気を付けて!骨粗しょう症(骨粗鬆症)にならない為の3つの予防方法

健康的な身体を維持・向上するためにどんな事をしていますか?

どんな事柄に対しても、現状を維持したり、向上させるためには苦労をする事もありますが、自分の身体を疎かには出来ません。

身体の中でも、身体そのものを支えている“骨”には、特に気を使わなければならない事も年齢と共に増えてくる人も少なくはありません。

骨粗しょう症』という言葉を耳にした事がある人もいるのではないでしょうか?

骨がスカスカになった映像などを見た事がいるかもしれませんが、症状が酷くなると、本当にあのようになる事もあるのです。

そこで今回は「気を付けて!骨粗しょう症にならない為の3つの予防方法」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

骨粗しょう症の原因

そもそも、『骨粗しょう症』という言葉を見たり聞いたりした事がある人は多いかもしれませんが、実際はどのような病気なのかをご存知ですか?

骨という漢字が使用されているので、骨の病気というのはわかりますが、それ以外の事はわからない事の方が多いと思いますので、簡単ではありますが、骨粗しょう症の原因を説明したいと思います。

簡単に説明しますと、冒頭にも記載した通りで、骨が“スカスカ”になり、折れやすい状態をさしている病気です。

骨粗しょう症はホルモンバランスの影響から、比較的男性よりも女性の方がなりやすい傾向があります。

けして、男性もならないわけではありませんが、女性よりも年齢を重ねても、ホルモンバランスの急激な変化などはないので、女性よりはなりにくいという事になります。

他にも、以下のような原因が考えられます。

・カルシウム不足
・ビタミンD不足
・運動不足
・喫煙や過度なアルコール
・偏った食生活
・ストレス
・遺伝

などが挙げられます。

骨粗しょう症を引き起こしている患者の数は、日本には1000万人以上もいると考えられてはいるですが、自覚症状があまり無く、骨折などが“きっかけ”となり、気付くケースが多いのも特徴の一つです。

骨粗しょう症の予防方法

自覚症状が無ければ、予防も出来ないのでは?

と感じる人もいるかもしれませんが、予防はいつでも出来ます。

症状が表れてから行うのは、予防ではなく『治療』です。

症状が無く元気な状態で行うからこそ、予防になりますので、自分自身が無理せずに出来る事から始めてみましょう。

栄養不足を補う

骨密度を低下させないためには、まずは“食生活”が必要不可欠になってきます。

骨の形成に必要な栄養素と言えば、『カルシウム』、『ビタミンD』、『ビタミンK』などがあります。

日本人に不足しがちな栄養素が、丈夫な骨を作るためには必要な要素になってくるので、毎日の食事の中に積極的に取り入れるようにしていきましょう。

また、骨を作るためには、肉類や魚類、たまごなどに多く含まれている『たんぱく質』を摂取する事も大切になってきます。

つい、好きな食べ物ばかりを食べてしまいがちではありますが、骨粗しょう症にならないためにも、バランスの良い食生活に努めていきましょう。

外出をする

年齢と共に、何かと億劫になってしまいがちではありますが、外出をしない事は問題です。

外出をせずに引き込もり何もしない生活をしてしまうと、肉体的・精神的に様々な異変が起こってしまう事も少なくありません。

また、上記の『栄養不足を補う』で記載した、ビタミンDは、日光を浴びる事で体内で作られて、カルシウムの吸収の手助けをしてくれるのですが、引き込もってしまうと、せっかく摂取したビタミンD活かせなくなってしまいます。

なので、骨粗しょう症を予防し、肉体的精神的な向上のためにも、積極的に外出するように頑張ってください。

運動をする

運動』は、人間が“健康”というジャンルに対して、必要不可欠な要素になり、骨粗しょう症にも役立ちます。

ウォーキングやジョギングなど、自分の出来る運動から行う事が望ましいのですが、仕事や育児などが忙しく、運動までに手が回らない人もいるかもしれませんが、日常生活の中に、積極的に運動を取り入れる事が大切になるのです。

すぐにタクシーを乗らなかったり、階段の上り下りなどは簡単に取り入れられますよね?

ですが、運動を積極的に行う事は大切にはなりますが、身体の状態に合わせて、無理のない程度に行ってみてください。

骨粗しょう症を補うグッズ

予防方法はあくまでも、健康を維持するために行うので、毎日継続的にやらなければ意味を成しません。

物事が続かず、三日坊主・・・。

なんて人もいるのではないでしょうか?(人の事を言える立場ではありませんが。)

そんな方は、以下の3つの内容を参考にしてみてください。

座るだけで脱力ストレッチ座椅子
スポンサーリンク

1日に必要なカルシウムの50%が摂取できるサプリ【こつこつ習慣】
スポンサーリンク

累計約20万台突破の人気の馬具シリーズから「馬具マットプレミアムEX」
スポンサーリンク

まとめ

原因にも記載しましたが、骨粗しょう症は、腰痛や背中の痛み・張りといった症状以外の“自覚症状”はあまりありません。

人間は自覚症状がないと、「自分は健康だ!」などのように変に勘違いしてしまう事も多々あります。

確かに、何も無いという事は“健康な証”かもしれませんが、病気の種類によっては、症状が出てからでは“遅い”という事も無いとは言い切れません。

なので、万が一に備えて、自分の身体を気遣ってあげてください。

他にも、以下の内容を参考にして頂いて、健康な身体作りを努めてください。

肩こりならぬ「寝コリ?」睡眠中の体の凝りを防ぐ3つの方法

前兆が無い?急にくるぎっくり腰の3つの予防と対処方法

年齢に負けない!若さの味方!アンチエイジングに良い9つの栄養素