生活習慣の改善でシミの原因を取り除き出来にくい肌を作る5つの対策

シミの原因と聞いて、どんな事を思い浮かべますか?

一般的に知られているのが、太陽の“紫外線”かもしれませんが、実はシミやくすみ、そばかすなどができる原因はそれだけではないのです。

確かに、紫外線も大きく言えば原因には違いはありませんが、私たちの“生活習慣”の中にも、シミなどになりうる要因は潜んでいるのです。

生活習慣の中に原因があるのであれば、取り除かない手はありませんよね?

そこで今回は「生活習慣の改善でシミの原因を取り除き出来にくい肌を作る5つの対策」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

食生活の改善

シミ対策には、まずは“身体の内側”から行う事が大切になってきます。

一度シミができると、一生残ってしまう気がしますが、そんな事はありません。

薄くなる事もあれば、消す事もできる可能性があるのです。

その中でも、シミに効果がある栄養素は、『ビタミンA』・『ビタミンC』・『ビタミンE』・『L-システイン

ビタミンAは、人間の様々な病の原因となる活性酸素の働きを抑える効果があります。

ビタミンAを多く含む食材として、豚レバー、鶏レバー、うなぎ、緑黄色野菜(ニンジンやほうれん草など)があります。

ビタミンCは、シミの色素を薄くし、シミの元になるメラニンの生成を抑える作用があります。

ビタミンCを多く含む食材として、レモンやキウイフルーツはもちろん、パプリカ、ゴーヤ、ブロッコリーなどにも多く含まれています。

ビタミンEは、ビタミンCと同様に摂取する事で、ビタミンCの働きを助ける作用があります。

ビタミンEを多く含む食材として、ナッツ類や緑色野菜にも含まれているのですが、ビタミンEの1日の摂取量には限度があるので、注意をいたしましょう。

L-システインは、体の代謝を促して、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常化するので、体の内側からシミや肌荒れなどのトラブルを改善する効果があります。

L-システインを多く含む食材として、小麦や大豆などがあるので、日々の食生活を少しずつ工夫しながら、上記のビタミン類と合わせて摂り入れるようにしましょう。

ストレス関連

一見すると、シミとストレスは何の関係も無い気がしますが、そんな事はありません。

人間は生きていれば、どんな些細な事でもストレスを抱えてしまいがちですが、ストレス状態が長い期間継続してしまうと、シミの原因であるメラニン細胞を刺激して濃くしてしまうのです。

また、ストレスが溜まる事で、活性酸素が増えて、肌の“老化”にもつながるので、出来る限りストレスを溜めない生活を心掛けましょう。

ですが、人間社会で暮らしていれば、ストレスを抱えない生活をする方が難しいかもしれませんので、なるべくストレスを溜め込まないで、発散できる環境を作ってみてください。

ストレス関連の内容は、以下を参考にしてみてください。

あなたは大丈夫?様々なタイプ別のストレス診断

家庭内ストレスがうつ病を招いてしまう可能性がある3つの言動

心の崩壊?ストレスの認識がわからない失感情症の3つの症状と治療法

運動不足

皆さんは、普段の生活の中に“運動”をする時間はありますか?

なるべく歩くようにはしているけど・・・。

何か運動をしようとは思うけど・・・。

などと思った人もいるかもしれません。

健康やダイエットの話が出る時には、必ずと言ってもいいくらいに出てくるのが運動ですが、運動不足に陥ると、肌のトラブルを引き起こす要因になってきます。

運動不足が続いてしまうと、血行も悪くなりやすく、体内の老廃物が出にくい環境が整ってしまい、肌の新陳代謝(ターンオーバー)も悪くなってしまうので、シミや肌トラブルの原因になりかねないのです。

また、運動をする事で、上記のストレスを緩和して、リフレッシュする効果にもつながるので、積極的に体を動かすように努力をしてみましょう。

睡眠の質

睡眠が人間にとって必要なのは、誰しもが知っている事ではありますが、睡眠は単なる身体を休めるためだけにあるわけではありません。

体調やホルモンバランスを整えたり、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が活発化するのも睡眠中に起こります。

ターンオーバーには“周期”があると言われており、その周期は“約6週間”とされているのですが、仕事などが忙しくなり、睡眠時間が少ない寝不足の状態が続くと、サイクルも崩れてしまいます。

一見、目では見る事が出来ない内容に対しては、信憑性が欠ける事もありますが、ターンオーバーは正直で、肌の古くなった角質が表面に残ったり、肌荒れを起こしやすい状態になってしまうのです。

なので、あまり夜更かしをせず、十分な睡眠を取るように心掛けてください。

睡眠関連の内容は、以下を参考にしてみてください。

良質な睡眠を取れる可能性がアップする6つの快眠グッズ

寝つきが悪く睡眠の質が下がってしまう寝る前にやらない方が良い事

あなたは大丈夫?意外と気付かない睡眠不足症候群に陥る人の特徴

過剰な刺激

皆さんが、普段使っている“タオル”はどんな物を使っていますか?

ふわふわした柔らかい物?ごわごわした硬い物?

生地や質感などの好みはあるかもしれませんが、肌はとても繊細なので、強い刺激を与えるだけで、肌荒れやシミの原因になってしまうのです。

これは“拭き方”にも同様な事が言え、ゴシゴシ拭いてしまう人も中にはいますが、確かに強く拭くと、拭いた感があるのは否めませんが、それでは肌を傷付けてしまいます。

化粧品類を塗るときや落とすときも、過度な刺激やマスクなどの摩擦もシミなどの原因になりかねないので、これを機にお化粧の仕方を見直してみましょう。

また、素肌に直接触れるような洋服やタオル類などは、柔らかい肌あたりの良い物を選ぶようにしてみましょう。

シミ対策に繋がるアイテム

シミの原因に注意をしていても、自分だけでは対処がしきれない事も多々あります。

そこで、シミ対策につながる3つのアイテムを紹介したいと思います。

1つ目は【レナセル】です。

レナセルは、一人ひとりと向き合うために最新の“遺伝子検査”によって、あなたに最も適した美容方法を診断でき、自分に合った本当の化粧品に出会えます。

国産純度100%のヒト幹細胞培養液を最大限に引き出し、3種の強化成分も配合しているので、肌再生力を高めます。

遺伝子検査では、肌トラブルの3大要因である『シミ』・『シワ』・『乾燥』に関する3つの遺伝子を調べて、生まれ持った肌質から、効果的な美肌づくりの手助けをしてくれるので、これを機に自分に合った物を見付けてみてください。

スポンサーリンク

2つ目は【マジックナイト】です。

マジックナイトは、2008年から10年以上、連続して世界的な品評機関であるモンドセレクションで“最高金賞(化粧品部門)”を獲得してきました。

その集大成として、これまでで最も自信の持てる品質が完成しました。

商品特性として、最大の特徴は、美白効果をもたらす有効成分を2種類(アルブチン、Lアスコルビン酸2)配合し、乾燥による小じわも目立たなくさせる事です。

お肌と同じ弱酸性で、鉱物油、合成香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤などが不使用の為、敏感肌の方にもお使い頂けます。

また、用途は化粧水、美容液、クリーム、乳液、美顔パックの5役を備え、これ1本で経済的にも、とってもお得です。

スポンサーリンク

3つ目は【エンジェルUVスプレー】です。

エンジェルUVスプレーは、デリケートなお肌の方や赤ちゃん(3ヶ月から)にも使える極限までやさしくした、バランスに優れたUVケア製品です。

成分につきましてもお肌への負担を考え、ノンケミカルで“低刺激”となっており、お肌にやさしいので毎日長くお使いいただけます。

べた付き感も無くサラサラなのに、潤いや保湿力があり、紫外線はもちろん、乾燥、ホコリ、汗、摩擦、雑菌などの、あらゆるダメージからあなたの肌を守ってくれます。

スポンサーリンク

まとめ

誰しもが、シミなどができる事を望んでいないのはわかりますが、実際は自分自身でその原因を作っている人も少なくありません。

なので、せめて上記の5つの内容だけでも注意をしながら、普段の生活から改善してみてはいかがでしょいか?

これからの夏の暑い時期には、特に紫外線も強くなり、日焼けがしやすい環境ができてしまいますが、そんな時はダメージを内側からケア【マスターホワイト】がおすすめです。

マスターホワイトは、『飲む日焼け止め』・『飲む日傘』・『飲む美容液』などの美白を目指す人には最適なサプリメントになっているので、是非試してみてください。

スポンサーリンク

他にも、以下の内容も参考にしてください。

体に不満?そんな日々の悩みを解消・解決に繋がる10個のアイテム

女性必見!悩みの原因の「むくみ」を招く5つの特徴と予防方法

悩みが尽きない?敏感肌の原因の種類と予防に繋がる対策方法・診断

健康
スポンサーリンク
M&Kのお部屋