彼氏(旦那)と喧嘩した時関係が壊れてしまうかもしれない3つの言葉

みなさんは彼氏(旦那)さんと「喧嘩」はよくしますか?

長くお付き合いすることになれば、育った環境が異なる二人が同じ環境にいれば喧嘩もしたくなくてもしてしまうものですよね?
なので、恋愛をしていれば喧嘩も付き物かもしれませんが、ここが問題です。

喧嘩のとき・・・

ついつい言い過ぎてしまうこともありますよね?
そこで今回は「彼氏(旦那)と喧嘩した時関係が壊れてしまうかもしれない3つの言葉」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

前の彼氏のほうが良かった

これは女性のみなさんも同じことかもしれませんが、過去の人と比べられて気分のいい人はいませんよね?
ましてや、喧嘩で言い合いをしているときに。

前の彼氏のほうが良かった!

なんて言われた日には、百年の恋も一瞬で冷めてしまいます。
確かに、本当に今の彼氏と昔の彼氏を比べたときには、昔の彼氏のほうが自分的にはいいのかもしれませんが、今一緒にいるのは昔の彼氏ではないのは一目瞭然なので、喧嘩をしているときには、別れより自分の思っていることを言わないと「気が済まない」という人は止むを得ないかもしれませんが、相手のことを考えるのであれば、絶対に過去の人との比較はしないようにしましょう。

男のくせに○○

男性はとても高いプライドを持っていることは、女性のみなさんは熟知していることだとは思います。
そのプライドを圧し折ってしまうのが、この“男のくせに”という言葉です。

女性からすれば。

「大したことではない」

「くだらない」

と思うこともあるかもしれませんが、男性は「見栄」と「プライド」は本当に大事にしている人が多いので、いくら女性のみなさんが頭に血が上ったとしても「男のくせに○○」という言葉を言うのは控えたほうがいいかもしれません。
また、「男のくせに○○」の「〇〇」の中にもっとも入れてはいけない言葉もあります。

なんだと思いますか?

それは
小さい」です。

男のくせに“小さい”なんて言われれば、火に油を注ぐようなもので、一向に喧嘩は収まらなくなってしまいますので、喧嘩を終わらせるためにも差し控えるようにしましょう。

あなた付き合わなければ良かった

これは「前の彼氏のほうが良かった」に比べて、最悪なセリフのひとつです。

完全否定されてしまうと。
男性は

だったら別れる?

などと、すぐに答えを急いでしまう人も中にはいます。
こうなってしまうと、どんなことで喧嘩していたのかの問題ではなく、別れの為の話し合いになってしまうことも多々あります。

そう思ったとしても、心の奥底で“グッ”っと堪えて、口に出すのはやめましょう。
一度言ってしまうと取り返しのつかないこともあります。

昔から「一度吐いた唾は飲み込めない」というくらい、言ってしまったことは、なかったことにはできないので、“あなた付き合わなければ良かった”は心の中だけで留めておくことにしましょう。

まとめ

喧嘩をすることは気分のいいものではありませんが、けして喧嘩するのも悪くはありません。

逆に本音でぶつかり合えて、相手の思っていることを引きだすことができますし、それで後に引きずらずに綺麗に終わりに出来るのであれば、溜め込むよりは喧嘩をするのは悪くないと思います。

ですが、上記の3つを言ってしまうと、男性の芯の部分の心まで傷つけてしまい、もしかするとこれがきっかけで“別れ”を向かえてしまう人たちもいる可能性もあります。

自分の気持ちを伝えないで、我慢するくらいなら思っていることをすべて言ってしまうという意見も間違っているわけではありませんが、なるべく女性のみなさんは上記の3つは言わないように努めていくことが、良好な関係でお付き合いを続けていけるでことだと思います。

せっかく、自分が好意を抱いた相手と付き合えたのですから、なるべく良い関係でいたほうがいいので、合せて「彼氏、彼女と上手に付き合える可能性が上がる5つのポイント」を参考にしてみてください。