人間関係を壊してしまう可能性が上がる3つの自分の行動

皆さんの、人間関係はどうですか?

良い関係を築けていますか?

人間は、なかなか“一人だけ”で暮らしていくのは難しい事もあります。

何かのテレビで、「人と人は支え合って生きている」なんて言葉を聞いた事もある人もいるのではないでしょうか?

異論がある人もいるかもしれませんが、少なからず、人は誰かを支え、誰かに支えてもらって生きているかもしれません。

そんな人間関係を自分自身で壊していた原因を作っていたとすれば、どうですか?

自分自身ならば、見直さない手はないと思いますので、今回は「人間関係を壊してしまう可能性がある3つの自分の行動」を紹介してきたいと思います。

スポンサーリンク

ネガティブ思考

ネガティブ」、「ポジティブ」、という言葉がある事は、ご存知だと思いますが、単純にどちらの人と関わりたいですか?

せっかく関わるのであれば、「ポジティブ」な人と関わりたいですよね?

時には、落ち込む事も生活をしていれば、ないと言えば嘘になりますが、常に、ネガティブ思考を全面に押し出されてしまうと、付き合っていても楽しくありません。

明るく振る舞えれば良いかもしれませんが、ネガティブ思考が強い人もいます。

なので、人と関わるときは、ひとつ心のギアを上げて、付き合う事が出来れば、自らが関係を壊す事は少なくなりますので、出来る限り関わるときは、モチベーション“ひとつ”上げる事にしましょう。

他人の愚痴

好きな人も中にはいますが、一緒にいて、他人の悪口や愚痴ばかり言う人は多くはない事だと思います。

ですが・・・。

悪口や愚痴ばかり言っている人ってどうですか?

これも上記の「ネガティブ思考」と同様に好まれる人はあまりいませんよね?

悪口や愚痴もいいですが、相手の立場や頻度を弁える事が大切です。

どんな事柄でも“○○過ぎる”行為は好まれない可能性もありますので、行き過ぎた行為をしてしまう人は注意してみてください。

相手の気持ちを第一に考えられる事が、関係を壊さないための一歩かもしれません。

身勝手な行動

集団生活をしている時などで、特に嫌がられるのは、この“身勝手な行動”です。

確かに、個々の意見はとても大切な事ではありますが、集団生活をしていく上で、一人一人が自分を全面に出してしまうと、上手くいくものもいきません。

それを踏まえて、皆が協力しあっている中で、自分一人だけが、我を通そうとしていたら、どうですか?

個の力が集まって、ひとつの大きな物になるのは事実ではありますが、それは「協力すれば」の話です。

個々が、身勝手な行動を取れば、集団生活は成り立たず、崩壊してしまい、どうしても身勝手な行動は、関係を壊してしまう可能性が上がります。

まとめ

上記の3つを見て、「そんなの当たり前だよ。」という気持ちや考えになった人もいるかもしれません。

しかし、そう思えた人は、日頃から無意識のうちに、上記の3つを心掛けているからこそ、そう思えるのです。

ですが、そう思える人ばかりではないのは、世の中で生活していれば、理解して頂ける事だと思います。

なので、ひとつでも思い当たる節がある方は、人間関係を壊さないためにも努力してみてください。

他にも、「人間関係を壊さず、良好な関係を保つ4つの方法」や「人間関係の向上のために話す力を上げるためにできる4つの方法」などを参考にして頂いて、人間関係の向上に役立ててください。