遠距離恋愛はそんなに悪くない?7つのメリットとデメリット

遠距離恋愛と聞いて、どんなイメージがありますか?

考え方は十人十色で、たくさんあることだと思います。

ですが、一般的なイメージとしては遠距離恋愛はあまり良いイメージを持っている人は多くありませんよね?

やっぱりいつもそばにいて欲しい。

好きな人に対して、そう感じることは、ごくごく当たり前のことかもしれません。

しかし、はたしてそんなにも遠距離恋愛は悪いことばかりなのでしょうか?

そこで今回は「遠距離恋愛はそんなに悪くない?7つのメリットとデメリット」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

二人の時間

どうしても、お互いが遠い地で暮らしていると、会える頻度は少なくなってしまうのは必然的かもしれません。

しかし、会える頻度が少ないからこそ、限られた時間をより大切にできるのです。

「近くても大切にできる。」

と、感じる方もいるかもしれません。

確かに、それも正しいことでしょう。

しかし、距離が遠ければ遠いほど、いつでも会える近くにいる恋人よりも二人の時間を大切にすることができるということになります。

二人の関係性

いつも近くにいないので、会えた時には、たくさんコミュニケーションを取ろうと努めていくことだと思います。

そうなれば、必然的に二人の関係性は向上してくることだと思います。

近年では、ネットの普及により、たくさんのコミュニケーションツールはありますが、やはり人間は“会話する”というコミュニケーションツールに叶うものはありません。

行動範囲の広がり

例えば

自分と同じ地元に恋人がいたとすれば、出かける場所は滅多に遠い場所には行けないかもしれません。

ですが、遠距離ならば、相手の地元に会いに行くこともあることでしょう。

時には、お互いの距離の中間地点などで会うことになれば、より自分の知らない地域を知ることができるので、行動範囲が広がるのも必然的なのかもしれませんね。

喧嘩の頻度が減る

毎日顔を合わせていると、どうしても相手の嫌なところばかり目に入ってしまうこともしばしば・・・。

ですが、遠距離の場合は、せっかく会える時間を喧嘩なんていう時間に割きたくないと思いから、喧嘩の回数も減ってくることだと思います。

喧嘩をするくらいならば、少しでも楽しい時間を過ごしたいと感じるのが、遠距離恋愛の良いところかもしれませんね。

マンネリ化を防ぐ

いつも会える環境にあれば、出かける場所も遊ぶことも次第に似たような場所になり、マンネリ化してきてしまいます。

そんななか、遠距離の方は自分の地元、相手の地元、その中間地点と、それだけでも、お付き合いをしている中で行き切れないほどの場所があります。

遊ぶことも、頻繁に会える恋人とは異なり、会える回数が少ないぶん、尽きることがありません。

浮気の心配

いくら上記のような、メリットはあるとはいえど、デメリットもあります。

それは「浮気」の心配です。

恋愛をする上で切っても切れないのが、この浮気です。

恋人が近くにいたとしても、心配になってしまう人もいるので、遠距離になんてなることになれば、心配は尽きることがないかもしれません。

浮気に関する内容は、こちら⇒「自分の彼氏、旦那の浮気は大丈夫?浮気度診断チェック」から参考にしてみてください。

すぐに会えない

普通に生活をしていれば、困った事もあれば、「すぐにでも会いたい。」なんてこともあるかもしれません。

しかし、それは遠距離なので、当たり前かもしれませんが、出来ません。

会う約束をしたとしても、仕事などの急用が入れば、次に会うことが出来るのは、“1ヶ月後”なんてこともあるので、いつでも会えないことは、デメリットかもしれません。

まとめ

いくら遠距離だとはいっても、メリットはたくさんあります。

“遠距離”と聞いただけで、「絶対無理!

と思う人もいるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

遠距離とはいえ、意外とデメリットばかりではないことがわかっていただけた事だと思います。

確かに、浮気などの心配はありますが、そのような心配がある人は、その心配は近くにいても拭う事はできないことでしょう。

遠距離恋愛を上手く続けていくポイントは相手を信頼して、距離がもたらす“見えない不安”に惑わされないことが、一番の要因になってきますので、まずは相手を信頼できる心を持つことが大切です。

他にも「気を付けて!男女ともに恋愛初心者がやりがちな3つの失敗な行動」や「恋愛が上手くいかないと感じる人が押さえておくと良い共通のポイント」などを参考にして頂いて、二人の関係をより向上させてみてください。