あなたは何色?目の下のクマの種類と3つのタイプの特徴と原因

目に“クマ”がある人を見ると、どんな印象を受けますか?

疲れているのかな?

あまり寝ていないのかな?

など、見方や感じ方は十人十色だとは思います。

自分でも気が付かないうちに、目の下にクマが・・・。

なんて事もありますよね?

クマができると、疲労を意識しがちではありますが、クマの原因は疲労だけでは無いのです。

そこで今回は「あなたは何色?目のクマの種類と3つのタイプの特徴」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

クマの色の特徴

睡眠不足などが続き、忙しい日々が長引くと、“クマ”ができてしまう事もありますが、そんなクマにも種類があるのをご存知ですか?

対策をしようにも、その本質がわからない事には対策もしようが無いので、自分の目の下と見比べながら考えてみてください。

紫や青色のクマ

目の下のクマの悩みとして、一番多いのがこのタイプです。

紫や青色のクマの原因の一つは“血行不良”になります。

目の周辺には、多くの『毛細血管』があり、以下の原因から血流が悪くなる可能性があります。

・疲労
・冷え
・ストレス
・睡眠不足
・生活習慣の乱れ

などのいくつかの原因が考えられるのです。

また、“スマートフォン”“パソコン”の普及により、『眼精疲労』を招いてしまう人が多い事も影響を及ぼしています。

対策の一番の方法は、血行の改善に努めていく事が、紫や青色のクマを出来にくくする方法の一つです。

くすんだ茶色系のクマ

くすんだ茶色系のクマは、紫外線や刺激によって、メラニン色素沈着が原因に起こります。

花粉症やアレルギーをお持ちの方や、女性がメイクを落とす時に、強く目を擦ってしまう人は、少し気を付けなければなりません。

また、くすんだ茶色系のクマは“目の下”だけにできるわけでは無く、まぶたなどの目の周辺にも強く刺激をする事でクマが表れるので、注意が必要です。

対策の方法としてみれば、紫外線対策も一つの手ではありますが、一番簡単に出来る方法は、目の周辺を強く刺激したり、擦らない事が大切になってきます。

黒ずんだクマ

黒ずんだクマの考えられる原因は2つあります。

1つ目は
年齢の問題(加齢)

2つ目は
生まれつきのモノ

1つ目の『年齢の問題(加齢)』は、年齢により目の下の筋肉が著しくゆるみが生じてしまい、それが原因となってしまいます。

2つ目の『生まれつきのモノ』は、生まれつき目の下に脂肪が少ない人などは、皮膚がたるむ事が影響してしまいます。

対策方法は、目の周辺の筋肉を“トレーニング”する事が必要になってきます。

目の周辺の筋肉を鍛える事で、年齢と共に衰えてくる筋肉を向上させる事が出来るので、空いた時間を利用して、意識してトレーニングをしてみましょう。

まとめ

目を酷使しすぎてしまうと、『視力の低下』や『目の病気』、最悪の場合は『失明』などの症状が起こる可能性も十分考えられます。

近年で、目の問題の多くがスマートフォンによる原因が見受けられます。

スマートフォンは、現代人の“必需品”になりつつありますが、一度視力が低下してしまえば、自力での回復はなかなか難しいので、使用頻度や使用環境などには、しっかりと気を配るようにいたしましょう。

他にも、以下の内容も参考にしてみてください。

長期の疲労は要注意!慢性疲労症候群の原因・症状・治療方法

目の疲れ?眼精疲労になりやすい人の5つの原因と症状・解消方法

視力が落ちる?目が悪くなる可能性が上がる可能性がある5つの内容