自分自身にとって本当は必要のない人の3つの特徴

必要のない人間は、この世にはいないかもしれません。

人間は、個々に見えない役割を持っていて、知らず知らずに、その役割のために生きている事も多々あります。

ですが、“自分にとって”は、必要のない人は、世の中にはいますよね?

会社の上司や同僚に対しては、いくら必要がなくても関係を断つ事は出来ないかもしれませんが、プライベートではどうですか?

プライベートでも、自分にとって必要のない人とは関わりを持ちたくないと思うのは必然的だと思います。

そこで今回は「自分自身にとって本当は必要のない人の3つの特徴」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

素を出せない

人間社会で生きている以上、滅多に自分の本来の姿、素を出せる事は少ないかもしれません。

ですが、プライベートな時間くらいは素を出しても問題はありませんよね?

しかし、そんなプライベートな時間で接している相手なのにも関わらず、自分の素を隠さなければならない相手もいる事だと思います。

自分の思っている事が言えない。

自分の考えよりも、常に相手を優先しなければならない。

などと、自分の感情を偽らなければならない人は、あなたにとって、本当に必要な人ではありません。

“持ちつ持たれつ”という言葉があるように、時には自分の感情を抑えなければならない事もありますが、常日頃から感情を偽ったり、素を出せない相手は、自分にとっては本当には必要のない相手なのです。

無理をする

上記の「素を出せない」のところでも記載しましたが、“持ちつ持たれつ”という言葉があるように、時には、人間関係を上手くやっていく上では、感情を抑えなければならないかもしれません。

しかし、自分の感情を抑えるあまりに、無理をしてはいませんか?

無理をする事によって、ストレスなどは感じていませんか?

相手に嫌な顔をされない為に、顔色を伺い、自分の気持ちなどをないがしろにしなければならない相手は、本当に自分にとって必要な相手ですか?

確かに、あまり友人が多くない方からしてみれば、その人と縁が切れてしまえば、自分が一人になってしまうので、そのような相手でも「友人関係を続けていくしかない。」と、思っている方もいるかもしれません。

しかし、それと「無理をする」という事は、比例いたしません。

ましてや、この世の中で、その人しかいないのであれば別かもしれませんが、世の中にはたくさんの人間がいます。

なので、自分が無理をしなくても付き合える関係の相手を見付けてみてください。

損害がある

損得勘定で物事を見る必要はありませんが、自分にとって損害がある相手とはいる必要はありませんよね?

例えば

・毎回のように、相手に奢っている。

・パシりのように利用される。

・相手の都合で呼び出される。

などのように、友人関係を微塵も感じさせないような相手は、本当に自分にとって必要な相手ですか?

損得を考える必要もないのですが、自分にがある人間は、付き合う以前の問題だと思います。

なので、損害がある相手とは、被害が広がる前に、なるべく早めに関係を断つ事をおすすめいたします。

まとめ

自分に必要があるか?ないか?では、交友関係を続けているわけではない事はわかりますが、自分にとってマイナスな相手とは、今後の事を考えても、関係を断つ事も必要です。

関係を断つ事は、とても勇気のある内容かもしれませんが、自分が傷つかない為です。

一歩前に出る勇気を持って、より良い交友関係を作ってみてください。

他にも、人間関係の関連は以下の内容を参考にしてみてください。

人間関係を壊してしまう可能性が上がる3つの自分の行動

気をつけて!あなたを不幸にする可能性がある人の5つの特徴

絶対に手放してはダメ!自分にとって本当に必要な人の3つの特徴