの不満が出てくるのは否めませんが、相手に“幻滅”をする前に知っておかなければならない事もあるのです。

一度幻滅をしてしまえば、見る目も変わってくるで、最悪の事態を招かないためにも、今回は「すぐ冷める?男女共に相手に幻滅をする前に必要な3つの考え」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

理想と現実

理想と現実の違う。」なんて言葉もありますが、まさに言葉のフレーズ通りで、相手が自分の理想と、全く異なった言動をする事も少なくはありません。

しかし、それはあくまでもあなたの理想であって、相手はあなたのためだけに生きているわけでもないので、あなたの思い通りに動く事は難しいのです。

恋人・夫婦なのだから、出来て当然。

なんて思った人もいるのではないでしょうか?

確かに、相手に理解を求めたくなる気持ちはわからなくもありませんが、それはただの自分勝手な考えになり、その考えが膨らめば膨らむほど、相手を幻滅しやすい状況ができてしまうのです。

相手の気持ちを明確に読み取れる機能が付いた人であれば、理想通りになるかもしれませんが、そんな人はこの世にいません。

なので、理想を持つのも良いですが、“言葉”として伝えなければわからない事も多々あるので、理想を持つ前に、しっかりと言葉として伝えるようにしてみてください。

全ての理解

あなたは、パートナーの事をどれだけ理解をしていますか?

100%!

と、言いたい気持ちはわかりますが、実際のところは残念ではありますが、全てを理解して、分かり合える事などはありません。

共に歩んだ時間が長ければ長い人ほど、その期待感が上昇してしまう事もあるのですが、それは単なる甘えなのです。

相手に理解をしてもらえば“当たり前”

相手が理解をできなければ“相手が悪い”

こんな理不尽な被害者意識を持っていれば、やがてその意識が幻滅へと変わってしまうのです。

なので、関係を破綻させないためにも、気持ちにも“ゆとり(遊び)”が必要な事を理解しましょう。

根気良く向き合う

何かがあるたびに、目くじらを立てて衝突や幻滅を繰り返していれば、二人の関係なんてモノは成り立ちません。

確かに、相手に腹が立つ事もあるかもしれませんが、せっかく「お付き合い」、「結婚」をした相手なのだから、関係性を向上させるためには、“許す心”を持つ事も必要なのです。

育った環境が違う二人が一緒になったのだから、常識や価値観が多少の異なりがあるのは当然なので、幻滅を招く前に、まずは根気良く向き合う事を努めていきましょう。

根気良く向き合う事で、今とは違う新しい“何か”が見付かるきっかけにもなりますので、ゆっくりとより良い関係を築いてみてください。

まとめ

自分の兄弟のような血縁関係があったとしても、なかなか上手くいかない事もあるのだから、赤の他人様と上手くいくためには、『時間』も『努力』も掛かってしまうのは当然です。

物事がゲームのように簡単に進めば良いのですが、それでは楽しみも何もありません。

いくつもの“壁”があるからこそ、人生は面白いのです。

なので、一期一会という言葉があるように、これを機にパートナーとの出会いをより大切にしてみてはいかがでしょうか?

他にも、以下の内容も参考にしてみてください。

恋人・夫婦間の喧嘩が絶えない人が無意識にやってしまう5つの行動

気をつけて!あなたを不幸にする可能性がある人の5つの特徴

あなたは大丈夫?人間関係に疲れやすい人の5つの特徴と診断