潔癖症・強迫症などの汚れと共存できない人が増える3つの特徴

あまりキレイなお話ではありませんが、みなさんは床に落ちたものは食べれることはできますか?

「自分の家なら大丈夫。」

それとも
「いや、下に落ちたものは汚い。」

他にも、たくさんの意見があるとは思いますが、前者の「自分の家なら大丈夫。」という方はあまり気にする必要はないかもしれませんが、後者の「いや、下に落ちたものは汚い。」と思った方にお聞きします。

あなたは「潔癖症」や「強迫症」ですか?

特に、「潔癖症」や「強迫症」だったとしても、私生活に支障をきたすことがなければ、問題ないことだとは思います。

しかし、昨今ではテレビなどで過剰に“潔癖”という言葉を取り上げることが多くなっていて、自分自身もお金と時間があれば、すべての物事を綺麗にしたいと思っている人はとても増えているようです。

これは「強迫症」も同様で、「本当はそこまで必要のないことだとわかっていても、やめることができない」ということに自ら陥ることにより、その物事に対して過剰に行ってしまいます。

確かに、人の感じかたは個人差があるので、一概にも問題があるわけではありませんが、少し気にかけ過ぎな一面もあるのは否めませんので、今回は「潔癖症・強迫症などの汚れと共存できない人が増える3つの特徴」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

メディアの報道

よくテレビのCMや番組などで“日常にどれだけ雑菌があるのか?”なんてものを目にしたり、耳にしたり多くなってきたと思います。

これが、まず汚れと共存できない人が増えてしまう、一つ目の要因のひとつになります。

人の感覚として、すべての事柄ではありませんが、「少なからず、メディアでの報道には嘘偽りはない。」という固定概念があるからです。

確かに偽ることはないかもしれませんが、それらが視聴者に食いついてもらうために、過剰に表現しているなんて少しも思うことはありませんよね?

ましてや、なかには自分を危険にさらす可能性のあるウィルスもあるので、どうしてもメディアが発信するこれらの情報を無視できず、信じてしまうことでしょう。

このように絶えずメディアで報じられて、気になってしまう状態に陥ってしまい繰り返し情報を見たり、聞いたりすることで、頭の中に“汚い”という感覚が刷り込まれてしまいます。

洗浄・抗菌グッズ

現代では、一昔前までの車は“一家に一台”なんて言葉と同じように、洗浄・抗菌グッズも各家庭に1つ、むしろそれ以上にあることではないでしょうか?

こうした洗浄・抗菌グッズが世の中に溢れて多様化が進むことにより、「汚い」と思ったらすぐに洗浄行為を行うことができるようになりました。

これらも汚れと共存できない人が増える原因のひとつと言えますよね?

確かに
「トイレに行けば、手を洗う。」

「食事をする前は、御手拭・おしぼりで拭く。」

これらの行為は当然のことかもしれませんが、現代では大半のお店の出入り口付近に「アルコール消毒液」が置いてあるお店も多く見受けられます。

このように、洗浄・抗菌グッズが携帯でき、なおかつ行く先々に「汚れ」というワードを
匂わせるグッツがあれば、必然的に意識せざるをえないのも仕方のないことかもしれません。

公共の場の清潔

一番簡単に例にあげることができるのが「トイレ」です。

すべての環境ではありませんが、コンビニや飲食店、市や町の公園などまで、設備が整い、清潔になってきましたよね?

環境がよくなることは、自分たちが暮らす面で考えると、とてもいいことだとは思いますが、「潔癖症」や「強迫症」の観点から考えると、少し問題があるかもしれません。

例えば
公共トイレの便座をいつも除菌ペーパーで拭き、紙の便座カバーを使用する人は、除菌ペーパーや紙の便座カバーなしでは座ることすらできなくなってしまいます。

そうすると、除菌ペーパーや紙の便座カバーが設置されていない公共のトイレを使えなくなり、こうして次第に汚いものを避ける習慣が身についてしまうのです。

他にも、エスカレーター電車のつり革ドアノブなども同様に言えます。

まとめ

汚い」という状態をすぐに消せるような環境下で生きていると、少しでも早く、「汚い」を消したくなる衝動も強くなってしまうものです。

しかし、いくら自分自身だけが、清潔に心掛けて、「汚れ」を排除しようと思っても排除しきれません。

ましてや、清潔を意識しすぎるあまりに、身体に付着しているあらゆる細菌を排除してしまうと、人間の身体には、自分の身体を悪い菌から守ってくれる菌も付着しているので、それらを排除することで、免疫力が低下してしまい、思わぬ感染性にかかってしまいます。

なので、適度に清潔に気を遣うことは、とても大切なことではありますが、過剰な反応はあまりおすすめできません。

しかし、とは言っても清潔にどうしても気にしすぎてしまう人もいます。
そんな人には以下の3つをおすすめいたします。

【プラズマオゾンで除菌+脱臭 オースリー プレミアム】
救急隊員や患者様の感染予防に全国の救急車500台以上への搭載実績があり、オゾンの力で花粉やウィルス・臭い・ダニの処理をはじめ、大勢の人が出入りする場所の除菌、消臭にも最適。

スポンサーリンク

【次亜塩素酸で除菌・消臭 ジアポケット】
ご家庭にあるで作る、安心安全の除菌・消臭スプレー。
水道水と塩で簡単に「次亜塩素酸水」を作ることができますので、人間はもちろん、ペットにも安全なので、除菌や脱臭が気になる方には、是非おすすめです。

スポンサーリンク

【電解オゾン水除菌スプレー キューオス】
オゾンの力で安心・安全に除菌ができるキューオスは水を入れてスプレーするだけで手軽に電解オゾン水が作れ、日本製の製品なので、安心して使えます。

スポンサーリンク

自分に合ったものを使っていただいて、より良い生活になるように、心掛けてみてください。

自分の身体に気を遣うことは、とても素晴らしいことなので、他にも「春のひどい花粉症を乗り切るための外出時と家の中での簡単な対策方法」や「大流行するインフルエンザにかからないために気を付けるポイント」などを参考にしていただいて、さらなる向上に努めてみてください。