人間関係を壊さずに良好な関係を保つ4つの方法

どんな技術が開発されて進歩したとしても、人間関係を良好にしていくのが一番苦労します。

学校、職場、プライベートまで人と人は必ず交じり合わないと生きていくことが困難とまで言われているなかで、人間関係を保つのはかなり難しいですよね。

そこで、今回は最低限人間関係を壊さないで良好な関係を保つ方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

上から目線

みなさんの身近には上から目線でものを言う人は身近にいたりしませんか?

会社の上司に言われてしまうのは仕方ないことかもしれませんが、それにだって多少なりとも“言い方”があります。

必ずしも言えるわけではありませんが、自分が言われて嫌なことは相手も嫌な傾向はあります。

わざわざ下から相手に接していく必要がないように、上からもいく必要はありません。

相手と同じ目線で接することにより、少しでも良好な関係を築いていってください。

異性関係

同性の友人関係が崩れてしまう可能性があるのが、この異性関係です。

相手の大切な人を奪ってしまうのですから当然のことに思えます。

どれだけ相手からモーションをかけてきて、ほんの出来心だったとしても友人の彼氏や彼女の浮気相手になんてなったしまった場合は、いくら親友と呼べる存在の人でも儚く終わりを迎えてしまいます。

とはいえ、世の中にはいろいろな人がいると思うので、自分がしっかりして「NO!」ときっぱり言える人になれるのがベストですね。

浮気しやすい男性の5つの特徴」、「浮気しやすい女性の4つの特徴」という記事もあるので参考にしてみてください。

親しき仲にも礼儀あり

これはどんなことにも言えますよね、ですが良好な関係を保つには一番重要なことと言えるのは確かです。

簡単なことではありますが

人から何かもらえば「ありがとう

なにか失敗をしてしまったら「ごめんなさい

これが当たり前のように思えることも、これができる人とできない人では雲泥の差がでてしまうので、人間関係を良好にするにはまずは「親しき仲にも礼儀あり」という言葉を意識することから始めてみてください。

お金

いくら心を許した相手や身内にだって、金銭の貸し借りはしていけません。

「え?心を許した相手なら・・・」
と思って人もいるとは思いますが。

なぜ良くないかというと、無意識のうちに上下関係ができてしまうからです。

お金を借りている方からしてみれば、あまり横暴な事柄でなければ、「貸してもらっている」という心情があるので、断りにくくなってしまいます。

ましてや、借りたお金を返さないということは言語道断ではありますが、そのようなことになれば、必ず人間関係は崩れてしまいます。

昔から「金の切れ目が縁の切れ目」というように、できる限り金銭のやりとりは控えるようにしましょう。

金銭的な面では困ることもたくさんあるので、こちら⇒「あなたはどっちの体質?お金持ち診断チェック」も参考にしてみてください。

まとめ

人間関係を壊さず、良好な関係を保つのは簡単なことではありません。

自分自身も本当に苦労してきましたが、お互いがお互いの為に考えたり行動することにより、良好な関係を作ることができる第一歩は踏み出すことは可能です。

自分を表に出すことは大事なことですが、まずは自分がされて嫌なことは相手にもしないということから実践してみると簡単かもしれません。

他にも「気を付けて!人が操られるメカニズム5選(心理術)」や「憧れのあの人と付き合いたい!大事な人と良好な関係を作る簡単な方法」というのもあるので参考にしてみてください。