頭痛の辛さを和らげる片頭痛の予防と対処法

片頭痛の原因はこちらの「そのつらい片頭痛はさまざまな原因が・・・」の記事で理解していただけたかとは思います。


ですが、原因を理解しても、その苦しみは変わらないのが事実。

痛みを和らげる方法は、その人の体調や環境によって変わることもあるかもしれませんが、知っているのと知らないのでは雲泥の差です。

その痛みと、何十年にわたり、付き合っている人もいるとは思いますので、そんな人の為に、少しでも力になるために、今回は「頭痛のつらさを和らげる片頭痛の予防と対処法」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

片頭痛の予防法

適切な睡眠時間

特に週末の寝だめや二度寝など、睡眠時間が長すぎたり、忙しく極端に短すぎたりした場合は片頭痛を発症するリスクが高くなります。

片頭痛は自律神経の乱れによって引き起こされることがありますが、自律神経は睡眠時間の影響を大きく受けるのです。

個人差はありますが、睡眠時間は6~8時間が適切といわれています。

頭痛を治すことも大事ではありますが、規則正しい生活を送る努力も大切です。

睡眠に関する内容は以下を参考にしてください。

毎日毎晩、睡眠の質を上げて快適に眠る事が出来る為の5つのポイント

夢見が悪い!怖い夢を見る!そんなあなたの悪夢の原因と対策方法

朝起きれない!眠りが浅い!そんな人の考えられる5つの原因

精神的ストレス

私たちの身の回りには片頭痛を引き起こすストレスがかなり多いです。

今の世の中で、すべてのストレスを避けて生きていくのは困難なため当たり前のものとして受け入れてしまいがちですが、頭痛としてストレス反応が現れている場合はその事実を受け入れ、できる限りストレスを発散させてあげましょう。

ストレスに関する内容は、以下を参考にしてください。

気付いてる?その体の不調はストレスの原因の可能性とその診断

あなたは大丈夫?心の老化度を診断とその老化を改善する方法

あなたは大丈夫?様々なタイプ別のストレス診断

カフェインを摂取

コーヒー、紅茶、日本茶などに多く含まれている、カフェインには血管の収縮作用があることで知られています。

カフェイン飲料を飲むことで、軽度の片頭痛ならば症状が落ち着くこともあります。

ただし、どんなことでも○○しすぎはよくないので、飲みすぎると逆に痛みが強くなってしまうこともるので注意が必要です。

アルコールを控える

アルコールの特徴として摂取すると血管が拡張してしまう作用があり、片頭痛が起こりやすくなるといわれています。

飲酒の習慣がある方は生活を見直してみるといいかもしれません。

片頭痛の対処法

冷たいタオルなどを痛む部位に当てると、血管が収縮して痛みの軽減に役立ちます。

一方、入浴やマッサージなどは血管を拡張させるので痛みが増すことになり逆効果になりますので、気を付けてください。

ですが、緊張型頭痛の対処法はその逆で、マッサージ、蒸しタオル、半身浴などで温めて、首、肩の筋肉のこりを取り、血行をよくすることで、和らぐことがあります。

また、静かな暗い場所で休むことも重要になってくるので、静かな暗い場所で横になることをおすすめします。

頭痛の最中に体を動かすと痛みがさらに増し、光や騒音でも痛みはさらに増してしまいます。
緊張型頭痛の対処法では気分転換をして、心身にストレスを和らげるように、早めに気分転換をしましょう。

片頭痛を引き起こす要因としては、ストレスをはじめ、急激な気圧や気温の変化、騒音や人混み、睡眠不足や睡眠過多などがあり、チョコレートやピーナッツなどの特定の食品が片頭痛のきっかけとなるといわれています。

もちろん、上記にも記載されているように、アルコールは、血管を拡張させることで片頭痛を誘発させてしまいます。

女性の場合は、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が低下する排卵時のほか、月経(生理)の数日前から月経期にかけて起こることもありますので、できる限り避けられることは、避けて、頭痛を治すために一歩ずつ前に進んでいきましょう。

まとめ

体調や頭痛の変化は、個々によって異なる事ではありますが、『痛み』という観点は同じです。

それと同様に、痛みを和らげる方法も人それぞれ異なってきますので、自分に合った対応方法を見付けてみてください。

一人で悩まずに、専門機関へ相談する事も一つの手ですので、早めの対応を心掛けてみてください。

また、身体を労わるために以下の内容も参考にしてください。

肩こりならぬ「寝コリ?」睡眠中の体の凝りを防ぐ3つの方法

冷えないカラダを作るために必要な冷え性の3つの対策方法

風邪を引きやすい原因を改善する為に必要な5つの方法