気を付けて!男女ともに恋愛初心者がやりがちな3つの失敗な行動

「彼氏や彼女ができた!」
初めて、自分自身に恋人ができたら、それはこれからの毎日が嬉しく、楽しくなっていくのは当たり前のことですよね?

相手から、1通のLINEやメールがくる。

これだけでも、そわそわして、相手からの返信がくるまでの数分を待っているのも惜しいくらいに・・・

ましてや、初めての“デート”

そんな日には、心臓が張り裂けてしまいそうになるほど。

恋人ができるだけで、今までいなかった毎日と比較すると、天地の差が生まれます。

しかし、喜んでいたのも束の間・・・

すぐに「別れ」を迎えてしまう、悲しい現実を突きつけられてしまう人もいます。

では、どうして、そんな急展開になってしまうのか?

そこで今回は「もったいない!男女ともに恋愛初心者がやりがちな3つの失敗な行動」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

相手に求めすぎる

「自分のすべてを(恋人には)受け止めて欲しい!

なんて、思っている人もいるのではないでしょうか?

それは何でも受けてもれえるのであれば、それに越したことはありませんが、現実的に考えて、あなたのすべてを受け止めることは、残念ではありますができません。

特に女性は、男性に対して「守ってほしい」という願望が強く、さまざまな場面で相手に受け止めてもらおうとしてしまいます。

自分を受け止めてもらうとしてもらうことは、けして間違っているわけではありませんが、相手もあなたのことばかり考えている時間はありません。

これは「他の異性のこと」というわけではなく、学生ならば学業を、社会人ならば仕事のことを第一に考えていかなければならないので、少し恋人が疎かになってしまうこともあります。

「甘えてたい」

「話がしたい」

「会いたい」

そのような気持ちはわかりますが、まずは少し相手の気持ちを考えてあげてください。

相手が忙しい時に、それらを言って困らせてしまうと、相手はあなたの要求を聞いてあげられない自分は「彼氏・彼女失格」とまで思い、別れを切り出してしまう人もいますので、少し相手のことを考えながら行動に移してみてください。

思いをすぐに口に出してしまう(別れなど)

今までは、一人で生活していたので、多少のわがままなどは、他人に迷惑さえかけなければ、あまり問題はなかったことだと思いますが、恋人ができたとなれば話は別です。

相手には相手の思いや考えがあるからです。

例えば
喧嘩をしてしまったときに、勢いですぐに「別れる」なんて、自らがその恋を終わらせようとする引き金を引いてしまう人も少なくはありません。

確かに、喧嘩をしている当時は本当に嫌になってしまうのかもしれません。
しかし、それは興奮してアドレナリンが上昇しているので、冷静な判断ができていないことのほうが多いのです。

仮に、もしその自分の発言で、その恋の幕を閉じることになったとしても後悔しないのであれば問題はありませんが、大半の人は“後悔しか”残らないことだと思います。

後悔しか残らないと思う人は、喧嘩などをしたときは、「一度、自分のなかに飲み込んでくさい
飲み込んで、冷静になったときに、自分の言葉で話し合いすることをおすすめいたします。

そうすることで、最悪なシナリオ、つまり別れることは飛躍的に少なくことだと思いますので、自分の心を静めてから、次の行動に移すことが大切です。

愛情をはかる

みなさんは相手が自分のことを本当に好きなのかどうか気になりますか?

みなさんの意見はわかりませんが、私自身は非常に気になります。

人間は他人に「どう評価され、どう見られているか?」をとても意識している生き物です。

しかも、それが恋人なんてなれば、自分のことを「本当に好きなのか?」と思うことは当たり前の行為なので仕方ないことなのですが・・・

相手が自分に“何を”してくれるかで愛情をはかってはいけません。

「毎日LINEやメールをくれるか?」
「頻繁に会ってくれるか」

など、必ずしも愛情と比例するわけではないからです。

相手にも相手の都合がありますので、それはLINEやメールを返せないことや、会うことが少なくなってしまうこともあるかもしれません。

しかし、それはあなたへの愛情が少ないわけではなく、ただ単純に“忙しい”からなのです。

良くも悪くも「恋は盲目」と言って、周囲の状況を冷静に判断する力が鈍ってしまいがちな傾向があって、友人からこのような話を聞けば、「それは忙しいからだよ。」と判断できることが、自分のときにはできないことのほうが多いです。

相手に無理をさせてまで、それらを要求してしまえば、次第に相手は疲れ切ってしまい、一緒にいたくなくなってきます。

束縛もこれと同様なことがいえます。

好きな人に嫉妬や束縛をしてしまうのは、当たり前な行為ではありますが、これを極端に許してしまうと、いずれは相手を見えないクサリで締め上げてしまうこともしばしば・・・

それでは、どうしても相手はそこから抜け出すために、別れや浮気といった逃げる道を作りかねませんので、自らが作った落とし穴にはまらないためにも、相手のこと尊重できるよう努めていくことをおすすめいたします。

まとめ

恋愛というのは“一人では出来ない”という言葉を肝に銘じながら、幸せな環境をつくってみてください。

あなた自身が考えかたを変えなければ、いつまでたっても恋愛が上手くいくこともありません。

恋愛で大切なことは相手への「気配り」・「目配り」・「心配り」なので、上記の3つ合せて、自分の本当の幸せを掴むチャンスを活かすことが大切と言えます。

他にも「恋愛が苦手な男性が上手に恋愛できる可能性がアップする3つの方法」や「恋愛が苦手な女性が上手に恋愛できる可能性がアップする3つの方法」などもありますので、参考にしてみてください。