疲れやすい?疲労が取れずに蓄積しやすい人におすすめな食生活

みなさんは、どんな時に“疲れ”を感じやすいですか?

“仕事の疲れ”

“勉強の疲れ”

“主婦業の疲れ”

湯彼の強弱や感じ方は人それぞれではありますが、世の中には肉体的・精神的に疲れが生じてしまうものばかりです。

日常生活を送っていれば、疲労が蓄積してしまうのも否めませんが、毎日の食生活を少し見直すだけで、疲労の軽減につながる可能性も上がります。

人間にとって欠かせない食生活で、改善につながるのであればやらない手はありませんよね?

スポンサーリンク

食べ物が疲れの回復に

人が生きていくために必要不可欠な“食事”ではありますが、みなさんはどのように考えていますか?

お腹がすくから食べる。

なんとなく食べている。

など、何も考える事なく食事と共存している人もいますが、当然、食事は人間の身体を作る大切な役割を担っているのはわかっていても、何が効果があって、どのようなに摂取する方が好ましいのかが難しく感じるのも否めません。

疲れた時に、よく「甘いモノが欲しくなる。」なんて人もいますが、これは疲労の蓄積により、体内のエネルギーが消耗する事によって、肝臓で作られる“グリコーゲン”が血液に糖分を補給できなくなるので、甘いモノが欲しくなるのです。

しかし、いくら甘いモノが欲しくても、過剰に摂取する事で、これも疲労の原因になりかねません。

なので、“バランス”を考えていく事が、疲労改善の近道になるので、それを手助けしてくれるので、それを手助けしてくれる、以下の栄養素を取り入れていきましょう。

ビタミン類

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンCなど、耳にした事がある人が多いビタミン類ではありますが、どれも身体に大切な栄養素です。

上記のも記載しましたが、バランス良く取り入れるのが好ましいのですが、特に『ビタミンB1』、『ビタミンB2』、『ビタミンB6』は、積極的に摂取してみましょう。

ビタミンB1は、ご飯やパン、麺類などの炭水化物をエネルギーの代謝を促し、肉体疲労などの筋肉の働きを手助けしてくれます。

ビタミンB2は、『発育ビタミン』とも呼ばれており、髪の毛や皮膚などの細胞の再生や老化の要因“過酸化脂質”を除去する効果が見込めます。

ビタミンB6は、疲れた時に摂取する人も多い“アミノ酸”の代謝を助け、体内の免疫機能を正常に働くように促してくれます。

ビタミン類は、人間の活動エネルギーを効率よく促すために必要不可欠な栄養素なので、ビタミン類を豊富に含む食品を積極的に食べていきましょう。

マグネシウム

体内の訳300種類の酵素における化学反応を手助けしてくれるマグネシウムですが、みなさんご存知でしたか?

健康に関する内容に特化している人や携わっている人以外は、なかなか難しいかもしれませんが、ホルモン分泌や体温調節などの代謝系統には大切な健康を保つ働きがあるのです。

反対に、マグネシウムが不足してしまうと、骨や歯などの形成が出来ずに、骨折しやすくなったり、ホルモンバランスが崩れ、情緒が不安定になる事もありますので、忘れないように取り入れるようにしましょう。

クエン酸

疲労が蓄積してくるのは、細胞が活性酸素による“酸化ストレス”でダメージを受ける事でも原因になり、酸化ストレスでダメージを受けた細胞は、正常な働きが著しくできなくなり、より疲労が抜けない状態が整ってしまうのです。

人間の体内は、酸性に傾いてしまうと、エネルギー作り出す機能の働きが悪くなって、効率よくエネルギーを作れなくなってしまうのです。

そこで、大切になってくるのが『クエン酸』なのです。

クエン酸は、激しい運動をしたときに体内で生成される“乳酸”“酸性物質”を取り除く作用があり、体内をアルカリ化へと促す働きがあるので、元気な身体を保つためにも、クエン酸を多く含む食品を取り入れるようにしてみてください。

まとめ

その他の対策としては、“睡眠”を取る事も、身体を休める方法かもしれませんが、仕事や勉強などが忙しいと、十分な休息が取れない現状も否めませんよね?

そうなれば、食生活を見直してみる事もひとつの手です。

毎日の習慣である食事を少し身体のために気を使うだけでも、改善につながりますので、日頃の習慣に取り入れてみてください。

他にも、以下の内容も参考にしてみてください。

朝調子が出ない?そんな身体の不調に必要な5つの対策方法

疲れの前兆を見逃さないで!過労で倒れる前の隠れ疲労度診断

どっちが健康?栄養士が教える生野菜と温野菜に適した食べ方の種類

健康
スポンサーリンク
M&Kのお部屋