飲み過ぎ注意!コーヒーやエナジードリンクによるカフェイン中毒

朝起き抜けのコーヒー、出勤前にエナジードリンクのように、現代では飲む人も多い事でしょう。

朝のコーヒーやエナジードリンクは、どこか気持ちがシャキっとするような感じがして良いですよね?

今では、コンビニや自動販売機にも売っているので、手軽さもあり、ついつい買ってしまう事もありますが・・・。

意外と落とし穴もあります。

コーヒーやエナジードリンクの中には、“カフェイン”という物質が入っており、カフェインを大量に摂取してしまうと、カフェイン中毒(依存性)になってしまう可能性があります。

カフェイン中毒(依存性)と聞いても、あまりピンとこないイメージがあるかもしれませんので、今回は「飲み過ぎ注意!コーヒーやエナジードリンクによるカフェイン中毒」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

カフェイン中毒(依存性)

寝不足や疲れが溜まってくると、カフェインの強い飲料に手を出しがちですが、初めのうちはそんな些細な気持ちで飲んでいたものも、気付かないうちにカフェイン依存している人も少なくはありません。

そもそも、カフェイン中毒(依存性)に陥ると、生活の一部として「カフェインを体内に取り入れたい。」という欲求に駆られる事があります。

朝飲む人は、朝起きて、『歯を磨く』、『顔を洗う』、『コーヒーを飲む』のように、習慣付いてはいませんか?

徹夜明けや寝不足時には、エナジードリンクを飲み、元気の前借りをしていませんか?

もしかすると、その何気ない習慣が、カフェイン中毒(依存性)の一歩かもしれませんので、注意が必要かもしれません。

カフェインを過剰に摂取してしまうと、身体に異常が起きてしまう可能性があります。

カフェイン中毒(依存性)の危険性

では、カフェインを過剰に摂取すると、身体にはどのような症状が起こるのか?

身体への影響は個人差がありますが、眠気覚ましで摂取し、不眠になる現象も症状の一つになっています。

他にも

・頭痛
・めまい
・下痢
・吐き気や嘔吐
・手足の震え(しびれ)

などを起こす可能性があり、酷くなると、意識障害を引き起こしてしまう事もあります。

また、カフェインを摂取する事で、利尿作用が働くので、夏場などや喉が渇いた時に水分補給のために摂取すると、脱水症状を促してしまう可能性もあるので注意をしてください。

妊娠されている女性がカフェインを過剰摂取すると、胎児の発達が著しく遅れたり、流産を招いてしまう可能性もありますので、合わせて注意をしてください。

カフェインの含有量

コーヒーやエナジードリンク以外にも、カフェインは含まれており、自分たちの身近な飲み物にも含まれています。

以下の表から、含有量を確かめてみてください。

1日の摂取量

カフェインの摂取目安として、健康な成人の人で、1日あたり400mgまでが目安とされています。

また、1度に摂取する安全な量は、200mgまでとされています。

1日400mgと聞けば、上記の表を見れば、気にならない量かもしれませんが、上記の表は100mlあたりの量なので、実際は、コーヒーの2~3杯くらいになるので、良くコーヒーを飲む人は、安全な量を守るようにいたしましょう。

まとめ

一度、依存をしてしまえば、なかなか抜け出す事が出来ないので、依存性という言葉があります。

カフェインの依存なんて・・・。

そんな安易な考えも、依存性への一歩になってしまう可能性にも繋がります。

カフェインの過剰摂取によって、最悪の場合、命を落としてしまう事も・・・。

なので、どんな事柄に対しても、『○○過ぎる』のような過剰な行為には気を付けるように心掛けてみましょう。

他にも、健康に関する内容は以下を参考にしてください。

あなたは大丈夫?心の老化度を診断とその老化を改善する方法

やる気がないは危険? 現代人を襲う「無気力症候群」とその対策方法

風邪を引きやすい原因を改善する為に必要な5つの方法