働くのが嫌い?定職に就かない若者が増加してきた5つの理由

高学歴でも就職をしないで、フリーターやニート(無職)として生活をしている人も近年では多いみたいなのですが・・・。

なぜそのような人たちが増えてしまったのでしょうか?

現代の造語として、『ニート』、『フリーター』などの言葉が出来たのも、多くの若い人たちが定職に就かなかった事から生まれた言葉ではありますが、極端にそのような人たちが年々増え続けている現状も否めません。

また、世間で言う“高学歴”という人たちも、定職に就かずに、アルバイトなど食い繋いでいる人も現代では多く見受けられるのです。

一昔前までは、高学歴というだけで、大手の誰でも知っている会社で働ける人が多かったのですが、それがどうしてこのように変わっていってしまったのか?

そこで今回は「働くのが嫌い?定職に就かない若者が増加してきた5つの理由」を紹介していきます。

スポンサーリンク

やる気がない

何をするにも覇気がなく、欲望などの目的もない人が増えている傾向があります。

時代は違えども、一昔前の20代の人と現代の20代の人とは目の色が違います。

何か目のギラつきが違い向上心の塊みたいな人が多かったのですが、現代の人はなにかにつけて理由がまとわりつき、やる気を削がれてしまうこと多いので、やる気が出ないのも仕方のない話かもしれません。

私も以前は、何もする気が起きないことがありましたが、前を見なければならない“きっかけ”があったので、人間は何かのきっかけがあるのとないのでは雲泥の差だと思いますが、やる気が起こらない事は、精神疾患が関係している可能性も無いと言えば嘘になります。

なので、以下の内容も参考にしてください。

気分の浮き沈みが激しい?気分循環性障害の特徴と症状診断チェック

やる気がないは危険? 現代人を襲う「無気力症候群」とその対策方法

あなたは大丈夫?簡単に出来る自律神経失調症診断と原因・対策方法

夢がない

確かに、幼少期などには男性ならば「スポーツ選手」や「警察官」、「医者」などあったと思いますが、年月が経つにつれて現実を見れるようになり、自分が向いているのか向いていないかの自覚ができるようになってきます。

ある程度年齢が上がってくると、よほどのことがない限りは、現代では夢を持つことは容易ではないと思います。

確かに、夢を持つ事は自由なので、容易ではないとは言っても持つのは問題がないのですが、自分の今の現状を考えると難しいことには変わりありません。

そうなってしまうと、前に進む糧が見つける事が出来ずに、次第に前を向いて進む事に嫌気がっしてしまう人も少なくはありません。

自立ができない

一昔前は「早く家を出たい。」などと思った人も少なくはなかったですが、現代では家を出て、一人暮らしができるほどの御給金もよくなく、実家にいても貯金はまったくできないくらいなので、それならば会社勤めよりも、責任のあまり少ないアルバイトのほうを選択したくなる気持ちもわからなくもないと思います。

時代の流れには逆らえない事かもしれませんが、年々、正社員も責任ばかりを追及される事があったとしても、それに見合った“お給料”を手にする事が出来ない理由もあり、自立心がなくなってしまう事も・・・。

確かにアルバイトよりも、会社勤めのほうが福利厚生も充実している会社が多いので、そちらの方が良いという考え方もありますが、これに関しては十人十色なので、自立に目を向けるためにも、お金の事はしっかりと考えていきましょう。

お金・節約関連のまとめ

忍耐力の減少

いきなり定職に就かない人もいますが、中には「一度は定職に就いた。」なんて方もいるかもしれません。 ですが、様々な要因が重なってしまい、辞めてしまう人も現代では多く見受けられます。

その理由の一つとしてみれば、“忍耐力”が欠けている事も要因になってきます。

昔から「石の上にも三年」ということわざがあるように、すぐに辞めてしまうのは、耐える力がなさすぎるような気もしますが、『いじめ』が退職の理由の人もいるので、一概にも忍耐力のせいには出来ないかもしれません。

職場のいじめに関する内容は、以下を参考にしてください。

学生だけじゃない!社会でも会社でも大人によくある5つの「いじめ」

働かなくても収入が得れる

これが増えたのは大きいかもしれません。

世間一般的な目から見れば、「仕事もしないで遊んでばかりの道楽者。」というイメージはまだまだ拭えませんが、「YouTube」や「仮想通貨」などがまさに良い例で、家にいながらスマートフォンさえあれば、あらゆるジャンルで収入を得ることができる物がぞくぞくと増えてきたことが働かない人が増加してきた要因でもあるかもしれません。

様々なジャンルで稼ぐ事ができるようにはなってきたので、そのへんは昔よりは生きやすくはなったかもしれませんが、これらのことで稼ぐのは容易ではないので、安易な考で手を出すのは控えた方がいいかもしれません。

他にも、収入を得る方法は多彩にあるので、以下の内容を参考にしてください。

現代の豊富な副業と誰でも簡単にできる種類と内容

副業などの在宅ワークでお金を稼ぎたい人に必要な3つの特徴

お小遣いUP?リスク0?趣味を活かして副業収入を得る5つの方法

まとめ

人生はどんなことをして楽しむか人それぞれだと思います。

人生は一度きりなので、他人に迷惑をかけていなければ必ずしも定職につかなければならないという概念はないと思いますが、仕事から何かを見つけられる事もあるかもしれませんので、フリーターの人は就職へ、ニート(無職)の人はまずアルバイトでも一歩踏み台してみることから始め、将来を見い出してみてください。

しかし、働きたいけど・・・。

そんな方には【JAIC(ジェイック)】がおすすめです。

JAIC(ジェイック)は、既卒、第二新卒、大学中退、フリーター、契約社員、派遣社員といった非正規での就業経験のみの方、正社員経験3年未満の方の18~34歳の就職支援をワンストップで無償提供いたします。

就職支援のサービスは全て“無料”で行えて、ユーザーニーズに合わせた多様な講座もあり、厚生労働省委託『職業紹介優良事業者推奨事業』の職業紹介優良事業者としても認定されているので、より良い支援を受ける事が出来ます。

就職関連に悩んでいる方は、是非無料登録フォームからアクセスしてみてください。

スポンサーリンク

他にも、以下の内容も参考にしてください。

あなたも予備軍?ダメ人間になる可能性が上がる人の5つの特徴

誰でもなれる?魅力的な人間に近付く為に必要な5つのポイント

子供時代とは違う?大人の人間関係が疲れずにうまくいく7つの方法