もうくよくよ悩まない!気にしすぎる体質を変える5つの方法

くよくよしてしまう気にしすぎ体質の人に向けて、心を軽くする方法をご紹介します。
仕事でミスをした」など、ひとつのことが気になってくよくよ悩んでしまうことってありませんか?

気にしすぎとは、身のまわりの出来事や情報をうまく処理できず、同じことをぐるぐると考え続けてしまう状態で気持ちが消えずにどんどん溜まっていく“心の便秘”といえます。

最近は、SNSなど相手の顔が見えないツールが増え、思うように気持ちのやり取りができず、他人とのコミュニケーションに悩む人が増えています。
気にしすぎは性格のせいにされがちですが、原因は人それぞれ。

気にしすぎから脱却する方法、ありのままの自分を受け入れるにはどうしたほうがいいのか?
まずは普段の生活の中で、次のことをやっていきましょう。

スポンサーリンク

スマホを見ない日をつくる

今は何をしなくても、どんどん情報が入ってくる時代。

確かに、いろいろな情報が入ってくることは、知らないことが減るということなので、非常に良いとは思いますが、情報が多いほど不安のタネが増えるてしまいます。

しかも、ネットの情報は一概にも正しい情報ばかりではありません。

あなたを惑わそうとする情報もありますし、大半の情報に正確性があるという根拠はありませんので、あまり意識しすぎるのは疲れてしまいますよね?

なので、まる一日スマホを見ない日をつくることによって外からの刺激をシャットアウトし、自分を守りましょう。

携帯を一日触らないないのは、正直自分自身も初めは不安ではありましたが、休日のどちらかだけでも触らない習慣を作ってからは気にならないようになったので、みなさんも良ければ試してみてください。

欠点を直そうとしない

人見知り」など、欠点だと思っている部分も大切な個性です。

その個性を直そうとするよりも、自分の良いところを伸ばすことにエネルギーを注ぐことにすると、そうすれば欠点と思う部分も、いい方向に伸びていくものです。

欠点を気にしてしまう人の特徴は、「自分だけ欠点持っている」という概念もあるかもしれませんが、実際のところ世の中で生きている人の大半は“欠点”を必ず持っています。

よくよく人に話して考えてみると自分で思っているほどの欠点ではない可能性もありますので、自分の嫌な場所を欠点だとは思わず、前だけを見れる環境を作ってみてください。

自分自身も昔から容姿のことを気にしていた時期があるのですが、どうあがいても改善はできても治すことは整形などのお金が掛かることばかりだったので、諦めてしまいました。

ポジティブ思考をやめる

くよくよするのは「よくないこと」と思われがちですが、「ポジティブになるべき」と無理に思うのは、心の負担になり逆にマイナス思考が加速してしまいます。

ここで言いたいのは前を向くことは非常に大切です。

しかしここがポイントなのです。

前を向く意識は大事なのですが、それを意識するがゆえに自分の行動に制限が掛かってしまうくらいならば、考えない方がいいということです。

無理に何かをすることは人間の身体はストレスを感じてしまいます。ただ、ポジティブ思考になるために行っていた事が気づいた時には身を滅ぼしてしまう可能性がありので、できることからコツコツ努力することをおすすめいたします。

静かな場所でボーっとする

1日1回2 ~ 3分、落ち着ける場所で頭を空っぽにして、何か考え事が浮かんだ場合は「今は関係ない」と無視しましょう。

これをくり返すことにより余計な考えが浮かばなくなり、自分の気持ちを受け入れるベースができます。

会社勤めをしていたり、家庭の事ばかりしている時のあなたの頭の中はフル活動しています。いつも神経を張り巡らして生きている環境はくよくよしてしまう環境を促進しかねないので、1日2,3分の時間は現実逃避できる時間を作ることにしてみましょう。

精神を落ち着かせることにより、今まで追われる毎日でもリラックスすることが、心の余裕を生み出します。

本音を言ってみる

ストレスが溜まっても発散できず、心に溜め込んでいませんか? ときには本音を吐き出すと、気持ちが楽になります。
家族や友人など、誰かひとり本音を言える相手を見つけて、気にしすぎは成長する過程でとても重要なことです。

悩ましい出来事が起こったら、「これは自分を成長させるために必要なこと」と思い、「今の自分は、とことん悩むことが大切」と思えば、くよくよすることがなくなると思います。

心が軽くなるかもしれないので、まずは上記のことからひとつずつやってチャレンジしてください!

自分には時間がないと思う人も少なくはないとは思いますが、自分の心と体を気遣うと思って、まずは1日5分でも良いので、少しずつ前に進んでみてください。

まとめ

悩むことは、自分を見つめ直すこともできるので非常に大切なことではあるのですが、一人で悩むといつまでたっても答えが出ないこともしばしば・・・

友人に相談できることなら、良いのですが、中には友人にも言いにくいこともたくさんありますよね?

そんなときは、会員数1万人以上のいつでも、どこでも、相談できる、オンラインカウンセリングの【cotree】などを利用してみるのも、ひとつの手かもしれませんね。