人間関係の向上のために話す力を上げるためにできる4つの方法

昨今SNS関連が人との繋がりを著しく流行している世の中ではありますが、まだまだ人とのコミュニケーションは大切だと思います。

そんな中、よりそのコミュニケーション能力を上げるには「話す力」が非常に大切になってきますので、今回はそんな話す力を向上させるためにも「話す力を上げるためにできること4選」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

言葉の強弱と感情

人と話すときに棒読みで話す人はいないとは思いますが、棒読みの何がいけないのかは、けしていけないわけではありません。

ですが、棒読みを聞いている側に回った時にはどうですか?

感情も入っていないので、聞いていてもつまらないですよね!

なので、人と話すときは言葉の強弱をつけるように心掛けるのは話す力の向上のひとつのポイントとも言えます。

言葉にアクセントを付けるだけで、相手に伝わる可能性も断然上がります。
まさに告白などが良い例です。

相手に自分の気持ちを伝えるときに感情も込めないで棒読みの人がいないのと同じで、自分の話を理解してもらう上で感情と言葉の強弱は大事だと言えます。

たくさんの人と関わる

いくら頭の中では理解していたとしても、たくさんの人と関わっている人と比べてしまうと天地の差が生まれてしまいます。

話すことを苦にせず、上手に話せる人はやはりいろいろな人と関わっているのも事実です。

なので、どんな人とでも構いませんので話す力をつけたい人は積極的にたくさんの人と関わることおすすめいたします。

人と関わることで、自分が知らない言葉表現方法を学ぶことができるので、一石二鳥ですね。

話す力を上げるには聞く力も備えておかなければならないので、同様に聞く力も養ってみてください。

人と上手く話せる可能性がアップする方法!」などを参考にしてみてください。

頭の回転を高める

意識して考えたことはないとは思いますが、人と話をするときには、かなり頭を使います。

・「どんな事を話したらいいか?」

・「相手はつまらなくはないか?」

・「相手に失礼な事を言っていないか?」

など、頭の中は大忙しです。

そんな中、頭の回転を高めることで、上記の事柄を瞬時に解決することできるので、話のクオリティを上げるための時間をつくることができます。

内容を考える時間があればあるほど、話の質も上がりますので、これも一石二鳥ですね。

ジャンルを問わず本読む

上記の頭の回転を高めたとしても、自分にボキャブラリーが豊富にないと、いくら時間が合っても話の質はあがりません。

ちなみに、ボキャブラリーとは簡単に言うといろいろな言葉を知っているということです。

このボキャブラリーを養うためには、本を読むことが一番重要になってくると言えます。

なるべく本の種類には固執しないで、さまざまなジャンルの本を読むことをおすすめします。
何でも構いません。

「漫画」、「週刊誌」、「小説」あらゆる本を読むことで、単語をたくさん覚えることができるので、そうなると話の幅も広がりやすくなります。

学ぶために、たくさん購入してしまった参考書や専門書も現代ではweb上にて買取ができます

web上にて買取金額を瞬時に調べることができ、他店との見積もりを比較することもできますし、専門書・技術書、定価の高い本は高価買取が可能です。

買取代金の振り込みも商品到着後、24時間以内に行う事ができるので、とても魅力的です。

この際に、家の押し入れや物置に眠っている本を探してみませんか?

詳しくはこちら⇒BOOKRIVER

スポンサーリンク

まとめ

SNS関連が流行っている昨今では、「話す力」の向上は求められないかもしれませんが、まだまだ人のコミュニケーションの中で、話すことは負けていません。

今でもメールやLINEなどの文章より、電話で生きた声を聞きたいと思う人も少なくはないと思いますので、是非話す力を向上させてみてください。

確かに「この4つでは足りないよ」という意見もあるかもしれませんが、まずはこの4つから話す力の向上の一歩にしてみてください。

また、話す力を上げることで脳の回転を高められて、脳が活性化されて鍛えることもできます。

脳はいくつになっても鍛えることができ、より認知機能の維持向上に効果が高くなる最新脳トレはこちら「脳を計り鍛える脳トレ【Active brain CLUB】

認知症の予防、仕事のパフォーマンス向上、地頭力・記憶力・集中力などのアップにつながる可能性がありますので、是非試してみてください。