血管を若く保ち、健康な将来のために原因と改善策を探ろう!

みなさんは服装や髪型などのオシャレには気を使っているほうですか?
外見の身だしなみは、人に会うためには非常に大事なことだと思います。

ですが、身体が有ってのオシャレだと思います。
健康を維持するためには、血管を若く保つことが非常に大事になってきます。
今回は血管を若返らせられる方法を紹介します。

スポンサーリンク

血管がなぜ老化するのか?

人間の身体は年齢と共に、さまざまな箇所が老化していきます。

ある程度は仕方がないことかもしれませんが、現代では昔とは違い、食生活などが変わることにより、さまざまな疾患が増えてきているのも現実です。

血管も同じで、産まれた時から休むことなく身体全体に酸素や栄養を運んでいるため、動脈硬化が起こってしまうのです。

コレステロールや中性脂肪などが血管の中で蓄積することにより、新しい血管の細胞も作れなくなるため、血管自体が固くもろく壊れやすい古い血管となってしまいます。

血管を老化させてしまう食べ物

血管を老化させてしまう一番の要因は食べ物の変化があげられます。

動物性の脂には、多くの飽和脂肪酸は含まれています。
飽和脂肪酸は体内で悪玉のLDLコレステロールを増やす作用があり、コレステロールが蓄積すると、血管を詰まらせてしまう恐れがあるので、気をつけましょう。

コレステロールの詳細は「これで大丈夫!コレステロールを改善方法」に記載しています。

また「塩」もほどよく入っていると、とてもいい味を出すのですが、濃い味は血管には大きなダメージを与えてしまいます。

それだけ自分たちが身近に食べている物には、多くの「塩」が使われているのですね。
詳しくはこちら「塩分の摂り過ぎには、要注意!」をどうぞ。

食べ物で改善しよう。

初期の段階では、食生活を改善するだけで、今の血管年齢よりも・・・
なんと10歳も若返ります。

その食べ物は・・・

タマネギ!

タマネギに多く含まれている「ケルセチン」という物質があります。
このケルセチンというポリフェノールは、脂質類の吸収をさまたげ、体外へ排出する働きがあります。

他にも、タマネギの中には食物繊維やビタミン、カリウムなどの豊富栄養素をもっているので、血管だけでなく、とても健康にいい食材です。

ドロドロだった血流が1か月間、1日半玉以上食べることで、サラサラになり10歳前後血管年齢が若くなるそうです。

また起床後に水を1杯飲むことも効果的です。
血管年齢を若く保つことにより、「脳梗塞」や「心筋梗塞」などの疾患の予防にもなりますので、まずは食生活から変えてみてください。

スポンサーリンク