食べる量が減る?痩せる為に食べ方を工夫して満足感を得る7つの方法

1日のカロリーの摂取量はどれくらいか知っていますか?

性別』、『年齢』、『活動レベル』によって、1日の標準摂取カロリーの目安は、個々によって異なります。(詳しく知りたい方は、調べてみてください。)

年齢と共に、代謝が悪くなり痩せなくなってしまったり、動くのが億劫になる事は多々ありますが、1日何もしない日でも、お腹は空きますし、必ずご飯は食べます。

という事は、その食べたカロリーを消費する事が出来ないため、どんどん身体に脂肪が蓄積されて

「お腹が・・・。」

「腕(足)が・・・。」

なんて事にもなりかねません。

では、どうする事が良いのか?

食べる量を減らせれば、それに越した事はありませんが、現実問題として出来ない事も・・・。

そこで今回は「食べる量が減る?痩せる為に食べ方を工夫して満足感を得る7つの方法」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

満足感を得る為に必要な7つの方法

満足感を得る事が出来れば、余計なカロリーの摂取もしなくてよくなり、必然的にダイエット効果にも繋がります。

また、余計なカロリーを摂取しないという事は、ダイエット以外にも、『健康』というジャンルにも有効的に働くので、以下の7つの方法を実践してみてください。

一口は30回噛む

食べ物をよく噛む事で、たくさん唾液が分泌されるので、食べ物の消化や体内の吸収の手助けになり、胃の負担を軽減してくれます。

また、よく噛む事は、脳の活性化にも繋がり、唾液の多量に分泌される事により、血糖値が上昇してくるので、その結果から満腹中枢が刺激されて空腹感が満たされるのです。

なので、始めのうちは、“噛む事”“噛む回数”を意識しながら、食べる事を心掛けてみましょう。

ゆっくり食べる

食べる時間をわざわざ計る人はいないかもしれませんが、自己判断で、食事の時間は長い方ですか?それとも短い方ですか?

長い方は、これからもその食事スタイルを続けてもらえば良いのですが、短い方はあまり好ましくはありません。

短い時間の食事は、満足感が得にくくなり、食べる量も増えてしまう事にも繋がります。

なので、上記の『一口は30回噛む』と合わせて実践してみると、嫌でも食べる時間は“ゆっくり”になってくるので、よく噛んで、時間を掛けて食べる事にしてみてください。

ながら食い

『ゆっくり食べる』と同様に、何かをしながら食べる事は、他の事柄に対して集中してしまうので、知らず知らずのうちに食べる量も増えてしまいます。

特に、現代では、スマートフォンを見ながらご飯を食べている人も少なくはありませんよね?

食べる時は“食べる”

遊ぶ時には“遊ぶ”

などのように、メリハリを付ける事が必要になってくるので、仕事などで忙しい事もありますが、食事をないがしろにしないようにしましょう。

近年、『ながらスマホ』という言葉をよく耳にしますが、本当に危険な行為なので、合わせて以下の内容も参考にしてください。

わかっているならもうやめて!ながらスマホの危険性

3大栄養素

よく「バランスの良い食事を。」なんて言葉を耳にした事がある人もいるのではないでしょうか?

バランスを考えながら食べる事は、満腹感も満たされ、尚且つ健康的なダイエットにも繋がるので、とても大切です。

3大栄養素と言えば
・糖質
・たんぱく質
・脂質

この3点です。

3大栄養素は、人間が生活していく上で欠かせないエネルギー源になってくるので、健康的にダイエットするためにも、しっかりと摂取していきましょう。

利き手とは逆の手

人間には、必ず“利き手”というものがありますが、そんな利き手とは逆の手で食べてみるのも、少ない量で満腹感を得られるポイントになってきます。

逆の手で食べる事により、食べる事に集中しなければならなくなります。

たまに、両方の手でも器用に使いこなして食べれる人もいるかもしれませんが、大半の人は両利きではないとは思いますので、こぼさないように食べれるように努めてみてください。

食べる時間と睡眠

人間の体は、食べ物を食べれば、食道を通過した後に、胃で消化が行われます。

例えば、食べてすぐ寝てしまったりすると、胃腸の働きが著しく低下してしまい、体脂肪として蓄積され、必然的に体重も増加してしまいます。

満足感に繋がるというよりは、痩せるためには、食事の時間を気を付ける事も大切になってくるのです。

なので、体質などによって、消化の時間は異なりますが、睡眠の“3時間前”までには、食事を済ませておく事を心掛けてみましょう。

20時以降の食事

よく「20時以降の食事は控えた方が良い。」と耳にする事もありますが、実際はどうして良くないのか?

簡単な理由としてみれば、夜になると、人間は寝るために体内時計が動き始めてくるので、体内の活動レベルも下がり、上記の『食べる時間と睡眠』にも記載しましたが、胃腸の働きが著しく低下してしまいます。

なので、仕事や学業で忙しい時もあるかもしれませんが、なるべく20時以降の食事も控えるようにいたしましょう。

まとめ

『食』は、生きていく上で必要不可欠な要因になってくるのも事実です。

ですが、「痩せたい。」という気持ちも芽生えてくる事もありますよね?

いくら痩せたいからと言っても、いきなり食事制限などをすれば、ストレスが掛かり、健康的に痩せる事は出来なくなってしまいます。

なので、健康的に痩せるためにも、上記の7つの内容の自分が出来る事から始めてみるのも一つの手になってくるので、是非実践してみてください。

他にも、ダイエットに関する内容は以下を参考にしてください。

ダイエットをする上で気を付けなければならない3つの内容

痩せない?続かない?ダイエットに向いているか診断と改善方法

長続きしないダイエットをしている人の5つのNGな行動と特徴

健康
スポンサーリンク
M&Kのお部屋