引きこもりを脱出!前に一歩踏み出せる可能性がアップする4つの行動

前回「引きこもりを脱出!前に一歩踏み出せる可能性がアップする4つの行動」でお伝えした通りで、引きこもってしまうと色々と身体に影響があることはわかって頂けたと思います。

初期の段階ならまだしも、長い間引きこもっている場合では異変が起こってしまったものを治すには、たくさんの時間とお金が必要になってきてしまいます。

そこで今回は「引きこもりを脱出!前に一歩踏み出せる可能性がアップする行動4選」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

思い立ったらすぐ行動

実際にこれができていたら引きこもってない”という意見もあるとは思いますが、そこは物は考えようです。
そんなに大掛かりのことをするのではなく、ここでは極端に言えば「後回しにはしない」ということです。

引きこもっていると、今すぐにやらなければならないことはありません。
食事」がまさに良い例です。

会社勤めの人は朝の7時までに食べなければ食べれないということもありますが、引きこもっているといつ食べても変わりありません。
なので、食べようと思ったら重い腰上げて、思ったときに行動できるように努めてみてください。

夜型の生活を戻す

比較的に引きこもっている人の多くは、夜型の生活をしている人も少なくはないのでしょうか?
やはり「引きこもり」から脱失するには、夜型の生活から脱失する必要があります。

なぜかというと、それは仕事の関係です。
夜間の仕事もあるよ?という意見もありますが、比較的仕事の数が多いのは昼間の仕事です。

実際は個人の状況にもよるので、一概にも昼間の仕事が良いとは言い難い部分もありますが、昼間の仕事の方が夜間の仕事よりも人と接する機会が増えてきて、早く引きこもり生活から脱失できる可能性が上がるからです。

怖がらずに人との会話を増やす

人間はあなたの敵ではありません。
しかし、こればっかりは自分で経験しないと納得のいく答えは出せないと思います。
自分自身も引きこもった経験はありませんが、過去の事から人と関わるのが億劫になってしまい、人と会話をするのが怖くなりました。

ですが、これではいけないと思い、初めは嫌々ではありましたが話をしていくうちに克服できるようになりました。
嫌々でも前に一歩ずつ進もうと努力するだけでも何らかの変化があると思うので、後ろを振り返らずに前に進んでみてください。

目標をつくる

大金持ちになる」や「社長になる」など、大きな目標を設定するのも悪くはありませんが、いきなり大きな目標持つと、達成することができずに挫折してしまう可能性があるので、まずは引きこもる事からの脱出することに目を向けて、まずは小さな目標を作ってみることをおすすめします。

具体的には「早寝早起きをする」や「1日ひとつは何かをやる」など、他人から見れば目標ではないことでも、そんなことは関係ありません。
些細なことからコツコツ積み上げていく方が自分への負担も軽減してくるので、まずは小さな目標から努力してみてください。

まとめ

引きこもっている自分を「ダメな人間だ」などと思ってはいませんか?

しかし、あなたはけしてダメな人間ではありません。

なぜだかわかりますか?

それはこの記事を読んでいる、見ている、調べた時点で、あなたが一歩前に踏み出したからです。
社会に出ていたとしても、胸を張って自分はダメな人間ではないと証明できる人は中々いません。

なので、時にはいいかもしれませんが、どんなことでも“立ち止まる”ことが良くないことです。
記事を見て少しでも前向きな気持ちになれたあなたは一歩前に進めた証なので、どんな些細な事でも「自信」を持ってください!

人間は変わる気が合って変わろうと思えば、1秒後には変れます。
脱出するために 就職をめざすなら「脱ニート!脱フリーター!+若者正社員チャレンジ事業」こちらを!
ひとまず、自分のペースで一歩ずつ進みたい人は、まずはアルバイトの「3分でサクッと稼ぐなら『ギガバイト』」や、女性の方には「【スマホあればOK】VI-VO(ビーボ)のチャトレ」を参考にして、立ち止まらずにコツコツと遠回りしても一歩ずつ自分の理想に進んで行ってください。