急増!高齢者ドライバーの交通事故を未然に防ぐための3つのポイント

高齢者ドライバーの事故は、毎日のように、ニュースになっています。

高齢者だからと言って、事故を起こしているわけではありませんが、特に最近は目立っているのも事実です。

逆走や、踏み間違え、わき見運転など、絶対にあってはなりません。

「それはわかってる!」

みなさん、口を揃えて仰ることだと思います。

では、どうして、事故は起きてしまうのか?

頭では理解していても、肉体的な老化や、とっさの判断力の低下はは拭えません。

ですが、対処する事は出来ないのか?

そこで今回は「急増!高齢者ドライバーの交通事故を未然に防ぐための3つのポイント」を紹介してきたいと思います。

スポンサーリンク

免許の更新頻度

面倒ではありますが、3ヶ月に1回、半年に1回のように、期間は短いような気もいたしますが、ここまで高齢者の事故が多い現状を打破していくためにも、これくらいの期間を設ける必要があるかもしれません。

近くの免許センターではなく、教習所などで行う事が出来れば、更新手続きに行くのも、さほど手間が掛からないので良いかもしれません。

確かに、これは自分たちでは、どうにもする事は出来ませんし、行政がどうにかしなければなりませんが、似たような事ならば出来ます。

お金は多少の額は掛かりますが、お近くの教習所で、自分の運転を見直す事です。

高齢になり、自分の運転に不安がある方は、練習や確認のためにも、一度、教習所を訪れてみる事も考えてみてください。

自分は自信があるから。

そう思っている方も、逆に危ないので、一度、試してみてください。

ブレーキ装置の義務化

現代では危険を予測して、自動でブレーキをしてくれる機械も世には出回っています。

近頃、アクセルブレーキの踏み間違える事故のニュースが後を絶ちません。

「どうしたら、アクセルとブレーキを間違えるの?」

と、感じる人もいるかもしれません。

 

しかし

仮に、いきなり目の前が真っ暗になったとすれば、どうですか?

焦りますよね?

物事が急に変化すると、どうしても不安や焦りの衝動に襲われ、とっさの判断が出来ない事もあります。

このような事から、踏み間違えの事故が起こってしまうのです。

なので

今は、ブレーキ装置を義務化をする法律はありませんが、法律がなくても、アクセルとブレーキを踏み間違える事故を防ぐためにも、ブレーキ装置を付ける事をおすすめいたします。

体に不自由がある場合は運転をしない

本来ならば、体に不自由がある場合に運転する行為は、「安全運転義務違反」という道路交通法に違反してしまいます。

これは、風邪なども同様な事が言えます。

安全運転義務違反は、主に、わき見運転や煽り運転、無灯火などもありますが、体調不良の際に運転をすることも、正常な判断が遅れ、他人に危害を及ぼす可能性もあるので、違反に問われる場合もあります。

ましてや、年齢と共に、体の可動域にも限界がきてしまうのは拭えません。

自分に運転をする“自信”があったとしても、急な対応などの判断力も徐々に衰えている可能性もありますので、注意してみることをおすすめいたします。

まとめ

自分の頭の中では“大丈夫”と思っていても、意外と体は年齢と共に、正直な動きをします。

心と体が、上手く連動する事が出来ていれば良いのですが、「いつまでも若くいたい。」という感情から、自分の“老い”を認めたくないという人も多く見受けられます。

ですが、何かが遭ってからでは、遅いです

知っての通り、車は上手に使う事が出来れば、凄く便利な物ではありますが、一歩間違えば、走る凶器にもなりかねませんので、周囲の方の意見には、十分に耳を傾ける事が大切です。

周囲の方も、「自分の親だけは大丈夫」と、過信するのではなく、どれだけ聞き分けのない親御さんでも、事故の加害者にさせない為にも、免許の返納などの説明を怠らないように努めていってください。

高齢者の方だけではなく、「ハンドルを握る」ということは、いつ“加害者”になるかはわからない。

という事だけは、肝に銘じておいてください。