悪質手口!新型コロナウイルスの拡大に便乗した5つの新手な詐欺事件

世界的な規模で爆発的に蔓延しているコロナウイルスです。

日本各地でも、今現在の感染者数は日に日に延び、1万5000人を超えている現状もあるのですが、一向に終息に向かう目処がたたないのが実状です。

そんなコロナウイルスなのですが、これだけ世界の人が困っているのにも関わらず、これに乗じて“悪事”を働く人も増えてきます。

どうしてそんな事をするのか?

などと感じる事はありますが、悪い人の思考を考えても見も蓋もありませんので、コロナ渦の中、新手な詐欺に巻き込まれない為にも、今回は「悪質手口!新型コロナウイルスの拡大に便乗した5つの新手な詐欺事件」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

通販型

ネットショッピングを利用している割合は、近年増加傾向があり、コロナウイルスで“不要不急”の外出が著しく出来ない事で、よりインターネット通販を利用する人が増してきています。

そんな人の行動を見据えた、偽サイトで騙す手口が横行しているのも事実です。

1回の購入のつもりが定期購入になっていた。

購入商品と全く違う物が届いた。

など、悪質極まりない現状がある事をどれだけ理解していますか?

スーパーやドラッグストアなどで、マスクや消毒液の品薄に便乗して、悪事を働く人がいる現状も拭えないのです。

大半のインターネット通販は、安全で安心できる優良サイトなのですが、ごく一部の悪質(不審な)業者は後を絶ちませんので、購入ボタンを押す際には、確認などは怠らないようにしましょう。

通知型

通知型の手口として、主に『電話』や『ダイレクトメールDM(郵便やメール等)』などで行われています。

これらの手口から、銀行口座の番号などの個人情報が奪われたり、大切なお金を失うきっかけになっている現状があります。

また、注文・購入した覚えの無いにも関わらず、マスクや消毒液が送られてくる事例もあるので、見に覚えの無い商品には手を触れないようにしてください。

これはダイレクトメールなども同様で、見に覚えの無い注文・購入に対しての支払いを求めるメールなどは、フィッシングサイトへ誘導をして、個人情報を騙し取ろうとしている可能性もあるので、絶対に開かない(アクセス)でください。

上記の「通販型」も「通知型」を防ぐには、家族の中での“情報共有”が一つの対策に繋がるので、心掛けるようにしてみましょう。

スポンサーリンク

給付金型

国が10万円の給付を発表してから徐々に増えていった詐欺なのですが

特別定額給付金の申請手続きを代行する。

給付金を振り込む口座と番号を教えてほしい。

手続きにキャッシュカードの暗証番号が必要。

など、言い方を変えながら、たくさんの口実を使い、大切なお金を奪い取ろうと試みます。

特に給付金の詐欺の被害は、“高齢者”に多い傾向があり、政府の給付金への対応が遅いからこそ、それに漬け込んで、このよう詐欺が横行しているので、自分自身もそうですが、自分の親が被害に遭わないためにも注意が必要です。

また、給付金だけに限らず、コロナウイルスをネタにして、お金を詐取する事件もたくさんあるので、これを機に家族内でのセキュリティを高めてみてください。

自分の親は大丈夫?振り込め詐欺に遭わない為の3つの対策方法

訪問型

訪問型の一例として
・市(自治体)の職員
・工事業者
・警察官(総務省等)

などを装い近付いてきます。

助成金の手続きの為に口座を教えてほしい。

近所で感染者が出たので消毒をする。

排水管(下水)にウイルスが流れている(汚染されている)。

このような事を言われれば、“不安”を覚えて任せてしまう事もあり、言われるがままになってしまいますよね?

特に多いのが、上記の給付金関連や工事業者が多いので、自分たちが出来る対策として、絶対に「家の中(玄関等)に入れない。」これを頭の片隅にでも置いておきましょう。

また、これらの訪問があった場合は、『消費生活センター』や『警察署』に相談するようにしてください。

スポンサーリンク

特殊型

特殊型の詐欺の特徴として、全てではありませんが、「コロナが影響をして」というニュアンスの言葉が使われる事が多々あります。

新型コロナウイルスの影響で金の相場が上がる。

コロナの影響で次は○○が無くなる。

などのような触れ込みを用いて、“勧誘”もしくは“詐欺”の怪しげな情報へ誘導してくるので、惑わされないようにしてください。

しかし、新しい事柄が起きると、何もわからない事も多く、安易に飛び付いてしまう事も多々あるので、こんな時こそ冷静に判断をするのが大切です。

とは言っても、なかなか冷静に判断するのも難しい事もあるので、こちらも⇒参考にしてください。

まとめ

コロナだけに限らず、新手な詐欺事件はどんどん増えてきています。

ですが、このような話を聞くと「自分だけは大丈夫。」などの過信を持つ人もいますが、油断は禁物です

日頃から防犯意識を持っている事で、いざという時に力を発揮出来るので、被害に遭わないためにも、他人行儀に考えるのだけはやめてください。

万が一に、上記の5つのような詐欺の被害に遭いそうになった場合は、『消費生活センター』や『警察署』などに相談してくたさい。

また、コロナだけではなく、詐欺事件は未だに少なくならない現状も拭えないので、詐欺の被害に遭った場合は、相談無料・着手金無料。ネット副業関連の詐欺被害は「弥栄法律事務所」までお問い合わせください。

スポンサーリンク

他にも、以下の内容も参考にしてくたさい。

感染症に備える!新型コロナウィルスから体を守る5つの予防対策方法

気を付けて!コロナウイルスに感染しない為に大切な5つの心構え

認識不足?コロナウイルスの感染リスクが高まる5つの行動