彼女をつくるのが苦手な男性必見!女性に嫌がられる3つのポイント

恋愛に奥手な人は、なかなか自分の気になる人を「恋人」と呼べる存在になるには難しいですよね?
勇気を出して頑張ってみても必ずしも上手くいくわけもなく、大抵の人の恋は儚く散ってしまうこともしばしば・・・

自分の何がいけないのかもわからず、改善することもできないまま月日が経ってしまうのはあまりにも、もったいない気がします。

なので、今回は彼女をつくるのが苦手な男性は、どんなところに原因があるかを紹介していきます。

スポンサーリンク

女々しい

女性のイメージとして、「男性=強い」という概念がある人が多くいます。
他にも、「守ってもらえる」や「頼りになる」など、男らしさを強く意識している人も見受けられますよね?

そんな中で、そのイメージを覆す女々しさは、かなり女性にとってマイナスになること間違いありません。

女性のイメージを変えることはできないので、男性自身が変えることに努めていきましょう。

無理に変えるのではなく、少しでも力になれるようにするだけでも「グンッ」とアップすること間違いないので、向上心は忘れないようにしましょう。

内向的

これは女々しさに繋がる部分もあります。
恋愛というのは必ずしも相手がいることなので、自分の興味や関心が内側ばかりに向いてしまうと、相手の女性はつまらないですよね?

相手とうまくやっていくためには、自分の嫌なことでも積極的に行動する事を心掛けるだけで、第一歩踏み出すことができます。

あくまでも、心掛けるだけなので本当にできないことや嫌なことは誰でもあると思うので、そこは断ることも大切です。

内向的な性格がよくないわけではありませんが、ここでは「彼女をつくる」という観点でお話しているので内向的な人は自分の好きな人のことを考えて、前向きに行動することが大事ですね。

デリカシーがない

人には触れて欲しくないことをガンガン言ってくる人もいます。
みなさんはそんな人のことをどう思いますか?

 

はい、嫌ですよね!

 

誰しも自分の言われて傷つくことや嫌なことを言われて気分のいいものではないので、そのような可能性がある人はやめましょう。

親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、慣れた間柄でも心の気遣いは非常に大切になってきます。

好きな人を大事に思う気持ちがあるだけで、自然とこれらは解消してくると思うので、まずは好意を向ける人を大事に思うことから始めましょう。

まとめ

中高生の時は、少し悪ぶった人たちがモテていた印象がありますが、大人の恋愛は違います。

相手を思いやる気持ちが大きく分けて、この3つがかなり重要になってくるので、上記のなかで1つでも当てはまる人は、その部分を改善できるように努力することをおすすめいたします。

中高生のときとは違い、大人の恋愛はこの先の「結婚」という2文字に向かっていく準備段階です。

最初で最後にしたいという気持ちから、できるだけ良い人を選びたいのが心情です。
なので、これら改善してより良い人に出会ってくださいね。

スポンサーリンク