その辛い症状・・・ もしかしたら神経症かもしれない

過度の不安、意識と無意識の不調和などによって、さまざまな症状をきたす疾患群の総称で、ストレスからくるこころの病気の代表で、誰にでも起こり得る病気です。

以前はノイローゼと呼ばれていましたが、最近では不安障害とも呼ばれています。
社会や学校などにうまく適応できず、心身にさまざまな症状が現れます。

ストレスに弱い性格の人は、些細なストレス刺激でも神経症になりがちです。

また、ストレスに強い人でも、大きなストレス刺激を受けると、神経症になってしまいます。
主な症状によって、下記のように分類されます。

スポンサーリンク

不安神経症

不安、動悸、息苦しさ、胸部不快感などを発作的に、あるいは持続的にきたす状態 です。

パニック障害とも呼ばれます。過呼吸症候群を伴うことがあります。

心気神経症

些細な身体の変調にこだわり、「自分が重い病気にかかっている」と思い込み、不安になっている状態です。

恐怖症

対人恐怖、赤面恐怖、不潔恐怖、乗り物恐怖、閉所恐怖、異性恐怖,自己視線恐怖など、特定の物や状況を極端に恐れる状態です。

強迫神経症

意味のない特定の行為を繰り返さずにいられなかったり(強迫行為)
意味のない特定の考えが繰り返し頭に浮かんでくる(強迫観念)状態です。
例えば、手洗い強迫、確認強迫、縁起かつぎ強迫、スケジュール強迫。

抑うつ神経症

大きなストレスや性格上の問題によって、うつ状態が引き起こされたものです。

離人神経症

自分の感情、思考、身体が自分のものではないように感じ、外界に現実感がなくなる状態です。

神経衰弱

身体的な疾患がないのに、全身倦怠感、疲れ易さ、頭痛、めまいなどが持続する状態です。

解離性障害

身体に症状が出る場合を「転換型」と呼び、意識に異常をきたす場合を「解離型」と呼びます。
例えば、身体の一部が動かない、歩けない、声が出ない、目が見えない、けいれん発作,多重人格、心因性健忘、心因性遁走、心因性もうろう状態です。