現金派?それとも電子マネー?4つのメリットとデメリット

みなさんは現金派ですか?それとも電子マネー派ですか?

現代ではさまざまの電子マネーが多く出回っているみたいなのですが、実際は現金とどちらが便利で使い勝手がいいのでしょうか?

なので、今回は「現金派?それとも電子マネー?3つのメリットとデメリット」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

時間効率の良さ

時間効率という観点からみてみると、電子マネーのほうが有効的かも知れませんね。
電子マネーの場合は“ワンタッチ”で支払いができるのに対して、現金の場合は店員さんに現金を渡して、おつりを貰う。

これらの動作はほんの1分もかかる行動ではありませんが、今回は電子マネーと比較しているので、1分もかかるのは遅いかもしれません。

朝などの通勤時にコンビニや駅の売店などで、新聞やコーヒーを購入するときには、よりその速さが痛感できることだと思いますので、使用したことのない人は使ってみると実感できることでしょう。

消費量

電子マネーは1回に多くの現金を入金する人もいれば、少ない現金を数回に分けていれる人とまちまちです。

一度入金してしまうと引きだすことができない物も多く、使用するために入金しているのですから引きだす必要性はないかもしれませんが、現金とは違い、意識して見ていないとどれだけ使ったかわからないことも少なくはありません。

現金ですと、何か物を購入するときにはお財布の中身を確認することから、買うまでの動作のなかで「買うのをやめる」という選択肢もできるための時間も増えることから、消費してしまうことだけを見るならば、電子マネーは向いてない可能性があります。

貯金のしやすさ

これは消費量でお話したことと比例していることもありますが、電子マネーは現代ではスマートフォンにも内蔵されているものも多いということから、計画的に利用しないと月の請求額の多さに目が飛び出してしまうような請求額がきてしまった人もいるのではないでしょうか?

自分自身も人のことは言えませんが…

現金では消費量でお話した通りで、購入するまでの過程で考える時間がありますので、消費量と貯金のしやすさの内容からみると、電子マネーよりは現金派の人の方が貯金しやすいかもしれません。

他にも主婦の人におすすめの「主婦の見方!買い物上手になって、その分貯金生活を!」なども参考にしてみてください。

店舗の問題

ぞくぞくと電子マネーを利用することができるお店などが増えてきていることは現実ではありますが、実際はまだ“すべて”というわけではありません。

もし、自分が欲しい物を買いに行っても電子マネーが使えなければ、現金で支払う破目になりますので、今の段階ではまだ現金のほうが絶対かもしれません。

現金を所持していて、買えないお店はありませんからね。
ですが、これからは「キャッシュレス」という言葉があるように、いろいろな店舗で電子マネーの利用が増えてくるので、利用してない人は使うことがなくても所持しているだけでもいいかもしれません。

まとめ

電子マネーの利便性はとてもたくさんあることだと思います。

小銭が財布に嵩張ってしまうこともありませんし、カード1枚で支払いを行われるので時間効率も上がりますが、中にはそれを悪用しようと考える人もいるのです。

なので、悪いことだけ考えると、電子マネーは電波から、現金ではスリなどの窃盗とたくさんあるので、悪用されてしまうと言うことからはどちらが良いとは言い難い部分もあります。

ですが・・・
現金も電子マネーも、みなさん使いすぎには注意してくださいね。

他にも「お金がない人が借金と上手に付き合う方法とその注意点」や「あなたはどっちの体質?お金持ち診断チェック」などを参考にしてみてください。