黄ばみが目立つ?気になる脇の汗と臭いを少しでも抑える対策と方法

いきなりですが、あなたは汗っかきな方ですか?

汗が出るのは、人間が生きていれば、男女問わず誰しもが起こる、身体には欠かせない生理現象の一つです。

そんな身体には必要不可欠な“汗”ではありますが、清潔感のあるさわやかな汗なら気にならない事でも、どこか不快に感じたり、「匂っているのではないか?」なんて思う人も中にはいますよね。

例え、汗をかくのが必然だったとしても、どうにかなるのであればどうにかしたいのが心情だと思いますので、今回は「黄ばみが目立つ?気になる脇の汗と臭いを少しでも抑える対策と方法」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

汗をかく原因(基礎知識)

冒頭にも記載しましたが、汗は人間には欠かせない生理現象なのは多くの人が理解している事だと思います。

ですが、いくら欠かせない現象だったとしても、どうして汗をかくかをご存知ですか?

そもそも汗は、皮膚の“汗腺”と呼ばれる身体の器官から出てきて、この汗腺には、『アポクリン線』と『エクリン腺』という種類があり、基本的には無色透明の無臭です。

人間が汗をかく理由として、体温を調節するためにかくモノもあれば、緊張や興奮をした時の精神的な要素などもあります。

また、『アポクリン線』と『エクリン腺』は、それぞれ汗が出る仕組みが違い、アポクリン線からの汗は、たんぱく質や脂質などの臭いの素になるうる成分が多く含まれており、反対にエクリン腺は、身体全身に備わっている器官です。

汗をかく要因

汗をかく要因は、大きく分けると3つに分類する事ができるのですが、誰しもが当たり前のように日常的に起こるものなので、汗に敏感に反応する人は、頭の片隅に置いておくようにしましょう。

温熱性発汗

温熱性発汗(おんねつせいはっかん)は、夏の暑い時期だけに限らず、運動をした時などに、一時的に上がった体温を下げるために生じる発汗で、手のひらと足の裏以外の場所を除いた全身に現れます。

精神性発汗

精神性発汗(せいしんせいはっかん)は、緊張した時や驚いた時に出る汗で、これらのように精神的(ストレス等)な刺激にともなって出る事を精神性発汗と呼ばれています。

温熱性発汗と異なる部分は、手のひら、足の裏、脇の下などの“限られた箇所”で、短時間に発汗するのが特徴としてあります。

味覚性発汗

味覚性発汗(みかくせいはっかん)は、主に辛い物を食べると頭皮・顔面を中心とした上半身に発汗して、香辛料などの味覚に刺激を受ける事によって、反射的に起こります。

ですが、辛い物を摂取して発汗する明確の理由は未だにわかってはいません。

汗を抑える対策・方法

誰でも簡単に汗のニオイを抑えるための方法として、一番なのが“清潔に保つ事”です。

特に、脇の下などの熱がこもりやすい場所は、ニオイの原因となる菌も繁殖しやすいため、こまめに汗を拭き取る事も大切なのですが、なかなか完全に拭き取るのも難しいのが現実としてあります。

そんな時には、以下のような方法を用いて対策する事も必要になってくるので、自分に合った対策グッズを参考にしてみてください。

そこで特におすすめなのが【薬用デオエースEXプラス】です。

薬用デオエースEXプラスは、たった“10秒”のケアで全身サラサラが持続できる優れものです。

ポーランド発のデオエースから国内初の薬用デオクリームが登場し、シリーズ総出荷数300万個突破、世界中で支持されて、SNSでも話題沸騰させ有名になりました。

有効成分が「汗が出る汗腺」に「直接蓋」をして「汗そのものをストップ」させ、『ワキ汗』『顔汗』『足汗』『手汗』『胸汗』『背汗』『デリケートゾーンの汗』まで、全身の汗に効果を発揮、たっぷり配合した11種の美容成分で美しい肌に導きながら制汗対策が行えますので、汗にお困りの方は試してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

汗が原因で湿疹やかゆみのようなアレルギー症状が出る人もいます。

また、汗のシミが大事な洋服が洗濯では落ちずに、高価な洋服を失ってしまうなんて事も多々ありますので、汗に悩まされている人は、しっかりと対策を考えてみましょう。

ですが、すべてが健康な汗というわけではありません。

過剰に大量な汗をかいてしまう『多汗症』という病気を筆頭に、汗そのものが“病気のサイン”を示している可能性もありますので、あまりにも酷い場合は自己判断だけはしないようにしましょう。

汗の問題は、個人差があって悩みは尽きないかもしれませんが、一人で悩んでいても『ワキガ』、『多汗症』などは、自分ではどうにもできない事もあるので、そんな時は、まずミラドライのボンボン無料カウンセリングで相談してみてください。

他にも、以下の内容も参考にしてください。

汗の種類でわかる?良い汗と悪い汗の5つの特徴と改善方法

何か臭う?加齢臭などの年齢と共に目立つ体臭を軽減させる5つの方法

ドブ臭い?口臭が気になる?口臭予防につながる3つの対策方法

健康
スポンサーリンク
M&Kのお部屋