恋愛が上手くいかないと感じる人が押さえておくと良い共通のポイント

いつも恋をしても、お付き合いすることができても、なかなか上手くいかないってことは、よくありますよね?

しかし、“恋愛”というのは、学校の授業などでは教えてくれません。

自分自身も「こんなん難しいのならば、学校で教えてくれれば・・・」

と、何度も思いました。

では、どうして学校では教えてくれないのか?

それは

恋愛に正解もルールもないからです。

例えば
・「告白は男性から」
・「女性は優しく」

などのように、これらはあくまでも、相手の願望であって、その逆の行動をとっても間違いではないからです。

とはいえ、いくら正解やルールはなくても抑えておくとよいポイントもありますので、今回は「恋愛が上手くいかないと感じる人が抑えておくと良い共通のポイント」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

正解がない理由

まずは、なぜ大半の事柄には正解があるのにも関わらず、恋愛にはないのか?

一言で言えば
似てることはあっても、まったく同じ人はいない」からです。

みなさんも、十人十色という言葉を聞いたことはありますか?

十人十色と言うのは、「人の考えかたや好みは無限大で、それぞれ人によって違う。」

ということは、この世の中に似てる思考や容姿の人がいたとしても、“すべて”が同じ人はいないと言うことです。

つまり、人の考えかたが十人十色ならば、恋愛の仕方も人それぞれ異なることは必然的ですよね?

正解がないのは、これら要因からきているのですが、正解がないのであれば、「やりようがない」と感じた人もいるとは思いますが、まだ諦めるのは早いです。

確かに、正解はありませんが、上手くいく可能性が上がる共通のポイントがあるからです。

共通のポイント

勘違いをして欲しくはないのですが、いくらポイントを抑えたところで、それに見合う異性の人に出会うことができなければ、その才能を最大限に活かせないということは覚えておくことが大切です。

それだけ、恋愛に正解はないということです。

そもそも恋愛は相手に恋人がいるのかなどの状況や、相手が過去にどんな恋愛経験をしたかによって受けた影響によっても違ってきます。

男女ともに大切なこと

いくら十人十色で状況や環境で異なるとは言っても、“共通するポイント”というのはありますので、抑えておくことは重要と言えます。

その意中の相手を落とせるかどうかは状況によって異なりますが、以下の項目から、自分にもできる内容を伸ばしてみてください。

自分を磨く

“磨く”と言っても

「どんなことをどのようにすればよいかわからない」

と、いう意見もあるかもしれませんが、そんなに難しく考える必要はありません。

例えば
外見や内面が上げられますよね?

外見でいえば、まずは「身だしなみ」です。
自分に似合うファッションを学ぶことにより知ることによって、今の自分よりも魅力はアップします。

また、身だしなみを気に欠けることにより清潔感も増し、相手への好感もあがることでしょう。
理由としてみれば、人はどうしても、相手の第一印象や見かけ、つまり外見で判断してしまうことも少なくありません。

基本的に身だしなみを整えることは、人として当たり前の行為かもしれませんが、当たり前の行為が故に、身だしなみをきちんとしていないと、周囲からそれだけで「不潔」、「嫌悪感」のマイナスなイメージを与えてしまいがちなので、人から好感を持たれるためにも外見に気を配ることは大切なことです。

ダイエットやヘアスタイルに気を配ることも自分を磨くという観点からみると、相手から好感を持たれる要因のひとつになります。

また、外見ももちろん大切ではありますが、同様に内面も大切なポイントです。
話し上手や聞き上手、優しさなんていうのも、誰からも好感を持たれる要因のひとつになる可能性があります。

内面を磨くことは、外見とは異なり、余計にどんなことをすればわからないこともしばしば・・・

確かに、明確に“これ”というものがないので、難しいことかもしれませんが、内面を磨くのに必要なことは、まずは知識をつけることが重要と言えます。

特に、話し上手や聞き上手など相手と接することで相手に好感を求める内面は、いかに知識を持っているかで、その差が生まれます。

なので、良質な本などを探してみることおすすめいたします。

信用する力

恋愛をすることで相手を愛するために、大切なことは相手を信用することです。

疑われることを好む人がいないのは当たり前のことですが、人が人を信用することは簡単なことではありません。

恋愛で例えるのであれば、「嫉妬」です。

嫉妬は好意を寄せている人にしてしまう行為のひとつではありますが、これも適度にするのであれば、微笑ましいことかもしれませんが、これを極端にしてしまうと・・・

いちいち相手の行為や行動に干渉をして、それらを否定されてしまうと、どうしても、重たくなってしまいますよね?

嫉妬をすると言うのは、自分が不安に駆られてしまうことから生まれてくることので、その不安はどこからくるかは、自分が相手への信用の薄さといえます。

裏切られるのを恐れてしまう気持ちはわかりますが、自分自身が相手を一番に信用してあげなければ、「誰がその人を一番に信用してあげるのですか?

世界のすべての人が敵になったとしても、あなただけは相手を信用してるくらいの気持ちでいなければなりません。

信用というのは、恋愛はおろか、人間が生きていく上でも必要なことなので、信用することのできる力を向上させることは大切と言えます。

観察力を養う

相手にとって特別な存在となる恋人は、他の人と同じようではいけません。

恋愛も大切な要因のひとつになってくるのは“情報”です。

相手の求めていることに、他人よりいち早く気づくことで、相手の自分への見えかとも変化してくることでしょう。

では、観察力を養うためにはどんなことをすればいいのか?

今すぐ簡単にできることといえば

「たくさんの人と関わること」

これが、誰でも一番簡単にできる内容のひとつです。

たくさんの人と関わることで、相手の「好み」、「怒り」、「喜び」、「悲しみ」などの感情表現を学び取り入れることができます。

これらを学ぶことにより、相手をよく理解することができ、相手を愛することにもつながるのです。

まとめ

人間は恋愛という観点を通して、自分自身が今まで知らなかったことを知ったり、大切なことを学んだりして、成長することができます。

なので、相手を思い愛することなどは、人間が生きていく上でとても大切なことになってきます。

上記のポイントを押さえていたとしても、必ずしも意中の人と結ばれるわけではありません。

ですが、これらを押さえておくだけで、あなたがまだ見ぬ誰かと結ばれるチャンスになる可能性は上がりますので、悩んでいる人などは、まずは行動に移してみてください。

他にも「恋愛が苦手な男性が上手に恋愛できる可能性がアップする3つの方法」や「恋愛が苦手な女性が上手に恋愛できる可能性がアップする3つの方法」などを参考にしていただいて、自分の恋愛を向上してみてください。