あなたは大丈夫?現代人が陥りやすい「スマホ病」の特徴と対策方法

あなたがお使いの携帯電話の種類は何ですか?

現代では、携帯電話を持っている多くの方々が、スマートフォンを持っている事だと思います。

スマホの利用率は70%近くあり、20代の利用率は95%以上にもなるそうです。

多くの老若男女の方に親しまれ“スマホ時代”何て言われるほど、現代の携帯電話業界をスマートフォンが支えています。

確かに、とても便利な物ではあるのですが・・・。

中には、知らないうち陥っている、「スマホ病」なるモノをご存知ですか?

そこで今回は「あなたは大丈夫?現代人が陥りやすい「スマホ病」の特徴と対策方法」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スマホ病の特徴

身体の不調こそ、人それぞれ異なるのは、当然と言えば当然かもしれませんが、他の病気、つまり、現段階では、他の病気や持病の疑いが全くない方に限り

なんとなく、肩がだるい。

ここ最近、なんとなく、頭が痛い。

などの、慢性的な症状がある方は、“スマホ病”に陥ってしまっている可能性が十分に考えられます。

では、どうして、スマホ病に陥ってしまうのか?

考えられる要因は、以下の内容があります。

操作の姿勢

多くの人が自分がスマホを操作している時の“姿勢”を意識した事がある方は少ないかもしれません。

体調不良を訴える人の中でも多いのが、スマホを操作している姿勢が、“前傾姿勢”で、操作している方がいます。

どうしても、前屈みになってしまうのは仕方のない事なのかもしれませんが、スマホ病という観点から考えてみると、少々問題がありますので、スマホを操作している時の姿勢は、意識してみてください。

姿勢を崩してしまうと、様々な不調が起こり可能性があるので、以下の内容も参考にしてください。

肩こりを引き起こしてしまう可能性がある4つの行動

眼精疲労

スマホやテレビ、パソコンなどを、長時間見るのは、目にとっては、あまり良いモノではありません。

理由のひとつとしてみれば、ブルーライトが原因が考えられます。

ブルーライトとは、他の光に比べるとエネルギーがとても強いので、瞳孔を収縮させようとします。

毎日のように、目を酷使しながら使っていれば、いつかは眼の疲れや視力の低下、肩・首などの周辺などに様々な症状が起きてしまいます。

現代では、技術の進歩により、このブルーライトをカット、抑える事が出来る物もありますので、しっかりと対策いたしましょう。

対策方法

では、そうなると大切になってくるのが対策方法です。

一番、誰にでも簡単に出来る方法は、平日などのお仕事の時は仕方はありませんが、休日などの何もしなくても良い日は、出来る限り、「スマホを触らない。

そんな日を作ってみるのもアリかもしれません。

休日を四六時中、スマホのゲームをやっている方もいますよね?

プライベートな時間を、どんな事に使おうが、個人の自由かもしれませんが、スマホ病という観点からしてみると、スマホを触らない日を作る事も必要になってくるのかもしれません。

お酒の「休肝日」と同じようなものですね。

まとめ

情報社会の現代では、スマートフォンは必要不可欠の必需品かもしれません。

しかし、便利であるがゆえに、使用頻度や時間が、あまりにも増えすぎてしまいますと、身体にも何らかの影響が出てきてもおかしくはありません。

どんな事柄でも、身体を休める事は、当たり前ではありますが、とても大切になってきます。

なので、なるべく身体に負担をかけない方法を考える事を心掛けるようにしてみてください。

他にも、スマホ関連の内容は以下を参考にしてみてください。

あなたのスマホをより有効的に豊かに初心者でも簡単にお得にする方法

惑わされないで!情報化社会に迷わない自分を作る3つのポイント

現代の若い人はネット(SNS)やアプリを利用して出会っている?