自分のせいで彼氏・彼女と別れを早めてしまう3つの行動

新しい出会いがあるということは、悲しいことではありますが、その分たくさんの別れもあることだと思います。

いつまでも、お互いに幸せに暮らすことができればいいのですが、ちょっとした価値観の違いや、気持ちのすれ違いで、別れを向かえてしまうことも多々ありますよね?

その別れかたも、恋人ごとに異なることだとは思いますが、誰も好んで別れを向かえているわけではないと思います。

しかし、もしその別れが自分の責任で早めてしまっていたとしたら、どうですか?

性格の不一致」などの場合は、諦めざるを得ませんが、自分で別れを招いてしまっているとあっては話は別です。

せっかく恋人ができたとしても、自分のせいで振られる可能性を高めってしまえば、やるせない気持ちでいっぱいになってしまいますので、そこで今回は「自分のせいで彼氏・彼女と別れを早めてしまう3つの行動」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

極度な束縛や嫉妬をする

束縛や嫉妬は、「好意があるから仕方がない」と思っている人も少なくはないことだと思います。

確かに、自分がまったく興味のない人に束縛や嫉妬することはないことでしょうが、恋人の行動を把握していないと不安になっていませんか? または、異性の友達と会ったり遊んだりすることを嫌がっていませんか?

そのような行為は、相手を彼氏・彼女と思っているわけでなく、「自分のもの」だと思いすぎな場合が多いのです。

いくら恋人だからといっても、一人の人間です。
そんな相手の自由を奪おうとする行為は、どんなに好きな相手や恋人だったとしても、そんなことをできる権利は持っていません。

また、恋人をいなかった時期が長ければ長いほど、1人の時間の楽しみを知っていて、それがないとストレスの発散ができなくなってしまう人もいます。

なので、なるべく相手を1人にさせてあげる時間を作ってあげられる広い心をもつことが、とても大切になります。

束縛や嫉妬をするのもいいですが、その考えをする前に、まずは相手のことを少しでも信じてみることが重要だと言えます。

彼氏・彼女に依存しすぎてしまう

「好きな彼氏・彼女といっしょにいたい」と思うことに間違いがあるわけではありませんが、これらの行動が行き過ぎてしまうと、“依存”になってしまいます。

初めのうちは、自分色に染まってくれていると感じ、嬉しいことだとは思いますが、あまりにも度を超えてしまいますと、個人差はありますが、それを嫌悪感に感じてしまう人もいます。

相手を頼ることなどは、けしていけないことではありませんが、寄りかかりすぎてしまうと、自分だけが支えているだけで、相手には何もされていないと勘違いしてしまうからです。

相手への「好き」という気持ちを抑える必要はありませんが、相手には相手の考えかたや価値観もありますので、相手の気持ちを考えてあげることも大切です。

自分の理想を押し付ける

誰しもが、自分への理想や相手への理想をもっていることだと思います。

理想を持つことは、その理想に向かっていけるので、大切なことではありますが、それはあくまでも自分が勝手に思っている理想です。

よく「理想と現実は違う。」なんて言葉を耳にしますが、まさにその通りです。

自分がその理想に向かって、努力することは自分自身のことなので、問題はありませんが、自分の理想を相手に押し付けてしまうことは間違いです。

確かに、相手が特にこだわりがない内容ならば、「こういうのはどう?」などと、相手に考えの選択肢を増やすために、自分の理想や意見をしてあげることは大事なことではありますが、相手にも相手の考えがあるので、それを尊重してあげることも、もっと大切です。

実際はいくら恋人とはいっても、相手がどうこう言ったところで、考えと言うのはなかなか変えられるものではありません。

だからこそ、「直してくれない」と思い、自分自身がストレスをためるよりも、そういった欠点も含めて受け止めることができ、なおかつフォローできる自分になったほうが、関係はより深まり、相手が離れることのできない人になれるかもしれません。

まとめ

別れを早めてしまう行動の共通点としてみれば

自分の都合で相手を変える

ということです。

逆に、あなたは今まで生活の一部として行っていたことを、相手の都合で否定されたとしたら、素直に聞き入れて、言われた直後に変れることはできますか?

多くの人は、容易ではないことだと思いますので、あまり相手を自分の都合という名のカタにはめずに、お互いにのびのびと過ごすことが長く続く秘訣になることだと思います。

他にも「彼氏、彼女と上手に付き合える可能性が上がる5つのポイント」や「彼氏や彼女に心身共に支配される可能性が上がる5つの恋愛の特徴」などを参考にしていただいて、なるべく良い付き合いをしてくださいね。