あなたはどっち?太りやすい体質を改善する3つの特徴と診断チェック

いきなりですが、自分自身は太りやすい体質ですか?太りにくい体質ですか?

太りにくい体質』の人は、ダイエットとは無縁な方もいるかもしれませんが、『太りやすい体質』の人は、あらゆるダイエットを試した事がある方もいるかもしれません。

・置き換えダイエット
・サプリダイエット
・断食ダイエット

などのように、たくさんのダイエット方法はありますが、根本的な内容を考えた事はありますか?

どうして、太りやすいのか?

この内容が理解出来ているか否かで、今よりもダイエットの成功に近付ける可能性も上がってきますので、今回は「あなたはどっち?太りやすい体質を改善する3つの特徴と診断チェック」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

太りやすい体質診断チェック

太りやすい体質は、遺伝が関連している事も無いと言えば嘘になりますが、まずは、自分自身の日々の生活と照らし合わせながら、以下の当てはまる項目をチェックしてみてください。

外食が多い。

□自炊はあまりしない

早食いである。

だらだら食べる事がある。

□デザートは別腹

□お酒を飲むのは日課

お酒の後のラーメンは最高。

□満腹でも無理して食べる。

□周囲に流されやすい

□人間関係が良好である。

 

ここで半分です。
今の時点で、いくつ当てはまっていますか?

それでは後半もどうぞ。

 

□平均体温が低い

運動不足である。

睡眠不足だと思う。

ストレスが溜まっている。

□休日はだらだら過ごす。

□好きな言葉は“楽”

□比較的に座りながら行う仕事が多い。

□エスカレーターやエレベーターを利用する頻度が多い。

□周囲の人は大半が太っている。

□自分は太りやすい体質だと思う。

 

いかがでしたでしょうか?

当てはまった数が少なければ少ない人ほど、太りにくい傾向はありますが、油断は禁物です。

しかし、当てはまった数が多ければ多い人ほど、太りやすい体質を自ら作っている可能性があるので、今の生活習慣を改めてみる必要があります。

スポンサーリンク

太りやすい体質を改善する特徴

太りやすい体質を自らが作っているのであれば、逆を返せば、“太りにくい体質”を作る事も出来ますよね?

そこで、以下の3つの内容から心掛け、少しずつ太りにくい体質を身体に染み付かせてみてください。

基礎代謝への理解

太りやすい体質の人の中には、基礎代謝が低いという事もあります。

基礎代謝とは、人間の活動をするのに必要な最低限のエネルギー(kcalカロリー)を差しているのですが、この基礎代謝は、年齢と共に低下してしまう事もしばしば。

また、1日の生活内容に見合っていないエネルギー量を摂取してしまう事も問題です。

ですが、いくら見合っていない食べ物を摂取してしまったとしても、その摂取したエネルギーをしっかりと“消費”する事が出来れば、体内に蓄積されずに『体脂肪』として残る事は少なくなるのです。

よく「運動も必要。」という事も聞きますが、実際は運動で足りない消費量を補っていると言っても過言ではありません。

なので、実際に自分自身が1日の活動の中で、「どれだけのエネルギーが必要なのか?」を考えていくのも、太りにくい体質を作るためには必要不可欠になってきます。

食生活の工夫

これらの内容の話には、決まって『一汁三菜』や『暴飲暴食』などの言葉を耳にする事もありますが、確かに、必要になってくるのは否めませんが、一番は上記の「基礎代謝への理解」にも記載しましたが、エネルギーの消費出来るか否かが大切になってきます。

どれだけ食生活を改善し、一汁三菜のような健康思考な内容も取り入れても、その摂取カロリーに見合った行動をしなければ、食べた物は蓄積され残ってしまうのです。

ここで大切になってくるのが、『生活習慣の見直し』です。

生活習慣の見直しとは
・規則正しい生活
・適切な運動
・十分な休息

など、皆さんが知っての通りです。

この3つの項目を心掛けれる事で、食生活を工夫する事が活きてくるので、合わせて考えてみてください。

スポンサーリンク

睡眠の質

太りにくい体質を作る事に「睡眠が必要なの?」と感じる方もいるかもしれませんが、睡眠不足は“肥満の元”という研究データがあるくらいに睡眠は大切な事なのです。

睡眠中には、成長ホルモンが分泌され、太りにくい体質を作るためには必要不可欠な物質を排出しているのです。

起きている時間が長ければ長いほど、食べる機会も増えてきてしまいますよね?

また、睡眠不足は健康にも影響がありますし、女性の天敵の“お肌”にも影響が出てしまうのです。

では、睡眠の質を上げるためにはどんな事が必要になってくるのか?

睡眠に関する内容は以下の内容を参考にしてみてください。

睡眠の質を上げて毎日毎晩快適に眠る事が出来る為の5つのポイント

あなたは大丈夫?意外と気付かない睡眠不足症候群に陥る人の特徴

肩こりならぬ「寝コリ?」睡眠中の体の凝りを防ぐ3つの方法

まとめ

太りにくい体質を作るには、“健康”な身体でいるのも重要な事です。

健康である上で、ダイエットなどの他の事柄に対して考える事が出来るので、自分の健康のためにも無理がないように努めてみてください。

スポンサーリンク

また、ダイエットは大変な事かもしれませんが、“無理なダイエット方法”よりも、“楽しめるダイエット方法”を見付けてみるのも、長く続けられる要因になってくるので、自分に合った方法を探すのも大切です。

スポンサーリンク

他にも、ダイエット関連の内容は以下を参考にしてください。

ダイエットをする上で気を付けなければならない3つの内容

食べる量が減る?痩せる為に食べ方を工夫して満足感を得る7つの方法

肥満の原因は自分!体重が減らずに増え続ける身近に潜む3つの理由

健康
スポンサーリンク
M&Kのお部屋