仮面夫婦になる可能性が上がる危険な3つの行動とその改善方法

長い期間、育った環境が異なる二人が、同じ屋根の下で暮らすのは難しい事かもしれません。

ですが、それは各夫婦にも同じ事が言えると思います。

仲が悪いのは、うちだけ?

なんて感じる事もあるかもしれませんが、そんな事はありません。

“仲が良い夫婦”がいるように、当たり前ではありますが、“仲の悪い夫婦”もたくさんいる事でしょう。

ですが、いくら夫婦仲が良くても些細な事から「仮面夫婦」の一歩を踏み出してしまう可能性は否めませんので、今回は「仮面夫婦になる可能性が上がる危険な3つの行動とその改善方法」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

危険な行動

仮面夫婦になってしまう一番の原因は、やはり喧嘩での行動が響いてきます。

しかし、夫婦関係を続けていく上で、喧嘩は付き物。

仲が良く、喧嘩をしないにこした事はありませんが、どうしても「年に数回は喧嘩をしてしまう。

なんて夫婦も多いのではないでしょうか?

喧嘩をしてしまうのは、仕方のない事かもしれませんが、以下の3つだけは、仮面夫婦になってしまう引き金を引いてしまう可能性もありますので、少し注意をしてみてください。

相手を非難する

非難する行為は、相手の欠点や能力に対して、責め立てる行為です。

相手がとった行動に対して、不満を言う事に問題はないかもしれませんが、相手の欠点や能力を否定するのは、人格を否定されているのと変わりません。

最愛の人に、人格まで否定されれば、誰しもが萎縮しまう事だと思いますので、注意してください。

相手を侮辱する

ついつい喧嘩をしてしまうと、感情が高ぶっているので、“余計な事”まで、口走ってしまう事もよくありますよね?

相手を馬鹿にしたり皮肉を言ったりと、余計な事の典型的かもしれませんが、それでは相手はあなたに幻滅してしまう可能性も格段に上がってしまいます。

相手を侮辱したところで、物事は何も解決しないので、お互い大人であるならば、大人の対応をする事を心掛けてください。

相手を逃避する

上の2つは、相手への直接的な攻撃に見えるかもしれませんが、この逃避する行為も、同様な事が言えます。

むしろ、3つの中では、一番酷い行為かもしれません。

いわゆる無視したり、受け答えをやめて、黙り込んでしまうと、話し合うどころの騒ぎではありませんよね?

そうなると、もちろん話は解決せず、関係も、より悪化してしまうので、絶対にやめましょう。

改善方法

では、仮面夫婦にならない為にはどうすれば良いのか?

上記の3つの危険な行動はもちろん、たくさんの要因があるかもしれませんが、一番はお互いに“会話の回数を増やす”事が一番です。

会話の回数を増やす事で、喧嘩の回数も少なくなり、喧嘩をしたとしても、日々、会話をしている事で、お互いのコミュニケーションが取れている事から、大喧嘩に発展しにくくなるかもしれません。

近年では、技術の進歩から、あらゆる方法でコミュニケーションを取れる事はありますが、やはり人間は相手と言葉を交わすコミュニケーションに勝るものはありません。

社会に出た時に、「ほうれんそう」なんて言葉を聞いた事がある方もいるかもしれません。

食べるほうれんそうではありませんよ?

夫婦間も同じで、どんな些細な事があったとしても、夫婦間の情報を共有するためにも、報告連絡相談の3つを出来るように、心掛けてみてください。

また、常日頃から、寝る前に“必ず5分は夫婦の会話をする”など、あらかじめ夫婦のルールを決めておくのも、夫婦関係を高められる可能性に繋がりますので、是非やってみてはいかがでしょうか?コミュニケーションをより改善するために、以下を参考にしてみてください。

夫婦間のコミュニケーションを改善する5つのポイント

結婚生活の関係を向上できる可能性が上がる5つの幸せな夫婦の特徴

まとめ

コミュニケーションを持続しながら取る事は、あまり簡単な事ではないかもしれません。

ですが、赤の他人と取るわけではありませんよね?

あなたが選んだ、人生のパートナーと取るコミュニケーションなので、それほど難しい事ではないと思いますので、少しずつでも関係を“より”深められるように努めていってください。

他にも、以下の内容を参考にして頂いて、より良い関係性を築いていってください。
自分たち夫婦は大丈夫?離婚の予兆かもしれない要注意な5つの前兆

自分達夫婦は大丈夫?仮面夫婦なってしまう原因と診断

恋人・夫婦間の「すれ違い」を招かない為に出来る3つの行動