人付き合いに疲れた!そんな苦手な人間関係を向上する5つのコツ

みなさんは“人付き合い”は得意な方ですか?

学校の勉強と同じように、人付き合いも得意、不得意がある事だと思います。

しかし、得意な人はあまり考えた事は無いかもしれませんが、不得意な人ほど、「どうしたら人付き合いが上手くなるのか?」なんて考えた事がある人もいるのではないでしょうか?

考えれば考えるほど難しく、人間関係に嫌気が差してしまう人も少なくはありません。

では、どうすれば人付き合いが上手くいくのか?

そこで今回は「人付き合いに疲れた!そんな苦手な人間関係を向上する5つのコツ」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プライドの質

そもそもプライドとは、“自尊心”“誇り”の意味を持っている英単語で用いられる事が多く、このプライドが高い人ほど、自己の設定も高いので、融通が効かない傾向もあります。

特に、年齢を重ねれば重ねるほど、プライドの質も高まり、意固地になってしまう事も多々あるのです。

そんなプライドではありますが、人付き合いをする上では少し邪魔になる事もあります。

プライドを高く持つ事に問題はありませんが、高い人ほど、他人と衝突する事も多くなるので、人間関係を向上させるためには、小さなプライドなどは捨てなければなりません。

素直に他人の意見を聞かなかったり、上からモノを言う人とは、関わりを持ちたくなりませんよね?

なので、人間関係を高めていくためにも、小さなプライドなどなんて捨ててしまいましょう。

求めすぎない

Give&Take(ギブ・アンド・テイク)』という言葉を知っていますか?

相手に何かを与えた代わりに何かをもらい、何かをもらった代わりに何かを与えるという公平に対等な関係を差しています。

お互いに譲り合う、持ちつ持たれつの精神は、けして悪いわけではありますが、「何かを与えれば何かをしてもらいたい。」という気持ちが強いと、相手が自分の求めている内容と異なった場合、それに不満を覚えてしまう人も少なくはありません。

自分が与えた内容と相手の返しが“イコール”になれば良いのですが、人間には“価値観”というものがあるので、ほとんどが満足のいく内容などは返ってこないのです。

なので、相手に求めすぎないようにする事が人間関係を保っていくためには大切になります。

win-winの関係

win-winの関係は、ビジネス(経済)用語の一つで、自分と相手の双方に“得”のある関係を差し、人間関係にも用いられる事もあります。

では、ビジネス用語がどうして人付き合いに必要になってくるのか?

簡単な理由としてみれば、人間関係の中で、どちらかが“得”をして、どちらかが“損”をする関係が長続きすると思いますか?

どちらかがだけが得をするような関係では、当たり前のように損をしている人は居心地が悪くなってしまいます。

そうなれば、人間関係が向上するどころか、破綻してしまうのです。

なので、上記の『Give&Take(ギブ・アンド・テイク)』といっしょに考えてみると、考えやすいかもしれません。

気持ちの表現

あなたは自分の気持ちを上手に表現する事は出来ますか?

自分の感情を他人に表現するのは簡単な事ではないかもしれませんが、人付き合いを上手くしていくためには、気持ちを表現するのも大切なのです。

例えば、『阿吽の呼吸』という言葉をご存知ですか?

物事を一緒に行う時に、お互いの息が合う事を差しているのですが、人間関係を高めていく途中では、阿吽の呼吸という言葉が“足枷”になってしまう事もあるのです。

言わなくても理解してくれるだろう。

なんて思った事はありませんか?

これは“恋愛”にも同じような事が言えますが、人間関係を向上するためには、まずは相手に自分の全てを表現しなければ、絶対に相手にはわかりません。

気持ちを正確に相手に伝えるのは難しいかもしれませんが、なるべく自分の気持ちを伝えるように努めてみましょう。

距離感の心掛け

人間には誰にでも『パーソナルスペース』というものがあるのですが、このパーソナルスペースの境界線を関係の質以上に越えてしまうと、人間は“不信感”“嫌悪感”を覚えてしまいます。

これは人付き合いを高めていく上でもとても重要で、どれだけ優しい人でも、知り合って間もない相手がいきなりパーソナルスペースを越えてくると、拒絶してしまう人も少なくありません。

パーソナルスペースと一言でいっても、その仕切りの高さも人それぞれあるので、慎重にならなければならないのも事実です。

なので、初対面の人はもちろんの事、親しい間柄の相手でも、距離感そのものは大切にしていきましょう。

まとめ

人の考えや気持ちが手に取るようにわかれば良いのですが、今の段階ではAIのロボットですら出来ない事を生身の人間に相手の考えや気持ちを全て把握する事は出来ません。

ましてや、人間の言葉は時には、相手の心を抉るような“武器”にもなりかねないので、相手の気持ちを第一に考える事が必要です。

ですが、気付かないうちに相手を傷付けてしまっている事も多々あります。

そんな時は、一度吐いた唾飲み込めない事から、気付いた時には、しっかりと相手を“ケア”出来るような人間を目指してみてはいかがでしょうか?

しかし、仕事や生活の不安・恋愛の悩み・人生相談・人間関係のストレス・寂しさ・情緒不安定など、コロナ禍でより浮き彫りになってきていると聞きます。

でも誰に相談すればいいのか?

どこの機関にいけばいいのか?

そんな悩みを抱えている人も年々増えてきています。

そんな状況下で、ココナラなら占いの館やカウンセリング専門機関に行かなくても、1対1の完全非公開のトークルーム(チャット形式)で気軽にオンライン相談できます。

日常の悩みは後を絶ちませんので、ココナラの無料会員登録から人には言えない悩みなどを気軽にしてみてください。

スポンサーリンク

他にも、以下の内容も参考にしてみてください。

話し上手は聞き上手!聞き上手になる為に大切な3つのポイント

あなたは大丈夫?人間関係に疲れやすい人の5つの特徴と診断

怖がらないで!人間関係を円滑に出来る可能性が上がる5つのポイント