一生独身?結婚したいのにできない人の特徴4選

みなさんは結婚に相手に対して、どんなイメージを持っていますか?
結婚している人はイメージと現実はどうですか?

理想と現実が一致している人も中にはいますが、現実は違ったという人も少なくはないと思います。
「結婚」というイメージはもっているのに中々進展できない人もいるみたいなので、今回は「一生独身?結婚したいのにできない人の特徴4選」を紹介していきます。

スポンサーリンク

相手に求める評価が高い

今は少し古いかもしれませんが、女性が思っていた「三高」と言った表現があります。
「高収入」、「高学歴」、「高身長」と一昔は言っていました。
これらのように相手に求めることがたくさんあってしまうと、そんな素敵な人に出会えるのはほんの一握りです。

少し酷い言い方になりますが、そんな人に自分が見合っていればいいのですが、現実的に厳しいことも多いので、自分の理想を下げるのは抵抗があっても目を瞑れるところは瞑った方が結婚の近道になるかもしれませんね。

自分に甘く、相手に厳しい

人間誰しもが比較的に他人より自分には甘い生き物ではありますが、それをあからさまにしてしまうと、「結婚」は愚か、人間関係も上手くいきません。
確かに、自分が一番可愛いのはわかりますが、相手に厳しくて自分に甘い状態は、相手はどう思うでしょうか?

自分が相手にされたらどうですか?
私なら何か納得いかない面もあります。
なので、極力自分がされて嫌なことは、相手にもしないように心掛けましょう。

固定観念が強い

気持ちに「軸」を持つことは非常に大事なことです。
自分にまったく軸がないと、優柔不断と思われて余計に婚期を逃してしまう可能性もあるからです。
ですが、あまりにも軸が強すぎて頑固すぎてしまいますと、相手との相違点も見えてきてしまいます。

なので、時には譲れないことも中にはありますが、なるべく柔軟性な心を持って、アドリブの利くようにすると、良好な関係を続けることができるかもしれません。

自己主張が多い

「結婚」の大抵は“育った環境の違う二人”が一緒になるケースが一番多いです。
そんな中、自分の考えを主張ばかりしていたら、うまくいかないのは必然ですよね?

確かに、先ほどの固定概念と同じように軸を持つことは大切なのですが、お互い主張していれば、衝突の原因にもなりますし、どちらかだけでも主張していれば相手が嫌な思いをしてしまいます。
お互いがお互いを第一に考えてあげることが得策かもしれませんね。

まとめ

一生独身でも悪くはないとは思いますが、老後のことを考えてみてください。
多くの日本人は60歳から65歳で定年を迎えます。
それから約20年を生きると過程すると…

そうです!老後の20年を一人で過ごさなければいけない!ということです。

若いときは「一人でも大丈夫」と、ある程度の事ができたので、そう言えたかもしれませんが、行動の範囲も狭まってくる老後は中々一人では厳しいものもあります。

確かに老後のために結婚するわけではありませんが、病気(「気をつけて!日本人が一番多い死因の脳梗塞を考えよう!」や「認知症の可能性が上がる、原因になる病気5選」など)になってしまうことも増えてくるので、上記のこと以外にも理由は多々あるかもしれませんが、真剣に将来のことを考えて結婚ということの重要性に目を向けることも大切なことかもしれませんね。

他にも「結婚(夫婦)生活が上手くいく4つのポイント」もあるので合わせて参考にしてください。