あなたは大丈夫?人間関係リセット症候群の原因と特徴・診断チェック

いきなりですが、自分自身は「人間関係が良好である。」という方はどれくらいいますか?

近年では、『新型コロナウイルス』が影響して、不要不急な外出や人との関わりを絶たなければならない状況が世界的に続き、人付き合いが疎遠になってしまっている方も少なくないのです。

ですが、それを自ら絶ってしまう“人間関係リセット症候群”というものを見たり聞いたりした事はありますか?

言葉の意味である程度はわかる方もいるかもしれませんが、今回は「あなたは大丈夫?人間関係リセット症候群の原因と特徴・診断チェック」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも人間関係リセット症候群とは?

上記にも記載しましたが、ある程度は言葉の意味合いでわかる事もあるかもしれませんが、まさに読んで字の如くです。

人間関係をリセットしてしまう癖という考えが一番しっくりくるかもしれません。

ここで質問なのですが、みなさんはSNS (ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をやっていますか?

現代では、SNSが主流になっているのは否めませんが、メリットもありますよね。

ネットを介しているため、通常ならば出会えない人とも簡単に繋がり関わる事もできますが、これが引き金になっている可能性も否めないのです。

仮に、SNSと仲良くなった人と揉めたり、問題が発生した場合、基本的に問題を解決するよりも、アカウントを消去したり、ブロックする方も少なくありません。

このボタンひとつで簡単に関係を切る事が出来る、ネットと現実が同じような扱いになってしまっている方が人間関係リセット症候群を招きやすい要因になります。

人間関係リセット症候群の原因

どんな物事に対しても、大小違いはあったとしても原因と呼ばれるものは、何かしらはあります。

それは人間関係リセット症候群も同じです。

明確な要因は人それぞれ異なりますが、人間関係リセット症候群を誘発させかねない原因は以下の内容が多い傾向があります。

人付き合い(気疲れ等)

子供の頃は“学校生活”、大人には“会社関連”“ご近所付き合い”などのように、人間関係を切りたくても切れない現状はあります。

これらの関係が良好ならば問題が生じる事はないかもしれませんが、反対に問題ばかり起きている方からすれば、人と関わる事に嫌気がしてしまう方も少なく無いのです。

人間って面倒くさい。

相手の顔色を窺ってしまう。

このように感じる事は、小さな子供から成人を迎えた大人でもありますが、人間関係リセット症候群の方は、面倒から目を背けるために切ってしまうのです。

環境の変化

環境や状況(結婚や引越し等)が変化すれば、学生時代の友人や過去に関わった人に報告する方も少なくはありませんが、これらを面倒に感じる方もいますよね?

裏を返せば、環境や状況が変化する事を理由に過去を清算したり、嫌な事をキレイさっぱり忘れたいと思っている人もいるのです。

少し寂しさを覚える方もいるかもしれませんが、大半の人が無意識にやってしまいガチな事もあり、悪意が無い可能性もあるので、明確な判断が難しい傾向があります。

ストレス関連

みなさんはストレスを抱えた時に、どんな対応策をもっていますか?

何も気にせず暴飲暴食(爆食い等)をしたり、友人と買い物や旅行に行ったりと、発散方法は十人十色だとは思います。

これらの発散を同様に、人間関係をリセットする事でストレスを発散する方も中に入るのです。

ストレスは、生きていれば何らかのモノを抱えてしまうのは否めませんが、なるべく軽減するために、ストレス関連の内容も参考にしてみてください。

あなたは大丈夫?様々なタイプ別のストレス診断

気付いてる?その体の不調はストレスの原因の可能性とその診断

家庭内ストレスがうつ病を招いてしまう可能性がある3つの言動

人間関係リセット症候群の特徴&診断チェック

大前提として、人間関係をリセットする事は悪いものではありません。

ですが、自分が意識的にしようが、無意識だったとしても、リセットされた側は原因が無いのであれば、何が何だかわからない現状も否めません。

なので、以下の診断から、自分の行動を照らし合わせてみてください。

マイペースである。

□自分に自信が無い。

□大勢よりも一人好き。

完璧主義者だと思う。

自由奔放傾向がある。

ネガティブ思考が強い。

□気分の浮き沈みが激しい。

□比較的にプライドが高い。

コミュニケーションは苦手。

□不安や悩みを抱え込みやすい

□物事を損得勘定で考える事が多い。

□自分は人間関係リセット症候群な気がする。

 

いかがでしたでしょうか?

いくつ当てはまりましたか?

該当した数が少なければ、あまり気にする必要性はないかもしれませんが、当てはまった数が多ければ多い人ほど、対策を考えるようにしてください。

まとめ

人間関係リセット症候群を簡単ではありますが、一通り見て頂いたとは思いますが、これらのような事を聞けば、『うつ病』や『HSP』、『精神疾患』などのような病気を想像する方もいるかもしれませんが、それは違います。

現代病と言われればそれまでかもしれませんが、医学的な根拠や病気ではないため、カウンセリングのような対処をする事があっても、医学的な治療を受ける事はできません。

嫌な事があれば、誰しもが目を背けたくなる気持ちは分からなくもありませんが、リセットすれば、過去の自分の行動もリセットしているのと同じ事です。

信頼を築いていくのは一生。信頼が壊れるのは一瞬。」なんて言葉があるように、人間関係を築くのは時間が掛かりますが、リセットするのは簡単です。

なので、その場の感情で、むやみに関係をリセットする前に、一歩冷静に物事に目を向けるように努めてみてください。

他にも、以下の内容も参考にしてみてください。

喫煙や肥満よりも不健康?『孤独』が身体を脅かす3つの危険性

誰でもなれる?魅力的な人間に近付く為に必要な5つのポイント

人間が嫌い?人との関わりが怖いと感じ悩みを抱える5つの心理